テニス 戦術

シングルス

シングルスの試合でミスが早い人は、オープンコートを意識し過ぎかも

シングルスの試合は1対1で戦う分、オープンスペースが広く感じてしまう。

これって実は、危険なこと。

少し相手を動かしたら、「スペースが空いた!」と思ってつい力が入って打ってしまう。

遊びのテニスならそれでも楽しいかも知れませんが、試合に勝っていくとなると・・・どう改善していけば良いのでしょうか。

今回は、逆転の発想でこの「オープンスペースを活用する」という部分を考えてみます。

 

シングルスの試合でミスが早い人は、オープンコートを意識し過ぎかも

 


 

■オープンスペース、本当に出来ている?

実は、シングルスの試合の中で「相手のコートが空いている!」と感じても、それは怪しい。

相手からすれば、あえて空けておいてそこに誘っているかも知れません。

特にフォアハンド側を空けている選手は、不用意に展開すると危険。

相手コートのほうばかりみて、打点に顔が残らなければコントロールも乱れてしまいます。

シングルスの試合でミスが早いとき、大抵こんな感じになっていませんか?

 

■オープンスペースは作って、あえて逆を突いてチャンスを拡げる

プロ選手の試合を観ていても、あえてオープンスペースが出来てもそこに打たず、「相手選手がいる側」を攻撃していくのも大事な発想。

なぜなら、選手はコートカバーに走るので、上手くいけば逆を突けるようなショットになるからです。

このショットのメリットは、コントロールがしやすいという点。

相手に向かって打つ、飛んで来た方向に打つことになりますので、かなり打ちやすいはずです。

ですのでしっかり相手を観ながら、ボールを引き付けることが出来ればこういったショットで安全に、攻撃できるのです。

 

■オープンスペースに打つのは、簡単では無い

誰もいない場所に打つのは、簡単なようでそうではない。

特に相手が走ってくる際には、気になってよりライン際を狙いたくもなりますよね。

そうしてサイドアウトしてしまうと、せっかくのチャンスが失点になってしまう。

浅いボールであれば、しっかり回転をかけてコートに収まるような軌道で打てないと、試合では使えません。

テニスという競技は、ラリーを支配していても最後で決めきらないと、相手のポイントになってしまう。

だからこそ、普段の練習からしっかり相手がいない場所にも、いる場所にも、正確に打てるようにしておかないといけないのです。

 

シングルスの試合が上手い人は、ジワジワ攻めてくる。

そして最後は、相手に「無理」をさせるような感じで、ポイントを積み重ねていくように思います。

相手選手は、「自分のミス」と感じているから、対策も中途半端になってしまう。

自分自身のシングルスの戦い方と重ねて、ぜひ考えてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス フットワーク

    シングルス

    「走れないからシングルスには出ない」人ほど、ダブルスの試合も走れてない

    社会人、特に40代以上の方はほとんどがダブルスプレイヤー。試合…

  2. シングルス

    「試合で勝てる人は、実践している!」シングルスの試合で必要な基本準備5つ

    試合に慣れている人、トーナメントで勝ち進む人は、事前の準備に余念があり…

  3. テニス メンタル

    シングルス

    テニス選手として一気に成長したければ、「次の大会は本気で戦う」と周りに宣言してみよう

    少し早いですが、今年ももうすぐ終わり。アナタ自身、どんな一年を…

  4. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合で「どこに打って攻撃して良いか、イメージが湧かない」人がまず実践したい3つのこと

    ダブルスの試合はプレーするけど、シングルスの試合はほとんどやらない、と…

  5. テニス スポーツ

    シングルス

    シングルスの試合では「自分の事より相手の事」をしっかり意識して、試合に勝つ

    どんなにたくさん試合経験を積んでも、シングルスの試合はやっぱり緊張しが…

  6. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合で、使えるネットプレーの考え方7つ

    シングルスの試合、みなさんも出たり観たり、たくさんして来たと思います。…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    一昔前に流行った、「肘からテイクバックするフォアハンド」は、華やかなようで難しい…
  2. テニス 練習

    練習メニュー

    テニス部に必要なのは、基礎練習から個性を伸ばす視点だと思う
  3. テニス 客観視

    スマッシュ

    「チャンスと思っても難しい!」テニスでネット際でのグランドスマッシュを打ち切る技…
  4. テニス ロブ

    ボレー

    ボレーの基本、「手首をコックしてリラックス」の態勢を作ろう
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスにおけるテクニックは教わることが出来ても、「そのテクニックを使う心」は自分…
PAGE TOP