テニス 戦術

シングルス

シングルスの試合でミスが早い人は、オープンコートを意識し過ぎかも

シングルスの試合は1対1で戦う分、オープンスペースが広く感じてしまう。

これって実は、危険なこと。

少し相手を動かしたら、「スペースが空いた!」と思ってつい力が入って打ってしまう。

遊びのテニスならそれでも楽しいかも知れませんが、試合に勝っていくとなると・・・どう改善していけば良いのでしょうか。

今回は、逆転の発想でこの「オープンスペースを活用する」という部分を考えてみます。

 

シングルスの試合でミスが早い人は、オープンコートを意識し過ぎかも

 


 

■オープンスペース、本当に出来ている?

実は、シングルスの試合の中で「相手のコートが空いている!」と感じても、それは怪しい。

相手からすれば、あえて空けておいてそこに誘っているかも知れません。

特にフォアハンド側を空けている選手は、不用意に展開すると危険。

相手コートのほうばかりみて、打点に顔が残らなければコントロールも乱れてしまいます。

シングルスの試合でミスが早いとき、大抵こんな感じになっていませんか?

 

■オープンスペースは作って、あえて逆を突いてチャンスを拡げる

プロ選手の試合を観ていても、あえてオープンスペースが出来てもそこに打たず、「相手選手がいる側」を攻撃していくのも大事な発想。

なぜなら、選手はコートカバーに走るので、上手くいけば逆を突けるようなショットになるからです。

このショットのメリットは、コントロールがしやすいという点。

相手に向かって打つ、飛んで来た方向に打つことになりますので、かなり打ちやすいはずです。

ですのでしっかり相手を観ながら、ボールを引き付けることが出来ればこういったショットで安全に、攻撃できるのです。

 

■オープンスペースに打つのは、簡単では無い

誰もいない場所に打つのは、簡単なようでそうではない。

特に相手が走ってくる際には、気になってよりライン際を狙いたくもなりますよね。

そうしてサイドアウトしてしまうと、せっかくのチャンスが失点になってしまう。

浅いボールであれば、しっかり回転をかけてコートに収まるような軌道で打てないと、試合では使えません。

テニスという競技は、ラリーを支配していても最後で決めきらないと、相手のポイントになってしまう。

だからこそ、普段の練習からしっかり相手がいない場所にも、いる場所にも、正確に打てるようにしておかないといけないのです。

 

シングルスの試合が上手い人は、ジワジワ攻めてくる。

そして最後は、相手に「無理」をさせるような感じで、ポイントを積み重ねていくように思います。

相手選手は、「自分のミス」と感じているから、対策も中途半端になってしまう。

自分自身のシングルスの戦い方と重ねて、ぜひ考えてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. シングルス

    テニスのシングルスの試合の中で、「苦しいときほど、相手とラリーをしよう」と考えられると強い

    テニスの試合、シングルスは特に・・・ですが、アナタが苦しければ、同じく…

  2. テニス ボレー

    シングルス

    今すぐ、シングルスで強くなる秘策とは?

    シングルスの試合で、勝ちたいけど策が無い。そんな方に、今日は…

  3. シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「クロスラリーからストレートに展開する有効な」タイミングとは?

    シングルスの拮抗した試合で、ラリーの多くを占めるのはクロスラリー。…

  4. テニス ミス

    シングルス

    シングルス戦術の基本、相手に「片サイドを、徹底的に意識させる」ラリー戦に持ち込むには?

    シングルスの戦い、みなさんはどんな戦術で挑んでますか?細かいこ…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合の1ポイント目、いきなりネットダッシュ!

    シングルスの試合、序盤の作戦を色々考える・・・よりも、こんなのどうでし…

  6. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスのラリー戦では、「チャンスを引き出すボール」を自分の武器として磨いていこう!

    シングルスの試合で、アナタの武器は何ですか?フォアハンド?ネッ…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニス部の後輩に負けて悔しいなら、その後輩の為にもっと強くなろう
  2. ロブ

    トップスピンロブは、前足上げで切れ味アップ!
  3. テニス ボレー

    メンタル

    自分の打ったボールを信じ切れば、ボールは自然とコートに収まってくれる
  4. テニス サーブ

    サーブ

    風が強く吹く中で、「サーブを安定させる」ために必要なコツ4つ
  5. ダブルス

    ミックスダブルスに必要な、センターセオリーの考え方
PAGE TOP