テニス 言葉

ボレー

ネットに詰めて、相手のいないところに落とすから決まる

目次

ダブルスが上手くなっている、と急に感じる瞬間。

これは、きっとみなさんにもあるはず。

まだ・・・という方は、これを意識してみて下さい。

前衛にいて、ボレーが決まらない、ポイントが取れないと悩んでいるみなさん。

相手の穴、を突けていないだけですよ。

 

ネットに詰めて、相手のいないところに落とすから決まる

 


 

1.相手コートには、穴がある

まず、これをしっかり確認しましょう。

ダブルスでも、相手は2人しかいない。

必ず、その2人から離れたスペース、は有効に攻撃出来る穴になります。

ネットに詰めたボレーで、そこを突いていくという決断、が大事。

出来る出来ない、の前に、やるかやらないか。

前に詰めること、の勇気が出るかどうかが、大事。

これが、なかなか出来ないんですよね。

 

2.女子ダブルスのみなさん、ロブを捨てましょう

前衛なら、思い切って捨てる。

上のボールをケアしていたら、いつまで経ってもネットに近づけない。

ここだ!と思ったら、ネット近くまで自分が動く。

そうすれば、相手のいない場所に簡単に落とすことが出来ます。

ドロップボレーが打てない人は、ネットから離れた場所から狙っているから。

相手に気付かれるのも早いし、コートにバウンドするまでに時間もかかる。

ネットに詰めれば、それだけで攻撃的なボレーが打てる、相手のいないところに落とせる。

これに気付けるかどうか、が前衛は大事です。

 

3.いない場所を狙う、ことに慣れよう

どうしても、相手に向かって打ってしまいませんか?

テニスは続けるもの、ラリーすることが練習だと、普段から無意識に刷り込まれてますからね。

試合で相手がいない場所を狙うこと、に慣れていかないとダメ。

相当意識しないと、いざ試合では打てないですよ。

ラリーを終わらせる、ポイントを奪う。

一発で決めようと思う必要は無いですが、思い切った動きは大事。

相手コートの狙い、どこに定めるのかをしっかり確認しておきましょう!

 

4.上手いかどうか、はポジショニング次第

試合では、当たり損ないだってポイントになる。

ネットに詰めれば、思わぬプレゼントがアナタに贈られる。

相手が力んでミス、してくれるかも知れないですしね。

上手いかどうか、はポジショニング次第。

ネットプレーは、特にそれが顕著になります。

女子ダブルスのみなさんも、メリハリをつけて前に出る、詰める。

そうすれば、より上のロブを誘えますからね。

サービスライン後方でベッタリ並行陣、で待っているだけだと勝てないですよ。

もう、そろそろ気付きましょう。

 

ネットに詰めると、視界が変わる。

相手がいない場所、穴がより鮮明になるんです。

この光景、視界に慣れると、自信も出て来るし試合でも決まるイメージが湧いてくる。

ずっと同じ場所に立っていても、視界は変わらないしボールは飛んで来ない。

さぁ、どっちでいきましょうか?

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. ラジオ番組、始めました!

関連記事

  1. テニス ボレー
  2. テニス リターン

    ボレー

    ボレーで身体が回転しない、だけで安定感は見違える

    ボレーのコントロールが安定しない人は、今一度この基本を。しっか…

  3. テニス 戦術

    ボレー

    ファーストボレーを叩かれる人は、どう対策すれば良い?

    サーブ&ボレー、でのファーストボレー。これをしっかり返すのが、…

  4. テニス ダブルス

    ボレー

    足下のボレーを返球する、すぐ使えるテクニック5つ

    足下のボレーを、まずは相手のコートに返す。この技術があるだけで…

  5. ボレー

    テニスの試合で「直線的なロブボレー」を使えると、ダブルスの戦術の幅はグッと拡がります

    テニスの試合、特に若い選手の試合では「ロブ」をあまり見る機会が少ない。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「低く滑る攻撃的なスライス」のストロークを身に付けて、試合で使えると勝率は上がり…
  2. テニス ストローク

    ボレー

    「ドライブボレーは難しい・・・」と思っている方は、打点の高さを意識すれば楽に打て…
  3. テニス メンタル

    テニス知識

    初心者でもテニスの試合に出て恥をかかない、「カウントの数え方とコールの仕方」につ…
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで前衛に捕まった後は、ほとんどの選手が後衛側に逃げていく
  5. 戦術

    かくも、予測は難しいものなのか?
PAGE TOP