テニス リターン

フットワーク

構え直しは、ゴリ押しで

打った後の構え直し。

私は、ここにテニスの実力差って大きく出ると考えています。

試合慣れしている人は、とにかく打った後が早い。

慣れていない人は、打つ前までが早いだけ。

この差って、試合の中ではすごく大きくなっていきますよね。

 

構え直しは、ゴリ押しで

 


 

1.何となく準備、通用しない

実際に試合で、強い相手と戦うときはどうでしょう。

打った後の、少しの隙、油断、が致命傷になる。

自分が打つ前、まではみなさん集中力高めていけるんですけどね。

打った後は、もう緊張の糸が途切れてしまう。

何となく打った後に構え直す、ようだと絶対に遅れます、次のショットが。

何となくではなく、ゴリ押しで構え直す。

打つ前の態勢、をパッと作ること。

これが出来れば、試合は一気に強くなります。

 

2.自分のボールを、信じるところから

構え直しが遅くなる要因、それは色々あるでしょう。

初中級から中級、試合に出始めたばかりの人は、自分の打ったボールが不安だから見てしまう。

見てしまうから、構え直しが遅れてしまう。

自分で打ったボールは、もう打った後はどうしようも出来ない。

2回、3回と続けて打つことは出来ないのがテニスです。

自分が打ったボールを信じて、構え直す。

ここまでが仕事です。

 

3.1つのショットに、構え直しも含めること

構え直し、をショットの一部にしてしまう。

これが、私がお勧めする方法です。

片手のフォアハンドなら、打った後にラケットを持っていない腕、でラケットをキャッチする。

ボレーでもそうですよね。

ラケットをキャッチ出来れば、構え直して身体の前に持って来るのが楽になる。

打ち終わりがダイナミックで崩れていると、構え直す作業が大変になる。

この差が、試合の中では凄く大きくなっていくのがテニスです。

構え直す動作まで含めて、ショットのフォームなんだ、と。

この意識は、練習から大事です。

 

4.自分が打った直後から、構える動作を

よく「相手が打つ前に構える」と、教わることがあります。

それは、間違いではないですが、もっと早く、もっとゴリ押しで構え直したい。

だからこそ、「自分がボールを打った瞬間から、構える」に変えていきましょう。

ラケットを身体のどこに準備するのか、しっかり意識して引き寄せる。

ボレー同士の打ち合いなんて、打った直後にまた自分が打つ、ようなリズムですからね。

相手が打つ前に、なんて遅い、遅くなる。

言葉で意識を変えれば、全てが変わっていきます。

 

構え直しの意識を、一から変えていく。

自分から主体的に、アクティブに。

どうしても守備の意識が高くなりそうですが、実は構え直しって攻撃の第一歩。

しっかり構えていれば、今までの守備だって攻撃に変わりますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  3. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  4. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  5. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します

関連記事

  1. フットワーク

    とにかく速いボールを打ちたい!と、思っている方へ

    「ストロークで速いボールを打ちたい!」「サービスエースを取りた…

  2. テニス 攻撃

    フットワーク

    弾まないオムニコートでは、ポジションを前に!

    皆さんは、練習は毎日同じコートでも、試合は異なるはず。いや、練…

  3. フットワーク

    テニスの試合では、「ギリギリのボールをがむしゃらに処理しない」だけで得をすることが多い

    試合に勝てない選手には、共通点がある。攻撃され窮地に立たされる…

  4. テニス フットワーク

    フットワーク

    相手によって守備位置を変える、のはテニスにも必要なスポーツの基本

    今回のWBCの試合を観ていると、「守備のときのポジショニング」の重要性…

  5. テニス ポジショニング

    フットワーク

    試合の中でチャンスかどうかは、「自分が立っているポジション」で違ってくる

    自分のポジションを、しっかり把握しておくこと。アナタが思ってい…

  6. テニス メンタル

    フットワーク

    テニスにおける予測とは、「相手がどこに打つか?」だけだと足りない

    「この選手、やり辛いな・・・」という相手は、予測が鋭い。足がそ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ボレー

    意表を突いたボレー、が効果的な場面は?
  2. テニス チャンス

    練習メニュー

    「テニスの試合の現場で必要なもの」から優先して練習していけば、結果は自然について…
  3. テニス センス

    テニススクール

    省かれた言葉を、見つけ出せ
  4. その他

    アナタの成長をサポートできる、「優秀なテニスコーチ」を見極める方法5つ
  5. テニス サーブ

    サーブ

    「浅いスライスサーブ」が試合では必要な理由
PAGE TOP