ボレー

「試合が強い選手のボレーボレー」練習は、ココが違う!4つのポイント

普段、ウォーミングアップのときにやる機会も多いボレーボレー。

お互い近い距離でボレーでラリーする練習ですが、しっかり「練習」出来る選手は少ない。

フォアハンドだけのラリーになったり、つい「楽」してしまう練習になってはいませんか?

試合で強い人のボレーボレー、どこが違うのかピックアップしてみました。

 

「試合が強い選手のボレーボレー」練習は、ココが違う!4つのポイント

 


 

1.バックボレー多め

試合で使うボレー、結構バックボレーが多い。

身体の正面、のボールはバックボレーがでさばく機会が多いですからね。

意図的にバックボレーを練習しようと思わないと、ボレーボレーもどんどんフォア側を空けてまってしまう。

試合に勝てる選手は、この至近距離のラリーでしっかりバック側を練習しています。

 

2.9点の打ち分けを意識

相手のどこを狙うか。

ボレーボレーでも、ラリーの中でしっかり練習することが大事。

相手の狙いは、9カ所あることを覚えておきましょう。

正面、正面足元、正面上、フォアローボレー、フォアミドルボレー、フォアハイボレー、バックローボレー、バックミドルボレー、バックハイボレー。

この9カ所を、自分の9カ所からしっかり打てるように練習する。

9×9=81パターンのラリーが、ボレー同士でも可能だということを意識しましょう!

 

3.スライスボレーとフラットボレーの使い分け

スライス回転をかけたボレー、フラット気味のボレー。

この2種類をしっかりボレーボレーでも打ち分ける。

フラット気味のボレーは良い突き球、になりますし、スライスボレーは時間を作ることも出来る。

まずは2種類の回転、自分の中で使い分けること。

初心者の方でも、回転は2種類あって、自分が打っているのがどの種類か・・・を意識してみましょう。

試合で実際に使い分けられなくても、まず意識することが大事です。

 

4.速いスプリットステップ

ボレーボレーでも、しっかりスプリットステップ。

それも、速いタイミングでしっかり意識する。

ステップの着地が遅いと、それだけボレーの反応が遅れる。

ボレー同士のラリーですから、当然店舗は速い。

速いからこそ、上に高く飛ぶのではなく、沈み込むくらいのコンパクトなスプリットステップで。

ボレーボレーでしっかりしたステップが出来れば、他のショットは怖くありません。

 

ボレーボレー、もっともっと、見直されて良い練習。

そう、練習なんです。

中途半端な意識でウォーミングアップ程度にやるなんて、もったいない。

人数が多ければ、コート脇でも出来ますよね。

部活やサークル、でも実践していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    前に詰めてのドロップボレー、はなぜ決まりやすいのか?

    ドロップボレーが甘くなる、なかなか決まらない・・・と、悩んでいるみなさ…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    テニスにおいて相手が前に詰めて来る、ということは「上が空く」ということ

    「そんなの当たり前じゃないか」と思う方がほとんどでしょう。…

  3. ボレー

    ボレーの基本中の基本、「ラケット面を上に向けてフォロースルー」を徹底すれば、試合でミスは激減します

    ネットプレーが苦手なプレイヤーの多くの共通点は、ラケット面が安定してい…

  4. テニス 言葉

    ボレー

    ローボレー、ハーフボレーを、返せない本当の理由

    テニスの技術の中で、これが苦手という方は多いでしょう。低い位…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    中級と上級の差、ハイボレーをふかしてアウトしてしまう人は、「横向きの抑え」が足りない人がほとんど

    テニスは上のレベルになるとポイントゲット、ゴールゲットのスポーツ。…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    「下がりながらやっと届いたバックハンドハイボレー」から態勢を戻しつつ攻撃する、アングルの発想とは?

    バックハンドのハイボレーは、テニスで一番打つ時に力が入り辛い場所。…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    ティエム選手の片手バックハンド、は私たちにも真似出来るのか?
  2. ストローク

    ストロークの準備に苦手意識がある人は、「ラケットダウンスタートストローク」を試し…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの試合で本当に強い前衛は、ポーチボレーの後にも全く隙が無い
  4. テニス メンタル

    フットワーク

    気が付いていないだけで、スプリットステップにはある秘密がある
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「回り込みフォアハンド」を活かす為に意識したい5つのポイント
PAGE TOP