ボレー

「試合が強い選手のボレーボレー」練習は、ココが違う!4つのポイント

普段、ウォーミングアップのときにやる機会も多いボレーボレー。

お互い近い距離でボレーでラリーする練習ですが、しっかり「練習」出来る選手は少ない。

フォアハンドだけのラリーになったり、つい「楽」してしまう練習になってはいませんか?

試合で強い人のボレーボレー、どこが違うのかピックアップしてみました。

 

「試合が強い選手のボレーボレー」練習は、ココが違う!4つのポイント

 


 

1.バックボレー多め

試合で使うボレー、結構バックボレーが多い。

身体の正面、のボールはバックボレーがでさばく機会が多いですからね。

意図的にバックボレーを練習しようと思わないと、ボレーボレーもどんどんフォア側を空けてまってしまう。

試合に勝てる選手は、この至近距離のラリーでしっかりバック側を練習しています。

 

2.9点の打ち分けを意識

相手のどこを狙うか。

ボレーボレーでも、ラリーの中でしっかり練習することが大事。

相手の狙いは、9カ所あることを覚えておきましょう。

正面、正面足元、正面上、フォアローボレー、フォアミドルボレー、フォアハイボレー、バックローボレー、バックミドルボレー、バックハイボレー。

この9カ所を、自分の9カ所からしっかり打てるように練習する。

9×9=81パターンのラリーが、ボレー同士でも可能だということを意識しましょう!

 

3.スライスボレーとフラットボレーの使い分け

スライス回転をかけたボレー、フラット気味のボレー。

この2種類をしっかりボレーボレーでも打ち分ける。

フラット気味のボレーは良い突き球、になりますし、スライスボレーは時間を作ることも出来る。

まずは2種類の回転、自分の中で使い分けること。

初心者の方でも、回転は2種類あって、自分が打っているのがどの種類か・・・を意識してみましょう。

試合で実際に使い分けられなくても、まず意識することが大事です。

 

4.速いスプリットステップ

ボレーボレーでも、しっかりスプリットステップ。

それも、速いタイミングでしっかり意識する。

ステップの着地が遅いと、それだけボレーの反応が遅れる。

ボレー同士のラリーですから、当然店舗は速い。

速いからこそ、上に高く飛ぶのではなく、沈み込むくらいのコンパクトなスプリットステップで。

ボレーボレーでしっかりしたステップが出来れば、他のショットは怖くありません。

 

ボレーボレー、もっともっと、見直されて良い練習。

そう、練習なんです。

中途半端な意識でウォーミングアップ程度にやるなんて、もったいない。

人数が多ければ、コート脇でも出来ますよね。

部活やサークル、でも実践していきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス メンタル
  2. テニス 粘り

    ボレー

    クロスボレーを磨けば、試合でのボレーのネットミスは減るはず

    試合で、「ボレーのネットミス」が多い方。ちょっと、思い出してみ…

  3. ボレー

    ローボレーは、ボールを飛ばす角度を覚えればすごく楽

    低い位置でのボレー、それでも返球は甘くならないようにしたい。コ…

  4. テニス メンタル

    ボレー

    「パートナーのサーブが遅い!」だからこそポーチに出れる、逆転の発想とは?

    ダブルスの前衛にいるときは、ボレーも得意だからたくさんポーチに出たい!…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    毎回毎回、「前に踏み込むボレー」なんて、試合では無理です

    より、実戦的に考えるなら、ボレーはどうあるのが望ましいでしょうか?…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    「バックのハイボレー強化!」一番力は入らないショットの対策とは?

    「困った時にはバックのハイボレーを打たせよう!」そう考えたこと…

特集記事

  1. テニス メモ

    メンタル

    メンタルを安定させる「メモ・テニスノート」の活用方法とは?
  2. テニス コート

    戦術

    負けた後に試合会場に残る人は、必ず強くなる
  3. テニス メンタル

    メンタル

    定期的に「自分自身と対戦する」ことをイメージすると、テニスの成長は早くなる!
  4. ストローク

    「しっかり下がって打ちましょう」というアドバイスは、時代遅れ
  5. テニス知識

    これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
PAGE TOP