テニス 格上相手

シングルス

シングルスの試合で勝てない人は、「ストロークで崩しても前にいない」だけの話かも・・・

シングルスの試合を観ていると、テニスは本当にポイントを「締める」技術が大事だと実感します。

男女問わず、良いストロークを持っていても、ひたすら返球してくる相手に負けてしまったりする仲間、いませんか?

もしアナタもそうであれば、締める為に前に行く必要性を感じて下さい。

 

シングルスの試合で勝てない人は、「ストロークで崩しても前にいない」だけの話かも・・・

 


 

■せっかくストロークで左右に振っても・・・

良いストロークを持っている学生は、本当に最近増えたと思います。

一昔前まではひたすら粘る、またはサーブの威力に頼る選手も多かった。

鋭いストロークで相手を左右に振れるのは、本当にテニス上級者の試合巧者というイメージでした。

しかし・・・です。

 

■どれだけストロークで組み立てても、最後の一手が無い

どれだけ組み立てても、相手も返球するだけなら何とかできる。

そんな試合は、結局攻撃的にプレーしていた選手が最後自滅するケースも多い。

格上の選手が、負けてしまう典型的なパターンですね。

何が足りないのでしょうか・・・。

 

■相手の態勢を崩したら、しっかりとポジションを前にしよう!

相手の態勢を、しっかり観察してみて下さい。

フワ―っとしたボールの返球を、落として下がってストロークしていては、相手に逃げ道を用意しているだけ。

ネットに近いポジション、前にいきましょう。

サービスラインより少し後ろで、球足の長いボレーでさらに追い込めれば相手は辛い。

パッシングを無理してミスしてくれるかも知れません。

女性であれば、ドライブボレーも必須の技術です。

このポジションでのネットプレーができないと、粘りのプレイヤーに屈することになります。

 

試合では、誰しも負けたくない。

だからこそ、相手はアナタに勝つ最善の策を考えます。

どんなスポーツでも、実力差があるときには弱い方が引いて守るのが絶対原則。

テニスでも、同じです。

打破していけるように、ストロークの崩しと手堅い球足の長いボレー、この組み合わせを実践していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

関連記事

  1. シングルス

    シングルスの試合、相手がスライスの構えになったら実行したい5つの秘策

    シングルスの試合の、基本戦術。まずは皆さん、相手のバックハンド…

  2. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合で自滅する人は、センターから無理して展開する人ばかり

    今日は、シングルスのストロークラリーの基本、について。皆さん、…

  3. テニス メンタル

    シングルス

    「女性の初中級プレイヤー」が戦うシングルスの試合で、使いたいテニス戦術5つ

    社会人になると、特に女性はダブルスでの試合が多くなります。シン…

  4. テニス 準備

    シングルス

    長い試合と覚悟を決めて、テニスのシングルスの試合で準備しておきたいグッズ10選

    テニスの実力って、技術力+準備力。もちろんスタミナや、現場での…

  5. シングルス

    対戦相手は、変化するもの

    今回の浅見選手の動画、試合を振り返る感想戦の場面からスタートしていま…

  6. テニス ダブルス

    シングルス

    諦めずにボールを追えば、空のコートに打つ難しさを味合わせることが出来る

    最後まで諦めずに、ボールを追う。これって、本当に難しいし、特に…

特集記事

  1. テニス マナー

    その他

    試合後に相手に感想を聞いてみるなら、「ある言葉」を使うと効果的に引き出せます
  2. テニス メンタル

    メンタル

    0-6というスコア、テニスは恥を知る機会が絶対的に少ない
  3. テニス 練習

    その他

    「テニスの腕はイマイチでも練習に誘いたくなる人」に共通する5つの習慣
  4. テニス メンタル

    メンタル

    3連続ポイント、の貪欲さがテニスの試合には絶対に必要
  5. テニス 準備

    シングルス

    シングルスでのパッシングショット、クロスが基本
PAGE TOP