テニス ストローク

リターン

並行陣を崩すには、ファーストボレーをさせるところから

前に詰めて来る相手に、プレッシャーを感じてしまう方へ。

サーブ&ボレー、何も恐れる必要はありません。

私が試合でいつも意識しているのは、これだけです。

並行陣対策、まずはこの基本から見直してみましょう。

 

並行陣を崩すには、ファーストボレーをさせるところから

 


 

1.ファーストボレーをさせて、そこからスタート!

どんどん、相手にボレーさせましょう。

前に出て来る相手、これにビビってアウト、ネット、安易なロブが一番もったいない。

プロ選手のダブルスを見ても、ファーストボレーをさせてからその次、のボールで攻めていくペアが多い。

ストロークが強力な選手でも、リターンはまず相手に返す、低く遅いボールで充分有効。

相手にファーストボレーをさせれば、まずは成功という感覚は大事です。

そこまでいかないで失点、が一番もったいないですから。

 

2.自分がサーブ側になったつもりで、考えてみれば

すごく分かります。

サーブ&ボレーをするときに、ファーストボレーを打つのってあまり良い気分じゃない。

プレッシャーをかけて、出来ればミスしてくれたり、ロブや浮いたボールが欲しいんですけどね。

しっかり沈めたリターンって、そこから攻めるのは難しいじゃないですか。

自分がサーブ側になって、嫌なことを相手にさせてみる。

となると、まずはファーストボレーを低い位置で打たせること、に尽きるでしょう!

 

3.リターンを沈めるには、基本が大事

ネットよりも低い位置で、相手にボレーさせる。

そのために必要なのは、リターンの高い打点ですね。

リターンの打点が低いと、そこから持ち上げて更に沈めないといけないですから、至難の業。

打点が高いと、そのままネットを越えて低い位置に角度を付けて沈める、攻撃的なリターンも打てます。

ですが、あくまで無理はしない、相手にボレーさせるのが狙いですから。

欲を出してリターンで強打しないこと、を意識して高い打点で打っていきましょう。

 



 

4.ファーストサーブ、リターンで無理する必要は無い

特に、相手のファーストサーブが入って来た時、には大事な意識です。

相手にファーストボレーをさせる、これでもう大成功。

サーブを打った相手に、もう一度触らせるだけでOK。

セカンドサーブになったら、もっと前に入って攻撃的にいくのも良いでしょう。

ですが強いペアは、しっかりファーストサーブを入れて来ますからね。

無理しないで、しっかりファーストボレーをさせる、打たせてみる。

繰り返しますが、これが対並行陣には大事なポイントです。

 

5.お勧めの練習法

しっかり前に入ってリターン、クロスに低く沈める練習をしましょう。

クロスでサーブを打ってリターン、ファーストボレーまでのラリーをする。

そこから先は、時間がもったいないので繋げない。

サーブ側の選手も、ファーストボレーまではしっかりクロスに返す、良い練習になります。

サーブやリターンの強打に頼らないこと、あくまで相手にやらせる意識を優先で。

ぜひ、チームで取り組んでみて下さい。

 

相手は、そう簡単にファーストボレーからは攻めて来れない。

しっかり低い位置で打たせれば、もう主導権はアナタ自身の側にあるでしょう。

無理してリターンミス、が一番痛いですからね。

相手に打たせる勇気、やらせる勇気、を持って試合に臨みましょう。

ピックアップ記事

  1. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  2. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  5. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について

関連記事

  1. テニス リターン

    リターン

    リターンでバックハンド側のサイドのときには、身体を逃がしながらバックバンドリターンが有効

    リターンで、どうも回り込みフォアハンドが調子が悪いとき。右利き…

  2. リターン

    リターンダッシュでのプレッシャーのかけ方、が上手い人の共通点5つ

    「一番得意な戦術、は何ですか?」と聞かれたら、私は迷わずこう答えます。…

  3. リターン

    相手のサーブを予測する、ことに貪欲になろう

    もっともっと、貪欲になって欲しいポイント。それは、みなさんの…

  4. テニス メンタル

    リターン

    リターンで構えた時に「ラケットをクルクル回す」、のにはちゃんと意味があります

    リターンで構えたときに、ラケットをクルクル回す選手、多いですよね。…

  5. テニス ストローク

    リターン

    「ショートアングルへのリターン」がしっかり打てると、ダブルスの試合では大活躍です

    ダブルスの試合では、リターンのプレッシャーが厳しい。シングルス…

  6. リターン

    両手バックハンドリターン、肩をぶつけるつもりでアタックしよう

    両手バックハンドリターンで、コントロール良く攻撃していく。その…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 確率

    戦術

    テニスの試合で一番嫌なのは、「何かを仕掛けて来る選手」じゃないですか?
  2. テニス メンタル

    日々の雑記

    大きな喪失感を目の前にして、人は初心、原点に立ち戻れる
  3. テニス ボレー

    ボレー

    前衛で動きまくった後は、「動かないこと」が最高のフェイントになる
  4. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの雁行陣で下がった相手には、ショートクロスで攻めるのが有効
  5. サーブ

    苦労してキープしている方が、意外と勝っちゃうのが試合
PAGE TOP