ボレー

なぜ、アナタのネットプレーはポイントを取れないのか?

「T-PRESSで読んで、頑張ってボレーに出るようになりました!でも・・・」

そう、なかなかポイントを取れない、というお悩みを頂きます。

この問題を、どう解決していくのか。

まだまだ、ネットプレーへの意識を変えていかないといけないですね。

 

なぜ、アナタのネットプレーはポイントを取れないのか?

 


 

1.まずは出ること、それが大事だけど・・・

まず、ネットに出ること。

それ自体で、出ないよりは大成功です。

問題は、その先ですね。

シングルスでもダブルスでも、ネットに出てもプレッシャーを感じてくれない、強い相手も多い。

ミスしてくれない、しっかりとパッシングショットやロブを打って来る相手、にどう対抗していくのか。

そろそろ、この問題をしんけんい考えないといけない時期でしょう。

 

2.ネットに詰める、からボレーは決まる

ネットに出る、と一言で言っても「ネットとの距離感」は違う。

サービスライン付近に立ってのボレーと、ネット近く50cmに立ってのボレーでは全く違う。

だから、必要なのは意識を変えること。

どちらが、相手のプレッシャーになるのか、決まりやすいのか。

私は、「ネット近くまで詰めること」だと思いますよ。

シングルスなら厳しいですが、ダブルスならロブは後衛に任せても良い。

その代わり、前衛は「触ったら決める」くらいの感覚で、ネット近くでボレーしていく。

だから、決定力があるボレー、が打てるんです。

 

3.ネットで決まらない、ダブルスの典型例

並行陣でも、なかなかボレーが決まらない。

この理由は、簡単です。

2人とも、下がっているから。

ネットに出ているようで、2人共サービスラインくらいに立っているから、決定力が無い。

ここで粘って、ミスしてくれる相手なら良いですよ。

でも、しっかり打って来る、強い相手ならどちらかの選手はしっかり前に詰めないと。

前衛として、触ったら決まる、角度を付けられる場所に立っておかないと、決定力は上がらない。

この意識、すごく大事です。

その分、後衛はしっかりロブをケアする。

前後差をしっかり付けるダブルス、並行陣こそ、試合で強い相手にも勝てるダブルスです。

 

4.詰められる人、になろう!

思い切って、詰めましょう。

ネットを触れるくらいの場所で打つボレー、を試合で使っていく。

これに慣れること、が決定力の高いボレーを身に付ける第一歩です。

ほとんどの人は、詰め切れていない。

なぜなら、ロブが怖いから、抜かれたらコーチに指摘されるから。

本当にボレーでポイントが欲しいなら、捨てるところは捨てて、攻めないと。

この覚悟が無い人は、これからもずっと、中途半端なボレーしか打てないでしょう。

 

相手との距離も短くなる、ネットに詰めるって勇気が要りますよね。

だからこそ、リターン、得るものが大きい。

ラケットワーク、技術の問題じゃない。

ネットプレーは、ポジショニング次第。

これが理解出来た人から、決定力が高まっていくでしょう。

ピックアップ記事

  1. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  4. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの駆け引きで必要な、「フェイントを入れて誘うプレー」では、戻ったときのバランス感が大事

    テニスでは、他のスポーツほど「フェイント」に対する意識が低い。…

  2. テニス 打点

    ボレー

    テニスはいつも、「ラケット面真ん中に当たるのが一番」だと考えている人は、永遠に中級者止まりです

    「当たり前」だと思っていること、意外とテニスでも多い。私は高校…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    硬式テニスのボレーでは、打球が飛ぶ方向とフォロースルーの方向は、必ずしも一致しない

    ボレーのコントロール、皆さんはどんなポイントを意識していますか?…

  4. ボレー

    足下のボレーを克服する、5つの秘策

    みなさんも、ネットプレーで足下のボール、苦労しますよね。基本…

  5. テニス メンタル

    ボレー

    試合で意外とよく使う「ハーフボレーの感覚が分からない・・・」人は試して欲しい4つのアイデア

    ハーフボレー、しっかり返球できるとネットプレーに隙が無くなります。…

  6. ボレー

    ダブルスの試合で、力が入るとつい「コースが空いているのに相手にぶつける」ボレーになってはいませんか?…

    テニスにおいて、「視野が広い人、狭い人」の差が出る場面が試合では多くあ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    組み立ての基本は、楽なショットを空きスペースに
  2. テニス 戦術

    その他

    テニスを通じて、「誰とどこで戦うか?」を考えていけば、マーケティング力だって養え…
  3. テニス イベント

    練習メニュー

    練習していることは、試合で使わないと練習にも活かせない
  4. 戦術

    先を読むのは難しくない、行動することが難しい
  5. テニス シングルス

    その他

    他人と比べられたくない、という人はテニスに向いていない
PAGE TOP