テニス リターン

フットワーク

構え直しは、ゴリ押しで

打った後の構え直し。

私は、ここにテニスの実力差って大きく出ると考えています。

試合慣れしている人は、とにかく打った後が早い。

慣れていない人は、打つ前までが早いだけ。

この差って、試合の中ではすごく大きくなっていきますよね。

 

構え直しは、ゴリ押しで

 


 

1.何となく準備、通用しない

実際に試合で、強い相手と戦うときはどうでしょう。

打った後の、少しの隙、油断、が致命傷になる。

自分が打つ前、まではみなさん集中力高めていけるんですけどね。

打った後は、もう緊張の糸が途切れてしまう。

何となく打った後に構え直す、ようだと絶対に遅れます、次のショットが。

何となくではなく、ゴリ押しで構え直す。

打つ前の態勢、をパッと作ること。

これが出来れば、試合は一気に強くなります。

 

2.自分のボールを、信じるところから

構え直しが遅くなる要因、それは色々あるでしょう。

初中級から中級、試合に出始めたばかりの人は、自分の打ったボールが不安だから見てしまう。

見てしまうから、構え直しが遅れてしまう。

自分で打ったボールは、もう打った後はどうしようも出来ない。

2回、3回と続けて打つことは出来ないのがテニスです。

自分が打ったボールを信じて、構え直す。

ここまでが仕事です。

 

3.1つのショットに、構え直しも含めること

構え直し、をショットの一部にしてしまう。

これが、私がお勧めする方法です。

片手のフォアハンドなら、打った後にラケットを持っていない腕、でラケットをキャッチする。

ボレーでもそうですよね。

ラケットをキャッチ出来れば、構え直して身体の前に持って来るのが楽になる。

打ち終わりがダイナミックで崩れていると、構え直す作業が大変になる。

この差が、試合の中では凄く大きくなっていくのがテニスです。

構え直す動作まで含めて、ショットのフォームなんだ、と。

この意識は、練習から大事です。

 

4.自分が打った直後から、構える動作を

よく「相手が打つ前に構える」と、教わることがあります。

それは、間違いではないですが、もっと早く、もっとゴリ押しで構え直したい。

だからこそ、「自分がボールを打った瞬間から、構える」に変えていきましょう。

ラケットを身体のどこに準備するのか、しっかり意識して引き寄せる。

ボレー同士の打ち合いなんて、打った直後にまた自分が打つ、ようなリズムですからね。

相手が打つ前に、なんて遅い、遅くなる。

言葉で意識を変えれば、全てが変わっていきます。

 

構え直しの意識を、一から変えていく。

自分から主体的に、アクティブに。

どうしても守備の意識が高くなりそうですが、実は構え直しって攻撃の第一歩。

しっかり構えていれば、今までの守備だって攻撃に変わりますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. 【学生限定 先着順!東京都練馬区開催】1,000円で3試合できる T-PRESS…
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. テニス ストローク
  2. フットワーク

    ワイドに来たら、斜め前に入る!

    強い相手との試合では、アナタは間違いなく走らされる。これを、…

  3. フットワーク

    ファーストボレーが安定している人は、何を考えてる?

    サーブから前に、アプローチから、リターンから前に。どんな形に…

  4. テニス ストローク

    フットワーク

    「これであなたもディフェンス力UP!!」テニスの試合では構え直すことで強くなる

    テニスが強くなるには攻撃力を上げないといけないんだけど、それ以上にディ…

  5. テニス ポジショニング

    フットワーク

    ストロークが強力な相手にこそ、アナタは下がってはいけない

    「また同じ話か・・・」と思ったみなさん。きっと、確実に強くなっ…

  6. テニス サーブ

    フットワーク

    打った後素早く戻るには、頭の位置をキープするのが一番

    打った後に、どうやって早く戻るのか。この問題、について考えてい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    その他

    セルフジャッジの試合で、「微妙な判定を自分に有利にジャッジする」度に、アナタは何…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスにおいて、速い球と重い球って全くの別物
  3. 戦術

    錦織選手がフェデラー選手に勝てた、その理由について
  4. テニス スマッシュ

    ボレー

    フォアハンドボレーでパンチ力を出したければ、「後ろではなく上」にラケットをセット…
  5. サーブ

    「セカンドサーブ」を、1つの基準にしよう
PAGE TOP