テニス 格上相手

シングルス

シングルスの試合で勝てない人は、「ストロークで崩しても前にいない」だけの話かも・・・

シングルスの試合を観ていると、テニスは本当にポイントを「締める」技術が大事だと実感します。

男女問わず、良いストロークを持っていても、ひたすら返球してくる相手に負けてしまったりする仲間、いませんか?

もしアナタもそうであれば、締める為に前に行く必要性を感じて下さい。

 

シングルスの試合で勝てない人は、「ストロークで崩しても前にいない」だけの話かも・・・

 


 

■せっかくストロークで左右に振っても・・・

良いストロークを持っている学生は、本当に最近増えたと思います。

一昔前まではひたすら粘る、またはサーブの威力に頼る選手も多かった。

鋭いストロークで相手を左右に振れるのは、本当にテニス上級者の試合巧者というイメージでした。

しかし・・・です。

 

■どれだけストロークで組み立てても、最後の一手が無い

どれだけ組み立てても、相手も返球するだけなら何とかできる。

そんな試合は、結局攻撃的にプレーしていた選手が最後自滅するケースも多い。

格上の選手が、負けてしまう典型的なパターンですね。

何が足りないのでしょうか・・・。

 

■相手の態勢を崩したら、しっかりとポジションを前にしよう!

相手の態勢を、しっかり観察してみて下さい。

フワ―っとしたボールの返球を、落として下がってストロークしていては、相手に逃げ道を用意しているだけ。

ネットに近いポジション、前にいきましょう。

サービスラインより少し後ろで、球足の長いボレーでさらに追い込めれば相手は辛い。

パッシングを無理してミスしてくれるかも知れません。

女性であれば、ドライブボレーも必須の技術です。

このポジションでのネットプレーができないと、粘りのプレイヤーに屈することになります。

 

試合では、誰しも負けたくない。

だからこそ、相手はアナタに勝つ最善の策を考えます。

どんなスポーツでも、実力差があるときには弱い方が引いて守るのが絶対原則。

テニスでも、同じです。

打破していけるように、ストロークの崩しと手堅い球足の長いボレー、この組み合わせを実践していきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート

関連記事

  1. テニス ストローク
  2. シングルス

    シングルスの試合で、「低い打点のストローク」はクロスに来る

    シングルスの試合は、コートに自分一人。だからこそ、相手の打つコ…

  3. テニス ポジショニング

    シングルス

    シングルスで絶対絶命のピンチ!の場面では・・・どうする?

    相手のストロークで左右に振られる、追い付くのがやっとな場面。も…

  4. シングルス

    「シングルスの戦い方」はテニスの試合ではシンプルに考えて実践!

    シングルスの時、どういう作戦でプレーする?相手によって変わって…

  5. シングルス

    シングルスのネットプレーに必要な、基本ポジショニングの意識

    シングルスの試合でも、ネットプレーが必要なのは分かった・・・けど・・・…

  6. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で、リターンから「相手バックハンド側へのアプローチ」は絶対必要なパターン

    シングルスの試合、絶対に取りたいブレイクポイント。私なら迷わず、こ…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    相手を動かすショット、こそテニスの試合で使えるショット
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ライジングショットを打つのも大事、返せるようになるのも大事
  3. 戦術

    綺麗でないポイントにこそ、本質がある
  4. テニス ストローク

    ストローク

    「片手バックハンドストロークでトップスピンがかからない・・・」人は、グリップチェ…
  5. テニス シングルス

    メンタル

    テニスが楽しくない、というのは、ある意味楽しめている証拠かも
PAGE TOP