テニス サーブ

サーブ

サーブのときのトスアップの腕、しっかり最後まで活用すれば安定感がアップ!

サーブで見落とされがちな大切な技術に、トスアップの腕の使い方があります。

トッププロ選手は皆、しっかりとトスアップ後も残してきれいなポーズができていますよね。

ここにはきっと、アナタのサーブを大幅に改善するヒントが隠されているはずです。

 

サーブのときのトスアップの腕、しっかり最後まで活用すれば安定感がアップ!

 


 

■トスアップの腕は、残すことで身体のバランスが保たれる

トスを上げると、その腕の仕事は終了・・・と考えていませんか?

この腕をしっかり上げたままで残しておくと、身体の軸が保たれて打点が安定することはあまり知られていません。

トスを上げた腕と、自分の顔の間にトスアップしたボールを見れるようにすると、肩が入った美しいサーブのフォームになります。

 

■腕は身体の前に下ろして、開きを抑える

ラケットを上に降り出す動作が始まれば、腕を胸の前にもってくることで身体の開きが抑えられます。

手のひらを自分の方向に向けて、スッと下すように胸の前に。

こうすることで、ラケットの加速をサポートすることもできて効果的です。

 

■ラケットを持つ腕に意識を置き過ぎない、為に反対の腕を意識する

サーブってどうしても、力が入りますよね。

特にラケットを持つ腕に意識がいき過ぎると、サーブに限らずテニス全般ぎこちなくなってきます。

サーブのときの意識は、トスアップを上げた腕中心にしてみましょう。

そうすることで、ラケットワークが非常にリラックスされた状態になり、ボールに力を伝えやすくなるはずです。

 

サーブは身体の動きを制限して、なんぼです。

身体の自然な動きに任せて自由に動かしていると、サーブだけでなくテニス全体がいつまで経っても安定しません。

その変えていく一つの手段として、このトスアップの腕の動きを意識することは本当にお勧めです。

次回のサーブ練習から、ぜひ試してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. テニス フットワーク

    サーブ

    リターンでポジショニングを前に取ってくる相手には、「センターへの厳しいサーブ」は絶対に必要です

    攻撃的なリターンは、しっかり前に踏み込んでライジングで捕えることが、も…

  2. サーブ

    改めて見直したい、サーブの基本中の基本5つ

    サーブを打って、ラリーが始まる。どんなレベルでも種目でも、テニ…

  3. サーブ

    センターへサーブを打つ、ということは・・・どういうこと?

    試合の中で、センターへサーブを打つ。よくある光景ですが、実はこ…

  4. テニス ストローク

    サーブ

    ダブルスの試合で、「センターにサーブを打ちたいなら、センター寄りに立つ」基本を、もう一度見直そう

    サーブをしっかりセンターに打ちたいけど、狙っても失敗ばかり・・・な人。…

特集記事

  1. 戦術

    アグレッシブにいく、その線引きは?
  2. テニス ストローク

    戦術

    「コイツは、いつ試合しても変わって無いな」と思われた時点で、アナタの負けです
  3. テニス ウェイト

    テニス知識

    テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ライジングショットのコントロールは、「しっかり縦のスウィング」で
  5. テニス トレーニング

    その他

    テニスが強くなりたければ、「まずは今いるチームの中で、一番になる」全ては、それか…
PAGE TOP