テニス ダブルス

ボレー

ダブルスの試合ここ一番で、「ポーチをしっかり決め切る」には、ラケットヘッドを立ててネットに近づくこと!

ダブルスの試合、自分が前衛で後衛がストロークに頑張っていれば、「なんとかポーチに出て、助けてあげたい!」と思うのがパートナーとしての自然な心。

とはいえ、ポーチに出ても触るのがやっとで、逆に邪魔してしまうだけかも・・・と、弱気なメンタルになっていませんか?

ポーチボレーに必要な技術さえ身に付ければ、ダブルスの前衛はもっと楽しくなります。

今回は基本となるラケットの使い方を、再度確認してみましょう。

 

ダブルスの試合ここ一番で、「ポーチをしっかり決め切る」には、ラケットヘッドを立ててネットに近づくこと!

 


 

■ダブルスは「センターベルト上。30cmの攻防」を制するペアが、試合に勝つ

ダブルスの試合は、ほとんどのポイントでまずクロスラリーが始まり、そこから展開がスタート。

並行陣でも雁行陣でも、センターベルト上をたくさんボールが通過していく中で、いかに前衛が絡んでいけるかどうか。

上のレベルの戦いになるとこの攻防を制するペアが、試合に勝利していく。

まず大事な意識として、「ダブルスではこのセンターベルト上のボールを、攻撃していかないといけない」という意識を、アナタ自身強く持ちましょう。

後衛が押していても、押されていても、前衛のアナタが果たす役割は大きいのです。

 

■ラケットヘッドをしっかり立てて、目線は落とすこと

ポーチボレーは、「移動して打つ」という点で通常のネットプレーと異なります。

この移動の部分は、相手が打つ前にしっかり終えておくこと。

ポーチに出る、と決めたら思い切ってストレートは捨てて、相手のコースに打つ前から入っていく決断力が必要です。

その時に、しっかりラケットヘッドを立てて、目線を低くしておくことを重視しましょう。

ラケットヘッドが落ちていればボールの下に入ってしまい、結果的にふかしてしまうようなボレーになっていくので注意

目線や腰の位置が高いと、今度は逆にネットしてしまうでしょう。

 

■上からしっかり抑える、その為にネットにしっかり近づくこと

ネットに近い位置、もっと言えばセンターベルトに近い位置でポーチで来ていれば、ラケットヘッドを立てたボレーがより活きる。

この位置まで出て来る前衛は、相手の後衛にとってこの上無いプレッシャーになるはず。

ラケットヘッドを立てる癖が付いていれば、コースもアングル、逆クロスへの打ち分けが必ず出来るようになります。

もしも結果、アナタが空けたストレートを抜かれても、それはそれで良いのです。

なぜなら、クロスラリーでのパワーを削ぐ、集中力の一部をストレートのほうに移行させることが出来ているのですから、パートナーの後衛にとっては有りがたい話。

しっかり相手に、プレッシャーをかけられる存在であり続けましょう。

 

ボレーをアウトしてしまう人は、ほとんどが準備の段階でラケットの位置が低い。

打点に対しても下から、または真後ろから入っているので相手に押されてしまうケースが多いように思います。

「ラケットを立て過ぎると、下に飛んでネットにかかりそう・・・」と思う方、まだまだ前に移動できますよ。

ネットにしっかり近づいて、相手にプレッシャーのかかるボレーを打てるように、頑張りましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    コンパクトなボレーの打ち方は、「ラケットが収まる場所」を作ることで完成します

    ボレーの安定感は、シンプルさ。多少はラケットを動かしつつも、基…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    シングルスの試合で上手くスライスを使ってくる相手には、早めにネットプレーを見せておこう

    粘る相手を、どう攻撃で攻略していくか。テニスの試合では、いつも…

  3. ボレー

    シングルスで「いきなり相手がボレーに出てきても、慌てない!」正面への緩いショットから崩すと効果的です…

    現代のシングルスの戦い方は、どんどん奇襲でのネットプレーは増えているよ…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    テニスにおける攻撃的なボレーは、全てを「2本で1セット」の考えで詰めていく意識が大事

    ネットプレーは攻撃的に!ですが、1本で決めようとするとミスも増…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    テニスのダブルスの試合で必要な「スライスとフラットの2種類のボレー」は、ラケットヘッドの立て方で使い…

    ボレーに代表されるネットプレー、「この人上手い!」と思わせるようなプレ…

  6. テニス フットワーク

    ボレー

    つなぐボレー、を脱却したい方へ

    試合でつなぐボレー、を脱却したい。ストロークで打ち込まれないボ…

特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    集中力を上げる、自分のポイントパターンを持っておこう
  2. テニス 準備

    その他

    「サザエさん、テニスNo.1は誰だ!?」テニスの試合で必要な要素から考えてみる
  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニスの試合で「スマッシュを打つ時にしっかりラケットに当たらない・・・」人は、基…
  4. テニス スマッシュ

    シングルス

    シングルスの試合、まずは前に出て相手にパッシングショットを打たせよう
  5. テニス 吹き出し

    メンタル

    いつまで経っても、「テニスの試合に勝てない人」の口癖4つ
PAGE TOP