テニス ボレー

ダブルス

相手並行陣のサーブ&ボレーを崩すには、遅いリターンに限る

ダブルスの試合で、相手のサーブ&ボレーを崩していきたい。

リターンから、相手にプレッシャーをかけていかないと、どんどん自信を持ってプレーされてしまいますよね。

ただ、やみくもに速いリターンだけ、で攻撃しても相手の思うツボ。

サーブ&ボレーを崩すには、上手く味方の前衛を使わないとダメです。

 

相手並行陣のサーブ&ボレーを崩すには、遅いリターンに限る

 

1.アナタが前衛にいる、と考えて欲しい

リターン側の前衛で、相手がサーブ&ボレー、だったら、何を考えますか?

「何とか沈めてくれれば、ポーチに出て助けたい!」と思いますよね。

でも、実際の試合はどうでしょう。

速いリターンばかりで、結局クロスラリーで終わってしまう、ようなこと多くないですか?

男子ダブルスで、強そうに見えるのになかなか勝てないのは、こういうリターンゲームが多いはず。

もっと、味方の前衛を使ってあげないと。

そう考えると、速いリターンよりも遅いリターン、が必要。

並行陣をプレーしている人なら、分かるはずです。

 

2.遅いボールは、意外とボレーし辛い

良いサーブを打って、良いファーストボレーで相手を追い込みたい。

並行陣側のサーバーは、こう考えているのが基本。

でも、良いボレーって実は「遅く緩いリターン」だと難しいんですよ。

パ―ン!と打ってくれた方が、楽。

遅いボールだと、相手の前衛も視界に入りますし、時間があるのでポーチにも動かれる。

遅いリターン、それも足下でファーストボレー、みたいなシチュエーションを作れるかどうか、がリターン側の鍵になります。

速いリターン、はむしろ相手を助けてしまうだけですけどね。

 

3.遅いリターンを打って、リターン側からプレッシャーをかける

これが出来ると、相手のサーブ側は本当に嫌。

ファーストボレーを浮かせられないし、相手も前に詰めてきている・・・ような感じですからね。

並行陣ですけど、ボレーを低い位置で打たされている時点で辛いですから。

まず、ダブルスの試合ではリターンゲーム、こういう場面を増やしましょう。

きっと相手は、前衛を警戒してストレートに展開してくるケースも増えるはず。

でも、焦る必要はありません。

遅いリターンを打っているうちは、リターン側にも打った後に時間がある。

後衛がカバーも出来るし、前衛がフェイントを入れてストレートに誘う、ということも出来るはずですから。

 

4.遅いリターン、を打つ勇気を持とう!

速く打たないと、やられてしまう・・・と、思わないこと。

遅いリターンで充分なんですよ、実際。

速いリターンはミスも多いですし、相手も返球しやすい。

遅いボールをたくさん見せておいて、そこからの突き球、としては有効だと思いますけどね。

まずは基本は、遅いリターンで良い。

回転をしっかりかけて、スライスも有効でしょう。

そのまま前に出て、並行陣に対してこちらも前で勝負する、くらいの意識を持ちましょう!

 

相手にボレーをさせる、それを低い位置で。

遅いリターン、時間を作れば前衛も上手く動いてくれます。

良いリターンって、こういう目立たない渋い遅さ、があるんですよね。

派手なプレーよりも、堅実で上手いプレー。

試合で勝てるのは、こういう地道なプレーを継続しているペア、でしょう。

ピックアップ記事

  1. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス 守備

    ダブルス

    「ダブルスで勝てないペア、選手が陥りがちな8の字ラリー症候群」アナタは大丈夫ですか?

    テニスを最初に始めたときに、4人でコートに立つとみんなでボールを回して…

  2. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合では、後ろが見えない前衛に対して「上げる!」の一声は必須

    ダブルスの試合、どうしても厳しいボールはロブを使うことも良い選択。…

  3. ダブルス

    相手の前衛の影響範囲は、相手によってかなり違うという事実

    ダブルスの試合で、ここをしっかりと意識しておきたい。「前衛」ほ…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの並行陣のメリットは、「相手に打つところが無い」という光景を見せられる点が一番

    高校生の方から、こんな質問を頂きました。「ダブルスで2人が前の…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    「この1本なんだ!」という息を合わせていけるペアが、本当に強いダブルスペア

    試合で強いダブルスペア、それって技術的な部分だけじゃない。本当…

  6. ダブルス

    ロブに弱いダブルス、から強いダブルスへ!

    ダブルスの試合、とにかくロブに苦手意識がある方へ。前衛にロブ、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合、「弱い側から動く」ことが出来ないから勝てないんです
  2. テニス知識

    雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  3. フットワーク

    相手からクロスに打たれて、下がってストロークは厳しい
  4. シングルス

    シングルスの試合で、アウトミスを減らす簡単な方法
  5. テニス シューズ

    戦術

    迷ったら強気、と試合前に決めておくこと
PAGE TOP