ボレー

なぜ、アナタのネットプレーはポイントを取れないのか?

「T-PRESSで読んで、頑張ってボレーに出るようになりました!でも・・・」

そう、なかなかポイントを取れない、というお悩みを頂きます。

この問題を、どう解決していくのか。

まだまだ、ネットプレーへの意識を変えていかないといけないですね。

 

なぜ、アナタのネットプレーはポイントを取れないのか?

 


 

1.まずは出ること、それが大事だけど・・・

まず、ネットに出ること。

それ自体で、出ないよりは大成功です。

問題は、その先ですね。

シングルスでもダブルスでも、ネットに出てもプレッシャーを感じてくれない、強い相手も多い。

ミスしてくれない、しっかりとパッシングショットやロブを打って来る相手、にどう対抗していくのか。

そろそろ、この問題をしんけんい考えないといけない時期でしょう。

 

2.ネットに詰める、からボレーは決まる

ネットに出る、と一言で言っても「ネットとの距離感」は違う。

サービスライン付近に立ってのボレーと、ネット近く50cmに立ってのボレーでは全く違う。

だから、必要なのは意識を変えること。

どちらが、相手のプレッシャーになるのか、決まりやすいのか。

私は、「ネット近くまで詰めること」だと思いますよ。

シングルスなら厳しいですが、ダブルスならロブは後衛に任せても良い。

その代わり、前衛は「触ったら決める」くらいの感覚で、ネット近くでボレーしていく。

だから、決定力があるボレー、が打てるんです。

 

3.ネットで決まらない、ダブルスの典型例

並行陣でも、なかなかボレーが決まらない。

この理由は、簡単です。

2人とも、下がっているから。

ネットに出ているようで、2人共サービスラインくらいに立っているから、決定力が無い。

ここで粘って、ミスしてくれる相手なら良いですよ。

でも、しっかり打って来る、強い相手ならどちらかの選手はしっかり前に詰めないと。

前衛として、触ったら決まる、角度を付けられる場所に立っておかないと、決定力は上がらない。

この意識、すごく大事です。

その分、後衛はしっかりロブをケアする。

前後差をしっかり付けるダブルス、並行陣こそ、試合で強い相手にも勝てるダブルスです。

 

4.詰められる人、になろう!

思い切って、詰めましょう。

ネットを触れるくらいの場所で打つボレー、を試合で使っていく。

これに慣れること、が決定力の高いボレーを身に付ける第一歩です。

ほとんどの人は、詰め切れていない。

なぜなら、ロブが怖いから、抜かれたらコーチに指摘されるから。

本当にボレーでポイントが欲しいなら、捨てるところは捨てて、攻めないと。

この覚悟が無い人は、これからもずっと、中途半端なボレーしか打てないでしょう。

 

相手との距離も短くなる、ネットに詰めるって勇気が要りますよね。

だからこそ、リターン、得るものが大きい。

ラケットワーク、技術の問題じゃない。

ネットプレーは、ポジショニング次第。

これが理解出来た人から、決定力が高まっていくでしょう。

ピックアップ記事

  1. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    コントロールの良いネットプレーは、「ボールを飛ばす方向を見ない」ことから

    私がこのコツを掴んだのは高校一年生のとき。それまでは、打つ方向…

  2. テニス 技術
  3. テニス 練習

    ボレー

    なぜ、上級者のドロップボレーは触れないのか?

    みなさんも、試合で相手に打たれた経験、あると思います。「今の、…

  4. ボレー

    テクニカルなアングルボレーも、狙いは常に身体の近くに

    試合の中で、相手がいない場所にアングルボレー!カッコイイですよ…

  5. テニス ダブルス

    ボレー

    「毎日ちゃんとボレーボレー」でしっかり身に付くテニスの基本を再確認

    ボレーはどういう練習をしている?ボール出し練習?ボレー…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    自分が思っている以上に、ボレーでは手首をこねている

    ボレーが上手い人は、本当にどこにでも打てるような雰囲気がある。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ダブルス

    雁行陣でドロップショットを打たれたら、どちらの選手が拾うのが良い?
  2. その他

    失点した瞬間の態度を、対戦相手は必ず見ている
  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニス初心者が身に付けたい、「スマッシュの基本」4つ
  4. テニス 雑誌

    その他

    テニス専門誌を5年間全て購読し続けて、想うことをまとめてみました
  5. テニス ボレー

    戦術

    格下相手こそ、焦らずチャンスを待とう
PAGE TOP