ボレー

なぜ、アナタのネットプレーはポイントを取れないのか?

「T-PRESSで読んで、頑張ってボレーに出るようになりました!でも・・・」

そう、なかなかポイントを取れない、というお悩みを頂きます。

この問題を、どう解決していくのか。

まだまだ、ネットプレーへの意識を変えていかないといけないですね。

 

なぜ、アナタのネットプレーはポイントを取れないのか?

 


 

1.まずは出ること、それが大事だけど・・・

まず、ネットに出ること。

それ自体で、出ないよりは大成功です。

問題は、その先ですね。

シングルスでもダブルスでも、ネットに出てもプレッシャーを感じてくれない、強い相手も多い。

ミスしてくれない、しっかりとパッシングショットやロブを打って来る相手、にどう対抗していくのか。

そろそろ、この問題をしんけんい考えないといけない時期でしょう。

 

2.ネットに詰める、からボレーは決まる

ネットに出る、と一言で言っても「ネットとの距離感」は違う。

サービスライン付近に立ってのボレーと、ネット近く50cmに立ってのボレーでは全く違う。

だから、必要なのは意識を変えること。

どちらが、相手のプレッシャーになるのか、決まりやすいのか。

私は、「ネット近くまで詰めること」だと思いますよ。

シングルスなら厳しいですが、ダブルスならロブは後衛に任せても良い。

その代わり、前衛は「触ったら決める」くらいの感覚で、ネット近くでボレーしていく。

だから、決定力があるボレー、が打てるんです。

 

3.ネットで決まらない、ダブルスの典型例

並行陣でも、なかなかボレーが決まらない。

この理由は、簡単です。

2人とも、下がっているから。

ネットに出ているようで、2人共サービスラインくらいに立っているから、決定力が無い。

ここで粘って、ミスしてくれる相手なら良いですよ。

でも、しっかり打って来る、強い相手ならどちらかの選手はしっかり前に詰めないと。

前衛として、触ったら決まる、角度を付けられる場所に立っておかないと、決定力は上がらない。

この意識、すごく大事です。

その分、後衛はしっかりロブをケアする。

前後差をしっかり付けるダブルス、並行陣こそ、試合で強い相手にも勝てるダブルスです。

 

4.詰められる人、になろう!

思い切って、詰めましょう。

ネットを触れるくらいの場所で打つボレー、を試合で使っていく。

これに慣れること、が決定力の高いボレーを身に付ける第一歩です。

ほとんどの人は、詰め切れていない。

なぜなら、ロブが怖いから、抜かれたらコーチに指摘されるから。

本当にボレーでポイントが欲しいなら、捨てるところは捨てて、攻めないと。

この覚悟が無い人は、これからもずっと、中途半端なボレーしか打てないでしょう。

 

相手との距離も短くなる、ネットに詰めるって勇気が要りますよね。

だからこそ、リターン、得るものが大きい。

ラケットワーク、技術の問題じゃない。

ネットプレーは、ポジショニング次第。

これが理解出来た人から、決定力が高まっていくでしょう。

ピックアップ記事

  1. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    どんなに身体に近いボレーでも、1歩で踏み込まずに2歩で打てれば安定感が増す

    身体に近いところの、ボレーは難しい。そう感じること、ありますよ…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    片手バックボレー、左手の形をキープして安定感アップ!

    バックハンドボレー、しっかり打てるとカッコいいですよね。試合で…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    「パッシングで抜かれない選手」になる為に、意識したい5つのポイント

    パッシングショットですぐに抜かれてしまう・・・。シングルスでも…

  4. テニス スライス

    ボレー

    ネットに詰めたときのポーチで、「ネットすれすれの低いボールが来たとき」には、慌てず低い態勢に自分がな…

    テニスの試合で勝つのに必要な要素、たくさんありますが大事なのは想像力。…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーになると「呼吸を止めてしまう」人は多い

    リラックスしてストロークは打てるのに、ボレーになると急に力が入る人は多…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    ダブルスの試合に前衛で武器になる、「ポーチからのドロップボレー」は絶対に身に付けよう

    ポーチボレーで、前衛として攻撃していくのはダブルスの基本。特に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    何度でも言いますが「サーブを見直さない限り」、アナタに未来は開けない
  2. テニス ミス

    戦術

    「自分らしい失点、自分らしくない失点」という視点
  3. テニス ストローク

    ストローク

    当たり前だけど、「ネットに近ければ近いほど」ドロップ系のショットは打ちやすくなる…
  4. テニス ミス

    ボレー

    試合で使えるアングルボレーは、ネットと並行に!
  5. テニス メンタル

    メンタル

    結果を出せるテニス選手になりたければ、「うろたえ癖」を解消する必要があります
PAGE TOP