シングルス

ジョコビッチ選手に見る「シングルスでのコートカバーリング」の技術4つ

今年のグランドスラム、男子シングルスはまさにジョコビッチ選手の独壇場でしたね。

全大会で決勝に進出し、そのうち3つで優勝。

その強さの背景には、皆さんご存知の通りあの圧倒的なフットワーク力があります。

試合で勝ちたいと考えている人には、全て真似はできなくとも参考にして、活かしていきたい要素がたくさんあります。

 

ジョコビッチ選手に見る「シングルスでのコートカバーリング」の技術4つ

 


 

1.相手を凌駕する圧倒的かつ効率的な持久力

何と言っても、テニスのベースに必要なのは持久力です。

このサイトでは、できるだけ効率的にテニスの試合で勝つ方法を提案してきましたが、上のレベルになればベースとなる持久力は必要不可欠。

持久力には調子の波が少なく、「持久戦」という武器を持って試合に挑むことができます。

テニスで粘れる、ということがどれだけ試合で効果的かはアナタ自身も理解しているはず。

ましてや、アナタの相手はプロ選手では無いので、しっかりしたトレーニングをすれば必ず相手を凌駕できます。

 

2.ボールの対空時間の使い方で、ペースをコントロール

ジョコビッチ選手はストロークの球種が非常に多彩です。

回転系、フラット系で非常にメリハリがあり、特に守備に回って凌ぐときの空間の使い方が上手い。

自分がしっかり戻る時間を稼ぎつつ、相手に攻撃されないような「高さ」を出しています。

当然相手選手はネットに出て狙ってきたりもしますが、そこはフラット系のパッシングショットを備えておく。

この2段構えは、アナタのシングルスの試合でも非常に有効でしょう。

 

3.滑りと股関節の柔らかさを活かしたスライスでの凌ぎ

トレーニングが必要になりますが、股関節の柔らかさはテニスにおいて守備力を高めてくれます。

ジョコビッチ選手ほど両足が開かなくても、50cm横に伸ばせるようになるだけで、相手はより厳しいところを攻めていかねばならなくなり、アウトを誘うことができます。

腕を伸ばして拾う技術が身に付けば、意外と返球できるボールはテニスでは多い。

そして「拾える選手」という意識付けが相手にできれば、それはアナタの立派なアドバンテージになります。

お風呂上りに10分、股関節のストレッチを毎日やってみましょう。

試合に勝ちたければ。

 

4.「自分」という選手のブランディングを意識したことはありますか?

ジョコビッチ選手というと、どんなイメージですか?

まじめでミスが少ない、でもどこかおちゃめで、周りの選手のモノマネをしたりして、愛される。

負けず嫌いだけど、自分がまけた勝者はしっかり賞賛する。

自分が勝者になっても、相手への敬意を忘れない。

アナタ自身、周りのテニス仲間や対戦相手から、どのように思われているでしょうか?

「この人と戦いたい、練習したい」というイメージを持たれていれば、テニスの上達にこれほどの助けは無いでしょう。

選手としてのブランディングは、一般のプレイヤーにも必要なことです。

立ち振る舞いから考え方まで、良い機会ですので見直してみると良いでしょう。

 

プロテニス選手は、雑誌でみるように技術で参考にするべき点もたくさんあります。

しかし、やはり実際に試合で使うには難しい技術も多い。

それよりも、フットワークや生き方、考え方に眼を向けてみると面白いものです。

アナタ自身で、まだまだ埋もれている名選手を発掘してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①

関連記事

  1. テニス ミス

    シングルス

    シングルス戦術の基本、相手に「片サイドを、徹底的に意識させる」ラリー戦に持ち込むには?

    シングルスの戦い、みなさんはどんな戦術で挑んでますか?細かいこ…

  2. テニス ボレー

    シングルス

    自由度が高いシングルスの試合、実は出来ることってすごく少ないかも知れない

    アンケートでご質問頂いた項目で多かったのが、シングルスでのお悩み、です…

  3. シングルス

    試合に強いシコラーは、カウンターに要注意

    特にシングルスの試合で、みなさんも苦戦している相手。粘り強く…

  4. テニス リターン

    シングルス

    ダウンザラインへのストロークの展開は、相手に「背中を向ける」準備で!

    ストロークでの、ダウンザラインへの展開。シングルスでは、不可欠…

  5. シングルス

    深いコース、の後に同じコースに浅く!

    シングルスの試合で、使える攻撃パターン。錦織選手も、この形でよ…

  6. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスのストロークには、リズムの変化が求められる

    シングルスの試合で、そんなにパッと見強くないのに、負けない選手っていま…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「リードしたら、それをメンタル的に活かす」ことで楽に試合を運べ…
  2. テニス ボレー

    メンタル

    テニスの試合で、必要以上に「相手に触られること」を怖がり過ぎてない?
  3. テニス 主将

    その他

    「全国で頑張るテニス部のキャプテンの皆さんへ」部員から好かれる、よりも大切なこと…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    高い打点のフォアハンドストロークこそ、サイドスピンをかけて相手をコートから追い出…
  5. テニス スライス

    戦術

    中途半端に浅いボールが、テニスでは一番攻撃されやすいから注意!
PAGE TOP