テニス シングルス

シングルス

シングルスの試合に出たいのに、「ダブルスの練習しか出来ない・・・」ときに意識したいこと

シングルスの試合に出たいのに、チームの人数が多くてダブルスの練習しか出来ない。

テニススクールに通っている方も、そういう方多いんじゃないでしょうか。

確かに、人数が多いとダブルス中心になるのは仕方無い。

ですが、シングルスに活かす為にちょっとした視点を加えれば、きっとアナタ自身のシングルスにも良い練習になるはずです。

 

シングルスの試合に出たいのに、「ダブルスの練習しか出来ない・・・」ときに意識したいこと

 

■ダブルスの練習でも、ラリー勝負は1対1

テニススクールや部活でのラリー練習は、コートを半分に分けたりしてのラリー練習が多いはず。

もしかしたら、縦3列での練習もあるかも知れませんね。

「広いシングルスコートで1対1でやりたい・・・」と思うかも知れませんが、まずは狭い範囲でしっかり相手を動かせますか?

フォアハンド、バックハンド、しっかり狙ったところに打てていますか?

狭い範囲で出来ないのに、広いコートになったら余計に難しくなる。

まずは1対1のラリーで、狭い範囲でもコントロールされたショットを磨きましょう。

 

■シングルスの試合も、全面を使って走り回るラリーは少ない

実際にシングルスの試合でも、実は使われているのは狭い範囲だったりする。

クロスでのラリー、例えばフォアハンドの逆クロス対相手のバックハンド、みたいなラリー、すごく多くないですか?

これは、ダブルスのクロスラリーの練習とあまり変わらない。

実際にはこのクロスラリーに打ち勝った選手が、先にストレートに展開したり、ドロップショットやネットプレーにつなげていける。

このことは、しっかり覚えておきましょう。

ダブルス練習の中でも、極面のラリーは1対1ですよね。

まずはこの打ち合いに負けないこと、がシングルスの試合での最高の練習になるはずです。

 

■ダブルスの練習でも、シングルスコートを意識してみよう

これはダブルスの練習にもつながるのですが、余りダブルスコートは使わない。

シングルスコートの中に、常にボールを収めるように意識してみて下さい。

ダブルスコート、つまりアレーまで使おうとするとアウトのリスクも多い。

テニスの試合は、基本シングルスコート内で考える。

この意識を持っておけば、いざシングルスの試合になったときにも楽に適応出来るはずです。

 

色々書いてきましたが、やっぱりシングルスコートで1対1、の練習は必要です。

どうしてもその環境が無いなら、やはり月に数回は環境を変えていけるような工夫、が必要でしょう。

朝練かも知れないし、人数が少ない他校での練習参加かも知れません。

「とにかく、私はシングルスの練習もしたい!」と、周りに伝え続けましょう。

きっと誰か、声をかけてくれる。

環境を用意するのも、アナタの大事なテニスの実力です。

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    「体力に自信が無い・・・人が身に付けたい」テニスのシングルスの戦い方4つ

    シングルスの試合は、実力が拮抗すると体力勝負。特にテニスでは持…

  2. テニス 予測

    シングルス

    シングルスのネットプレー、浅めのボレーで充分相手の脅威になる

    私は結構、シングルスの試合でも前に出ます。試合後には相手から、…

  3. テニス サーブ
  4. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「難しい戦術は苦手・・・」な人は、シンプルにクロスラリー勝負を徹底しよう!

    シングルスの試合で、「難しい戦術は苦手で・・・」という方の声を聞く機会…

  5. テニス 準備

    シングルス

    シングルスでのパッシングショット、クロスが基本

    シングルスの試合、私たちの試合ではネットに出る機会・・・どの程度あるで…

  6. テニス ストローク

    シングルス

    バックハンドは「クロスに振り切る!」と決めておくだけで、シングルスの試合は楽に戦える

    シングルスの試合で、やはり鬼門となるのはバックハンド。当然、相…

特集記事

  1. シングルス

    粘り強いシコラー相手には、考える時間を与えてあげれば良い
  2. テニス メンタル

    サーブ

    サーブがどうも安定しない人は、「体重移動の幅を狭くする」ことで改善されるかも知れ…
  3. 戦術

    ダブルスのチェンジプレー、図入りで説明します
  4. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュは「打つだけ」で、相手へのプレッシャーになる
  5. テニス ボレー

    ストローク

    「踏み込む着地は、かかとから」安定したストロークを身に付ける!
PAGE TOP