テニス 戦術

ボレー

硬式テニスのボレーは、「ラケット面をしっかり作る」からコントロールできる!

ソフトテニス、軟式テニスを経験している方が硬式に移行した際に、難しい技術がボレーだと言われます。

軟式ではしっかりラケットを振って正面向きに近いボレーがメインだったものが、硬式テニスでは横向きでラケット面を作ってボレーをすることが多くなる。

ボール自体に勢いがあるので、しっかりラケット面を作ってその力を活かすことでコントロールできるようになるのです。

このポイントをしっかり抑えておけば、ボレーの上達もどんどん早くなります!

 

硬式テニスのボレーは、「ラケット面をしっかり作る」からコントロールできる!

 


 

■ボレーのコントロールは腕を振って調整しない

ボレーはどうしても、腕を振ってしまいがち。

「右方向に飛ばしたい!」と思うと、ついフォロースルーを打ちたい方向に向けて行ってしまい、ラケット面が安定せずにコントロールできない。

硬式テニスでは、まずしっかりラケットの真ん中でボールを捕えないと、ボレーを飛ばすことが難しいのです。

そう、気を付けるのはボールを飛ばしたい角度。

この角度をラケット面で作れるかどうかが、ボレーの成功の鍵を握ります。

 

■ラケット面で「角度を付ける」って、どういうこと?

ラケット面で角度を付ける、という感覚、なかなか軟式テニスを経験している方には掴みにくいと思います。

コツとしては、まずしっかり「横向き」を作ること。

打点にしっかり顔を残して、ボールの入射角と反射角を確認してみて下さい。

ラケットは、あえてあまり動かさない。

ボールが当たる瞬間に、グリップを「キュッ」と握るくらいで、ある程度は飛んでくれるはずです。

まずはゆっくりしたボール、ボレーボレーから確認してみましょう。

 

■慣れればアングルボレーにも応用できる

この感覚がつかめれば、アングルボレーにも応用できます。

打つ方向を見たり、正面向きに身体がなってしまわないように注意して、「少し窮屈だな・・・」という感じのフォームを意識することで、安定感は増します!

ボレーはパワーでは無く、コントロール勝負!

シングルスでもダブルスでも、このラケット面をしっかり作るという基本、今一度見直してみましょう。

 

テニスはコントロール勝負。

パワーで押し切るテニスに男性陣は魅力を感じがちですが、ぜひコースでポイントを獲れるようにボレーも磨いてみて下さい。

「強い!」よりも、「上手い!」と、言わせるようなテニスは、体力の消費も少ない。

トーナメントで勝ち上がれるテニスに、変えていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

関連記事

  1. テニス 粘り

    ボレー

    クロスボレーを磨けば、試合でのボレーのネットミスは減るはず

    試合で、「ボレーのネットミス」が多い方。ちょっと、思い出してみ…

  2. テニス ポジショニング

    ボレー

    ダブルスの試合の前衛で、「ストレートも守れてポーチにも出れる」魔法のフットワークとは?

    ダブルスの前衛で、結局ポーチに出れないし、ストレートも抜かれる・・・。…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    「バックハンドのハイボレーが、いつもガシャってしまう」人は、腕を伸ばし過ぎていないか確認しましょう

    バックハンドのハイボレー、皆さん試合でコントロールできていますか?…

  4. テニス ドロップショット

    ボレー

    「強く打ち込む雰囲気」を相手に見せれば、ドロップボレーは8割完成

    試合の中で、華麗にドロップボレーを決めたい・・・。だけど、普通…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに詰める勇気を持った人だけが、本物のアングルボレーが打てる

    アングルボレー、特にダブルスでは求められるテクニックです。テニ…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    ダブルスの試合で、一番最初にやるべきこととは?

    ダブルスの試合で、まず最初にやっておきたいこと。みなさんは、何…

特集記事

  1. テニス テニススクール

    練習メニュー

    テニス部のキャプテンが「試合を想定して練習しよう!」と言っても、想定する試合は人…
  2. 戦術

    相手が強気で来る場面は、冷静に「動いてくる逆」を突いていこう
  3. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合、「マッチポイントをサービスエースで終わりたい」男子なら誰もが考える…
  4. ストローク

    アウトミスならOK、でいこう!
  5. メンタル

    「自分のテニスのモチベーションが上がらないとき」に実践したい4つのこと
PAGE TOP