テニス 戦術

リターン

セカンドサーブからのリターンダッシュ、はロブケアとセットで実行しよう

ダブルスの試合で、相手のセカンドサーブ。

リターンの場面で、ここは強気にいきたいところ、ですね。

まずは前に出る、しっかり並行陣でプレッシャーをかける。

相手の考えていることを想定してみて下さい。

きっと、ロブという選択肢をケアしないといけない、となりますよ。

 

セカンドサーブからのリターンダッシュ、はロブケアとセットで実行しよう

 

1.相手はロブ、で逃げて来る

セカンドサーブで、相手がサーブ&ボレーして来ない、ような場面。

こういう時には、まずロブを警戒したい。

こちらがセカンドサーブをリターンして前に出る、2人で並行陣のような恰好になれば、きっと相手は逃げて来ます。

サーブを打つこと、入れることで精いっぱいなレベルの方も多いですからね。

相手が前に来ると、とっさに上、に逃げたくなるんですよ。

これを、逃す手は無い。

前衛と一緒に、しっかりケアしていきましょう。

 

2.前に出るのは、ロブを誘う為

ぜひ、リターンするアナタと、味方の前衛、で示し合わせておきましょう。

サーブを打ったら少し下がって、ロブを誘う。

そこをしっかり、スマッシュを打とう!と。

もし相手が普通に返球して来たら、普通の並行陣に戻せば良い。

慌てず、まずはスマッシュチャンスを作りたいんですよね。

その為の、リターンダッシュからの並行陣、ですから。

ダブルスで連携すれば、相手のサーバーにしっかりプレッシャーをかけられる。

きっと、サービスブレイクも見えてくるはずです。

 

3.相手のサーバーを、絶望に追い込もう

イメージするだけで、苦しいですよね。

自分は何とかセカンドサーブを入れても、それを打って前に出る、ロブで逃げてもスマッシュを打たれる。

恐らく、かなり落ち込んでサーブを打ちたくなくなる。

焦ってどうして良いか分からない、となるはずなんですよ。

初中級レベルの相手なら、これで充分メンタルを折れる。

相手が逃げたいところを、ペアでふさぐ。

リターンダッシュからのロブケア、はその基本ですよ。

 

4.並行陣への対抗策が、ロブしかないとこうなってしまう

実は、こういう方多いんです。

相手が前に来たら、もうロブしかない。

なぜなら、それである程度ポイントが取れてしまうから、です。

スマッシュが苦手な人も多いですからね。

もっと上のレベルになれば、きっちり足元に沈めて来るような相手もいますが、ここが一つの壁でしょう。

アナタ自身、厳しいと思いませんか?ロブしかない・・・となると。

だからこそ、自分は選択肢を拡げるような練習をする。

ロブしか打てない相手は、そこをふさぐ。

これで楽に、ダブルスは勝てるはずですよ。

 

リターンゲームこそ、ちょっとした工夫で楽に取れる。

これは、ダブルスならではでしょう。

リターンダッシュ、セカンドサーブからは特に有効です。

アナタ自身、ぜひ磨いてみて下さい。

キーワードは、ペアと連携して、ですね!

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  3. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  4. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    「ダブルスでリターンのサイドはどうやって決める?」参考にしたいテニスの試合巧者の考え方

    皆さんは、ダブルスで得意なサイドはありますか?組むペアによって…

  2. リターン

    ダブルスのリターンダッシュ、からの並行陣は必須の戦術です

    ダブルスの試合のリターンゲーム。みなさん、どういう戦い方がメイ…

  3. テニス ボレー

    リターン

    試合に出て恥ずかしくないリターンに、最短1ヶ月で近付ける方法

    試合に始めて出た時のこと、みなさんは覚えてますか?一番苦戦した…

  4. テニス 練習

    リターン

    「セカンドサーブを叩ける」相手には、ペアで息を合わせて!

    ちょっとしたコツですが、ダブルスの試合での声の掛け合い方について。…

  5. テニス サーブ

    リターン

    ファーストサーブを攻略しないと、流れは来ない

    「相手のセカンドサーブを、攻撃しよう!」これは、T-PRESS…

  6. テニス ストローク

    リターン

    試合で相手のサーブの調子が良い時には、先読みして鼻をへし折ろう

    相手のサーブの調子が良い。そんなとき、試合でどうやって対応する…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. その他

    「一年生はボール拾いとランニング」のテニス部に未来は無い
  2. テニス スマッシュ

    ストローク

    ワイパースウィングの時は、下のエッジに引っ掛けるイメージで
  3. メンタル

    伸び悩みの時期、は必ず終わります
  4. テニス メンタル

    戦術

    陽射しが強い屋外コート、での戦い方は?
  5. ストローク

    フォアハンドストロークのパワーアップ、左手使えてる?
PAGE TOP