テニス ロブ

ダブルス

リターンの選手の態勢を見て動く、判断スピードが前衛には欲しい

ダブルスの前衛で、相手のリターン選手を観察する。

まさにリターンの瞬間、どんな態勢で、どんなリターンが来そうなのか。

これを、正確に瞬時に判断出来る人は意外と少ない。

アナタ自身、前衛でプレーしている時に・・・どうでしょうか?

 

リターンの選手の態勢を見て動く、判断スピードが前衛には欲しい

 


 

1.ボディサーブで、態勢が崩れたらチャンス!

自分のパートナーのサーブが、相手のボディを突く。

そのときに、しっかり前衛であるアナタがポーチに動くことが出来ているかどうか。

この問題は、実は判断力のスピードが大きく関わっている。

私はいつも、「ストレートケアの約束」をしているときも、どこかでこの「態勢が崩れるリターン」を期待している。

そして、絶対に見逃さない、ように意識しています。

 

2.「ストレートケア」の約束、破っても良いと思う

私は、こう考えます。

事前の打ち合わせで「ポーチに出ない」と話していても、相手の態勢次第。

思ったより良いサーブが入って、相手リターンがよろけているようだとあえて、ポーチに出ることもある。

もちろん、遠いところまでは追いかけない、ですけどね。

態勢が崩れてポワーンというリターン、なのに律儀にストレートを守っているだけ、なんてもったいない。

だって相手は、ボディサーブでよろけている訳ですから。

 

3.とっさの判断で作戦変更、良いじゃない!

あくまで、これはペアとの信頼関係。

そうやって動いて、失点することもあります。

でも、意図があっての作戦変更、なら私は良いと思う。

自分たちの作戦だけに縛られて、チャンスを逃すなんてもったいないし、試合に勝つためのベストな策だとは思えない。

皆さんは、どうでしょう?

「打ち合わせ通りにやって、ダメだったら仕方ない」と思いますか?

 

これは、考え方の問題であり、正しいとか間違っているという話ではない。

私は、勝つための選択に、最後まで幅を持たせておきたい。

だからこそ、あえてストレートケアの約束も、状況に応じて破る。

ダブルスの試合、そういうポイントってあって良いと思います。

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. + POWER CUP について

関連記事

  1. ダブルス

    ダブルスの前衛で「ポーチをしっかり決めきる!」為の、大前提となる4つの基本意識

    ダブルスの前衛にいて、ポーチでサーバーを助けたいけど自信が無い・・・。…

  2. テニス ガット

    ダブルス

    「社会人テニスのダブルスでも、ぜひ身に付けて欲しいIフォーメーション」は試合でとても有効!

    「Iフォーメーション」と聞いて、アナタはどんなことをイメージしますか?…

  3. ダブルス

    ストレートを抜かれても、カバーできる後衛はどんな感じ?

    ダブルスの試合で、雁行陣でのラリー。そこから味方の前衛が動いた…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスでチェンジプレー、失敗すると・・・?

    ダブルスの試合、前衛がポーチに動いてチェンジ!後衛の選手は前衛…

  5. テニス 攻撃

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「センターのボールに2人で反応は悪いこと?」では無く、とても必要なことです

    ダブルスの試合では、センターへの攻撃に耐えないといけない。並行…

  6. テニス 環境

    ダブルス

    ストレートへ打つと決めたら、絶対にブレてはいけない

    ダブルスの試合で、アナタ自身が後衛で、相手の前衛を狙う。リター…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. その他

    意図したことが効いてくる、からリズムに乗れる
  2. テニス ボレー

    ボレー

    スライスボレーを流してストレートに打ちたいなら、ラケットヘッドを下げて良い
  3. サーブ

    サーブで身体が開かないようにするには、「上げた腕をキープする」だけで簡単に出来ま…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「試合中に逃げ出したくなる自分に負けない」テニスの試合で勝てるメンタルを養う為に…
  5. テニス ストローク

    フットワーク

    回り込みフォアハンドに必要な、クロスオーバーステップを使っていこう!
PAGE TOP