リターン

ショートクロスリターン、からの展開でダブルスは楽に戦える

ダブルスの試合で、リターンからの攻撃パターン。

簡単じゃないですけど、これが出来ると、学生からベテランの方までダブルスがすごく戦いやすくなる。

相手のセカンドサーブでの、攻撃パターンでの一つとして、ぜひ。

持っておくと、強い相手でもアグレッシブに戦えるはずです。

 

ショートクロスリターン、からの展開でダブルスは楽に戦える

 


 

1.リターンから、浅いショートクロスで勝負

まず、狙いをハッキリさせましょう。

サーブを打った相手を、前に走らせる。

そして、浅いボールの処理をいきなり、突きつけるような感じです。

一歩間違えば甘いチャンスボール、のような感じになりますが、相手はサーブに必死なはず。

そこまで前にダッシュ、出来ないと思いますよ。

特に、雁行陣を主軸に戦ってくるようなストロークタイプの選手には、効果的な作戦になるはずです。

 

2.相手を前に引っ張り出せれば、大成功!

相手は、いきなり前に走ることで慌てるはず。

まず、これが出来れば大成功です。

後衛の選手を、前に引っ張り出す。

コチラ側の前衛は、ストレートをしっかり塞いでおけばOK。

きっと、相手はクロスにやっと返して来るか、ストレートロブもあるでしょう。

並行陣に慣れていないような相手は、後衛の選手が打った後に下がるような陣形、になるかも知れませんね。

とにかく、安心出来るベースラインから前に出させる、ような戦い方にもっていくことが大事です。

 

3.スライスを使うのが、一番効果的!

でも、相手のサーブをいきなりショートクロス、は難しい。

と感じている人も、ぜひスライスにトライしてみて欲しいんです。

前に入って、相手のサーブをライジングショットで打つようなイメージ。

ボレーのように、コツンと合わせるようなイメージで。

何度もトライしていくこと、が大事ですよ。

狙いは相手のセカンドサーブ。

セカンドサーブならそこまで深いサーブは来ないし、入った瞬間に相手は安心しているはず。

ぜひ、ダブルスの試合で使ってみて下さい。

 

4.リターンの攻撃バリエーションが少ないと、試合では勝てない

ダブルスの試合では、リターンのバリエーションは必須。

相手の前衛もいますから、より打てるコースには広がりが欲しいんですよね。

今回ご紹介したこのリターンも、ショートクロスですから相手の前衛に捕まる可能性は低い。

それに、捕まっても慌てる必要は全くないですからね。

低い位置でのポーチ、ならまた拾えるチャンスもある。

だからこそ、しっかりアナタ自身が実行することが大事。

ショートクロスリターンだけじゃなく、ロブやストレート、同じ構えから打てるとダブルスはすごく強くなると思いますよ。

 

ショートクロスは、ラリーの中で使うショット。

こういうイメージが強いかも知れません。

でも、リターンからいきなり、というのはすごく有りです。

ただし、それなりに練習は必要です。

後はやるかやらないか、アナタ次第です。

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  3. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  4. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. テニス リターン

    リターン

    どこかで本気で狙っていくリターンゲームが必要です

    本気で狙って、ゲームを獲りにいく。これは、上のレベルの試合にな…

  2. テニス 練習

    リターン

    「セカンドサーブを叩ける」相手には、ペアで息を合わせて!

    ちょっとしたコツですが、ダブルスの試合での声の掛け合い方について。…

  3. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で「リターンから強気に攻撃する」ために必要な練習方法5つ

    リターンが得意、苦手、というのは差が激しい。特に一般や学生の皆…

  4. リターン

    リターンでの左利きシフトは、大胆に

    試合で相手が左利き、自分がアドバンテージサイドでのリターン。か…

  5. リターン

    リターンダッシュでのプレッシャーのかけ方、が上手い人の共通点5つ

    「一番得意な戦術、は何ですか?」と聞かれたら、私は迷わずこう答えます。…

  6. テニス 前衛

    リターン

    前衛にポーチに出られたくなければ、「眼」を積極的に合わせにいこう

    ダブルスの試合、リターンで何が嫌って・・・相手前衛のポーチ、ですよね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ロブ

    ストローク

    身長が高いテニスプレイヤーは「ボディへのアタック」から崩す、が大原則です
  2. テニス ストローク

    シングルス

    フォアハンド側を6割空けて待つことで、バランスの良いポジションに
  3. その他

    「高校2年生のテニスコーチデビュー」を経験できたことで得れたもの
  4. テニス サーブ

    戦術

    「自分の得意なボール」で勝負したくなる、のがテニスの試合では怖い
  5. テニス知識

    試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
PAGE TOP