テニス メンタル

その他

「プロになる方法」テニスの世界で真剣に考えている高校生へ

今週は大阪で仕事があった。

高校の授業の中で講義をするのだ。

講義のテーマは「公立高校テニス部からプロになる方法」である。

 

「プロになる方法」テニスの世界で真剣に考えている高校生へ

 


 

「こうやったらプロになれるよ」と断言するつもりはない。

俺と同じやり方をしても俺と同じ道を辿れるかは、分からないからね。

でも俺が高校でテニスを始めて、全日本ランキングで100位以内に入ってプロの資格を取得するまでに、何がキーポイントとなったかは話して聞かせてあげられる。

それは何かと言うと・・・・ま、色んな事がありました。

 

一つ一つ書き出すととても長くなるので、そういったことはこのコラムの中でもちょっとずつ書いていくけど、全てに共通している事は、「出会い」である

何か新しい事を始めるにしても、誰かの協力が必要だったし、新しい世界に飛び込んで、その世界でもがきながら何かを掴んでいく時も、誰かの存在が重要だった。

目的は「テニス」ということなんだけど、人と出会って、その人から何かを得て、また新しい世界に飛び出して行くということは、テニスのプレーとはまた違ったパワーになるのだ。

「俺はそこまでテニスの才能がないから・・・」と言う高校生によく出会う。

才能が無いから、結果が出ないから、そこまで活動的になる価値がない・・・ということなんだろう。

でもそれは違う。

 



 

才能が無いから活動的になる意味が無い・・・ではなくて、活動的になるから、才能が伸びるのだ

とにかく色んな人に会って、自分の夢を語って、そしてその出会った人からまた新たな世界を提供してもらって

そしてその世界へ飛びこんでいく・・・・。

そういうことを繰り返すことが出来るようになると、夢を実現させることが可能になってくるのだ。

頑張れ、みんな!!

どんどん自分の世界を拡げて行こうぜ。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  5. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「技術の前に体力作り」テニス以外のスポーツでも身に付けることができる体力の重要性

    何歳までが子供というのか分からないが、高校生はまだまだカテゴリーとして…

  2. テニス 練習

    その他

    テニス部で頑張る皆さんは、「準備運動だけじゃなく、整理運動」も行って団結心を高めよう

    部活やサークルでテニスを頑張っている皆さん、このサイトをご覧になってい…

  3. テニス ストローク

    その他

    「自分のテニスを一から見直す」ときに必要なのは、強引さと粘り強い根気です

    自分のテニスを見つめ直す機会、皆さんは今まで経験してますでしょうか?…

  4. テニス メンタル

    その他

    「テニスと俺」アナタは自分とテニスの関係、どんな感じですか?

    「何のためにテニスしてるんですか?」そんな質問をある人から受け…

  5. テニス 構え

    その他

    「テニスの試合が上手い人」はココをチェックしている!対戦相手を観察するポイントとは?

    テニスの試合で、一番緊張するのは皆さんいつですか?私は試合の前…

  6. その他

    高校生のテニス部員なら、インターハイより全日本ジュニアより「全国選抜高校テニス大会」を観に行こう!

    来月に開催が目前に迫った、全国選抜高校テニス大会、通称「センバツ」。…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    戦術

    「基本はこうだけど、自分はこう考える」を増やしていこう
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークを安定させたいのに、「低い打点でこすってばかり」の人、いませんか?
  3. メンタル

    他人に共感出来ない、それで良い
  4. ボレー

    バックボレーをクロスに打つ、のは簡単なようで難しい
  5. テニス ロブ

    ボレー

    相手のストロークが強打の場面なら、ブロックボレーの準備を
PAGE TOP