テニス メンタル

ストローク

テニス初心者の方がまず意識したい、「練習で大事な意識」5つ

テニスを始めて間もない方、は練習でも緊張しますよね。

でも、しっかり自分で意識しながら練習しないと、テニスもただの「運動」になってしまう。

「ボールを打つことでいっぱいいっぱいで・・・」にならないように、大事なポイントをまとめてみました。

どんなに上手い人、強い人も、最初は初心者からのスタート。

皆さんも頑張っていきましょう!

 

テニス初心者の方がまず意識したい、「練習で大事な意識」5つ

 


 

1.ボールをよく観る

最初に教わるアドバイス、かも知れません。

どれくらい観るの?という質問に対しては、「ボールに書いてある文字が読めるくらい」しっかり観ることが大事。

あとコツとしては、ストロークではしっかり「バウンド地点」を観ること。

そして、打つ瞬間まで、打ち終わりまでしっかり観続けること、が大事。

ただボーっと観ているだけでは、テニスの技術として向上しません。

 

2.しっかり止まって打つ

意外と見落とされがちですが、テニスではしっかり「止まって打つ」のが基本。

慌ててしまうと、どうしてもバタバタと最後まで動きながらのスウィングになってしまいます。

スウィングを安定させるには、技術よりもまずしっかり止まることが大事。

ストロークでは特に、初心者の方こそこの基本を大事にしていきましょう!

止まるのが早くなれば、自然に構えも早くなるはずです。

 

3.積極的に周りを観て盗む!

受け身の姿勢では、テニスは上達しない。

自分がボールを打っていない時間こそ、周りを観て上手い人の技術を盗みましょう。

人数が多い部活、サークルでは打てる回数も限られてきますよね。

アナタが理想とする、またはこんなテニスをしたい!と思う人は、練習中も目を離さないように意識してみましょう。

それだけで、成長のスピードが違うはずです。

 

4.「そもそも、テニスは難しい競技」という意識を持つ

ほとんどの初心者の方は、「テニスって簡単そうに見えて、難しい・・・」と感じているでしょう。

そこに気付けた時点で、まずは大正解!

しっかり腰を据えて、気長にしっかり取り組む姿勢が大事です。

少し上手くいかないくらいで投げ出すなんて、もったいないですよ。

上達していく最大の壁は、アナタ自身の「困難に立ち向かう根気」です。

 

5.常に試合を想定してみる

「試合なんて、だいぶ先の話・・・」と思っている方、まずいです。

絶対に試合を意識した方が、成長が早い。

ですので、初心者の方ほど私は最初に試合から入るべきだと思っています。

試合というか、ゲーム感覚のポイント形式の練習でもOK。

自分が上手くいかない悔しさ、上手くいったときの快感、を早めに感じることこそ、初心者の方の成長には欠かせません。

試合に出れば、ルールも覚える。

とにかく早くルールを覚えるだけでも、成長のスピードは全然違います!

 

同じスピードでの成長は無い、ですよね。

初心者の方でも、意識次第で必ず差が出てしまうのがスポーツであり、テニス。

初心者の方ほど、T-PRESSは観て欲しい。

難しいテクニックも紹介していますが、基本こそ大事。

この精神で、私も記事を書いていきたいと思っています。

■コート以外では、どんどん動画を見たりして時間を有効活用しましょう

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. ストローク

    「オープンスタンスでフォアハンドストローク」テニスの試合でつなぎには最適ですが・・・

    フォアハンドストロークのオープンスタンスは便利!!!ムチャクチ…

  2. テニス スライス

    ストローク

    「バック側をサーブで攻められて、押される・・・」ときに実戦したい、錦織選手も得意なアノ技術

    サーブでバックハンド側を攻撃される、というのはよくあるパターン。…

  3. テニス 準備

    ストローク

    「超ディフェンシブ粘りストローク」は、メンタルだけでは無理!

    シングルスの試合の中で「粘り」の要素は、大きな武器になる。「な…

  4. テニス スライス
  5. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃にも守備にも適した、「セミオープンスタンス」でストローク戦で勝負していく為には?

    現代テニスでは、オープンスタンスが主流になりつつあります。錦織…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合でコースを突いて攻めても拾われ、最後はミスしてしまうときは・・・?

    皆さん、胸に手を当てて考えてみて下さい。思い出してみて下さい。…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ハードヒッターは、相手の打点をしっかり見れば反応出来る!
  2. テニス 練習

    練習メニュー

    練習すればするほど・・・テニスは下手になる!?
  3. テニス ダブルス

    サーブ

    ダブルスのサーブ、ノータッチエースより「相手に触らせる」ことを意識
  4. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、「ロブに弱いペア」を見極める5つの視点
  5. テニス 観察

    サーブ

    サーブで狙うコースが安定しないときには、「ボディからセンター」みたいな感じで良い…
PAGE TOP