テニス ボレー

ダブルス

相手並行陣のサーブ&ボレーを崩すには、遅いリターンに限る

ダブルスの試合で、相手のサーブ&ボレーを崩していきたい。

リターンから、相手にプレッシャーをかけていかないと、どんどん自信を持ってプレーされてしまいますよね。

ただ、やみくもに速いリターンだけ、で攻撃しても相手の思うツボ。

サーブ&ボレーを崩すには、上手く味方の前衛を使わないとダメです。

 

相手並行陣のサーブ&ボレーを崩すには、遅いリターンに限る

 

1.アナタが前衛にいる、と考えて欲しい

リターン側の前衛で、相手がサーブ&ボレー、だったら、何を考えますか?

「何とか沈めてくれれば、ポーチに出て助けたい!」と思いますよね。

でも、実際の試合はどうでしょう。

速いリターンばかりで、結局クロスラリーで終わってしまう、ようなこと多くないですか?

男子ダブルスで、強そうに見えるのになかなか勝てないのは、こういうリターンゲームが多いはず。

もっと、味方の前衛を使ってあげないと。

そう考えると、速いリターンよりも遅いリターン、が必要。

並行陣をプレーしている人なら、分かるはずです。

 

2.遅いボールは、意外とボレーし辛い

良いサーブを打って、良いファーストボレーで相手を追い込みたい。

並行陣側のサーバーは、こう考えているのが基本。

でも、良いボレーって実は「遅く緩いリターン」だと難しいんですよ。

パ―ン!と打ってくれた方が、楽。

遅いボールだと、相手の前衛も視界に入りますし、時間があるのでポーチにも動かれる。

遅いリターン、それも足下でファーストボレー、みたいなシチュエーションを作れるかどうか、がリターン側の鍵になります。

速いリターン、はむしろ相手を助けてしまうだけですけどね。

 

3.遅いリターンを打って、リターン側からプレッシャーをかける

これが出来ると、相手のサーブ側は本当に嫌。

ファーストボレーを浮かせられないし、相手も前に詰めてきている・・・ような感じですからね。

並行陣ですけど、ボレーを低い位置で打たされている時点で辛いですから。

まず、ダブルスの試合ではリターンゲーム、こういう場面を増やしましょう。

きっと相手は、前衛を警戒してストレートに展開してくるケースも増えるはず。

でも、焦る必要はありません。

遅いリターンを打っているうちは、リターン側にも打った後に時間がある。

後衛がカバーも出来るし、前衛がフェイントを入れてストレートに誘う、ということも出来るはずですから。

 

4.遅いリターン、を打つ勇気を持とう!

速く打たないと、やられてしまう・・・と、思わないこと。

遅いリターンで充分なんですよ、実際。

速いリターンはミスも多いですし、相手も返球しやすい。

遅いボールをたくさん見せておいて、そこからの突き球、としては有効だと思いますけどね。

まずは基本は、遅いリターンで良い。

回転をしっかりかけて、スライスも有効でしょう。

そのまま前に出て、並行陣に対してこちらも前で勝負する、くらいの意識を持ちましょう!

 

相手にボレーをさせる、それを低い位置で。

遅いリターン、時間を作れば前衛も上手く動いてくれます。

良いリターンって、こういう目立たない渋い遅さ、があるんですよね。

派手なプレーよりも、堅実で上手いプレー。

試合で勝てるのは、こういう地道なプレーを継続しているペア、でしょう。

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、ハンデ戦はこうやれば盛り上がる!

    チームやサークルで試合をする、ときに、どうしてもレベル差がある組み合わ…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの基本、センター狙いは、「本当に真ん中」を突くだけで・・・良いの?

    ダブルスの基本はセンター狙い。特に並行陣相手だと、結構意識して…

  3. ダブルス

    ポーチに動ける前衛は、この発想でプレー出来ている

    ダブルスの試合でポーチに出たい、だけどミスが怖い・・・というみなさん。…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で鉄壁な並行陣は、「センターの守り方」が優れているから抜かれない!

    この夏こそダブルスで並行陣にトライしたい、または並行陣の強いペアを倒し…

  5. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの並行陣では、「片方の選手が詰めたら、パートナーはT字まで下がる」ことでコートカバーを

    ダブルスの醍醐味、それって思い切って前衛が動けるところ、だと思います。…

  6. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスで、前衛が「ポーチに動いたけど、触れなかった」ときに、後衛はまず時間を稼ごう

    これは、実は基本中の基本、ですね。ダブルスの試合で、前衛が動い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    ダブルス

    「なぜアナタのダブルスは勝てないのか?」を考えると、試合中にペアに謝ることの無意…
  2. テニス メンタル

    リターン

    思い切りの良いリターンでは、「フォアかバックかを決めて待つ」くらいの気持ちが大事…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルスにおける本当に良いサーブとは、「前衛を活かすことが出来る」サーブです!
  4. ダブルス

    「今いる場所」を捨てない限り、アナタ自身は強くなれない
  5. テニス 指導

    メンタル

    テニスでも何かの問題に出くわすと、人は本性を現す
PAGE TOP