テニス 粘り

その他

テニス部で「なるべくボールを長持ちさせたい」なら意識したい5つのこと

テニス部の死活問題、それはボール代・・・じゃないですかね。

少なくとも私はそうでした・・・。

毎月500円の部費を小遣いの中から出すのも厳しかったのを、今でも覚えています。

テニスボールをしっかり管理する、その為に必要なのは部員みんなの共通意識。

ぜひ、部活やサークルで意識して欲しいポイントです。

 

テニス部で「なるべくボールを長持ちさせたい」なら意識したい5つのこと

 


 

1.空気圧を管理する

練習を終えた後に、必ずボールの空気圧のチェックは行いましょう。

空気が抜けたボールは、しっかり分別する。

抜けたボールはトレーニングなどで活用し、実際にラケットで打つような練習には使わないこと。

しっかり管理することで、大事なボールという意識が生まれる。

チームで大事なボールを管理している、という意識の醸成が大事です。

 

2.湿気を避けて保管する

フェルトでまかれたボールは、湿気に弱い。

湿気がこもるような場所にボールを置いておくと、傷むのが早くなってくるので注意が必要です。

部室に選択モノを干したり、湿気の基になるような元凶、ありませんか?

今すぐテニスボールの為にも、湿気の原因は取り除きましょう。

 

3.深いカゴに入れない

なるべく上にボールが乗らないようにしておく、だけで空気の抜けは抑えられます。

カゴに入れて管理、は問題無いのですが、あまりに上にボールを重ね過ぎると痛みも速くなる。

出来るだけ平たい感じにして保管するだけで、かなりボールの空気の持ちは良くなるはずです。

 

4.汚れをふき取る

クレーコート、オムニコートでは砂がどうしてもボールに付着する。

そのまま打っていると、小さい粒子とラケットが当たるときにパンクのようなことが起きてしまう。

小さいことですが、練習後、または練習中にボールの砂を落とすような癖を付けると、自然とボールも長持ちする。

愛情を込めて、ボールをキレイにしていると、ボールは応えてくれる。

ボールを大切に出来ない選手、チームに未来はありません。

 

5.紛失を防ぐ

練習終了後には、しっかりボールを集める、練習コートに残さない。

当たり前ですが、1球たりとも残さないチームって少ない。

空気が抜けていくボールと同じくらい、無意識に紛失していくボールも多い、ことを意識しましょう。

みんなで買った大事なボール、しっかりとコスト意識を持つ。

意識を持って、みんなで管理することの意識付け、大事です。

 

ボールを大切にするチームは、間違いなく強くなる。

これはたくさんのチーム、部活、サークルを観てきた私の経験則です。

お金が無い、と言っているチームほど、ボールを無くしたり雑に扱っている。

もっともっと、大事にしてください。

きっとテニスボールはそんなアナタに応えてくれるはずです。

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス 疲れ
  2. テニス 感覚

    その他

    「2015年 インターハイ テニス会場」に行って良かった感じたこと5つ

    今回は少し趣向を変えて、開幕した近畿インターハイ会場について。…

  3. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合は、圧倒的に「ボールを打っていない」時間の方が長い

    テニスの試合は、自分がボールを打つ瞬間とその他、の時間の繰り返し。…

  4. テニス メンタル

    その他

    「テニススクール通いで試合に強くなる」為に必要な意識とは?

    読者の皆さんの中にも通っている方が多くいるであろう、テニススクール。…

  5. その他

    「今年こそしっかり目標を立てて、テニスを強くなりたい!」と考える人に贈る、正しい目標設定の方法

    一年の計は新春にあり。皆さんもそれぞれ、テニスの目標を立てて今…

  6. テニス 練習

    その他

    「何を教わった?」よりも、「何に気付いた?」で子供は変わる

    読者のみなさんの中には、自分のお子さんにテニスを教えている方も多いよう…

特集記事

  1. ストローク

    ネットプレイヤー対策としての「浮かないスライス」は、ボールの下ではなく横を触って…
  2. テニス リーダー

    メンタル

    嫌われることを恐れている人は、「真のリーダー」にはなれない
  3. テニス メンタル

    その他

    「試合を勝ち進んでいく」ということは、敗者の想いを背負っていくということ
  4. テニス メンタル

    戦術

    自分は「何を軸に勝負していくのか?」を考えてみよう
  5. テニス ストローク

    ストローク

    相手ボレーヤーのどこを狙うのか、を明確にしよう
PAGE TOP