テニス クレーコート

シングルス

シングルスの試合が上手くいかないのは、いつもと景色が違い過ぎるから

シングルスの試合で、なかなか自分の力を出せないとき。

その要因は、ちょっと根深いかもしれません。

シングルスの試合で勝ちたいなら、もっとしっかり考えるべきこと。

それは、練習と試合との違い。

特に、雰囲気や景色は、ダブルス以上に違うのですから。

 

シングルスの試合が上手くいかないのは、いつもと景色が違い過ぎるから

 

1.普段はグループ練習、でも試合では?

きっと、アナタ自身も感じているでしょう。

大人数で練習している中で、いきなり1対1、での試合になる。

コートの中に、2人きり。

これは、かなり景色が違うことを覚悟しておかないといけない。

普段の練習は、テニススクール等では1面10人以上の練習も普通でしょう。

その中で、かなり雰囲気が違う・・・ことを、意識しておかないと。

とにかく、シングルスの試合って雰囲気がすごく独特。

アナタ自身、覚悟しておかないといけないですよ。

 

2.対戦しているのは、相手だけではない

アナタ自身、対戦相手以上に気になりませんか?

周りで見ている仲間、観客、相手の応援・・・。

シングルスの試合、それはアナタ一人で乗り越えていかないといけない。

対戦しているのは相手だけではなく、多くの人がいることを忘れてはいけないんですよね。

周りの人が見ている、というのは練習では無いですしね。

試合で急に、ここまで環境が変わる。

これは、シングルスの試合は特に顕著だと思います。

 

3.景色が違うから、メンタルが乱れていく

これが、現実です。

景色が違うからこそ、メンタルが崩れていく。

いつも通りに、と思っても、人間ですからね。

難しいことの方が多い。

試合の緊張感は、慣れても慣れても、難しいものと覚悟しましょう。

景色が違う、ということは怖い。

テニスだけじゃないと思います。

こういう違う景色、緊張感がある場面を、自分から求めていかないと厳しいでしょう。

 

4.試合が特別なもの、になっていると勝てない

試合が特別なもの、になってはいませんか?

確かに、大事な試合は特別なもの、です。

でも普段から、試合を特別なもの、にしてしまってはいないか。

これは、同じ環境で限られたメンバーだけで試合をしていると、ついそうなってしまうんです。

試合が特別、いつもと景色が違う・・・ようなことは、自分自身で創り出していること。

シングルスの試合、実はメンタルが強い人って、こういう「外の世界」への意識が強い人。

目の前の景色、を受け入れる。

全ては試合に勝つために、必要なことです。

 

でも、なかなか練習出来ないですよね、少人数での。

緊張感を作るのは、本当に難しい。

簡単に外の世界、シングルス練習、も出来ないと思います。

普段の練習の中で、まず何が出来るのか。

これをしっかり、日々考えておく必要があるでしょう。

試合と練習では、目の前の景色が違う。

今、何が出来るのか。

一緒に考えていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  2. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  3. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  4. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  5. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

関連記事

  1. テニス 戦術

    シングルス

    「相手に攻撃させないテニス」を意識して戦おう

    試合を勝ち抜いていけば、強い相手との対戦は避けられない。男性で…

  2. シングルス

    試合に強いシコラーは、カウンターに要注意

    特にシングルスの試合で、みなさんも苦戦している相手。粘り強く…

  3. テニス 調子

    シングルス

    全仏オープン男子決勝で改めて感じた、「ムーンボールの活用」はシングルスの試合で絶対必要!

    全仏オープン男子決勝はジョコビッチ選手が制して、生涯グランドスラムを達…

  4. テニス ストローク

    シングルス

    相手のミス待ちの選手から、試合を動かせる選手に変わっていくには、何が必要?

    今、試合に出ながら「壁」にぶつかっている方。特にシングルスで、…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    同じコースに打ち続けることが、実は良いフェイントになる

    シングルスの試合で、攻撃パターンの1つとして。難しく考えないで…

  6. テニス スマッシュ

    シングルス

    シングルスの試合で「打ってはいけないコース」の代表格はなぜ危険なのか?

    「あ、今のコースは違ったな・・・」と、感じる機会、ありますよね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    ストローク

    片手バックハンドストロークは、何を武器に戦っていこうか?
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「両手でも片手でも」共通するバックハンドストロークの基本的なコツ5つ
  3. 戦術

    もしも今、テニスが出来るなら
  4. ストローク

    テニスのストロークでは、「打点が低いと感じたら、しっかり高い軌道でクロス方向へ返…
  5. テニス 練習

    その他

    テニス部に一枚、「小さなホワイトボード」を用意して部活を始めてみよう
PAGE TOP