テニス ボレー

ダブルス

相手並行陣のサーブ&ボレーを崩すには、遅いリターンに限る

ダブルスの試合で、相手のサーブ&ボレーを崩していきたい。

リターンから、相手にプレッシャーをかけていかないと、どんどん自信を持ってプレーされてしまいますよね。

ただ、やみくもに速いリターンだけ、で攻撃しても相手の思うツボ。

サーブ&ボレーを崩すには、上手く味方の前衛を使わないとダメです。

 

相手並行陣のサーブ&ボレーを崩すには、遅いリターンに限る

 

1.アナタが前衛にいる、と考えて欲しい

リターン側の前衛で、相手がサーブ&ボレー、だったら、何を考えますか?

「何とか沈めてくれれば、ポーチに出て助けたい!」と思いますよね。

でも、実際の試合はどうでしょう。

速いリターンばかりで、結局クロスラリーで終わってしまう、ようなこと多くないですか?

男子ダブルスで、強そうに見えるのになかなか勝てないのは、こういうリターンゲームが多いはず。

もっと、味方の前衛を使ってあげないと。

そう考えると、速いリターンよりも遅いリターン、が必要。

並行陣をプレーしている人なら、分かるはずです。

 

2.遅いボールは、意外とボレーし辛い

良いサーブを打って、良いファーストボレーで相手を追い込みたい。

並行陣側のサーバーは、こう考えているのが基本。

でも、良いボレーって実は「遅く緩いリターン」だと難しいんですよ。

パ―ン!と打ってくれた方が、楽。

遅いボールだと、相手の前衛も視界に入りますし、時間があるのでポーチにも動かれる。

遅いリターン、それも足下でファーストボレー、みたいなシチュエーションを作れるかどうか、がリターン側の鍵になります。

速いリターン、はむしろ相手を助けてしまうだけですけどね。

 

3.遅いリターンを打って、リターン側からプレッシャーをかける

これが出来ると、相手のサーブ側は本当に嫌。

ファーストボレーを浮かせられないし、相手も前に詰めてきている・・・ような感じですからね。

並行陣ですけど、ボレーを低い位置で打たされている時点で辛いですから。

まず、ダブルスの試合ではリターンゲーム、こういう場面を増やしましょう。

きっと相手は、前衛を警戒してストレートに展開してくるケースも増えるはず。

でも、焦る必要はありません。

遅いリターンを打っているうちは、リターン側にも打った後に時間がある。

後衛がカバーも出来るし、前衛がフェイントを入れてストレートに誘う、ということも出来るはずですから。

 

4.遅いリターン、を打つ勇気を持とう!

速く打たないと、やられてしまう・・・と、思わないこと。

遅いリターンで充分なんですよ、実際。

速いリターンはミスも多いですし、相手も返球しやすい。

遅いボールをたくさん見せておいて、そこからの突き球、としては有効だと思いますけどね。

まずは基本は、遅いリターンで良い。

回転をしっかりかけて、スライスも有効でしょう。

そのまま前に出て、並行陣に対してこちらも前で勝負する、くらいの意識を持ちましょう!

 

相手にボレーをさせる、それを低い位置で。

遅いリターン、時間を作れば前衛も上手く動いてくれます。

良いリターンって、こういう目立たない渋い遅さ、があるんですよね。

派手なプレーよりも、堅実で上手いプレー。

試合で勝てるのは、こういう地道なプレーを継続しているペア、でしょう。

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. ダブルス

    「技術だけじゃダメってことか」とダブルスで感じれば、テニスの試合はまだまだ勝てるようになる!

    現役時代、試合の殆どがシングルスだった。ダブルスもたまには出て…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスのパートナー選びは、実力より信用に尽きる

    ダブルスのパートナー、みなさんはどんな人と組んでますか?そのき…

  3. テニス 団体戦

    ダブルス

    ダブルスの試合、ペアで会話するなら対戦相手についてが基本

    ダブルスをどう戦うのか、についてペアと相談する。ポイント間でも…

  4. テニス 戦術

    ダブルス

    並行陣の基本は深いボレー、という落とし穴に気付かないと

    ダブルスの試合、並行陣で前に出ても・・・なかなかポイントが取れない。…

  5. テニス フットワーク

    ダブルス

    フォアハンドの逆クロスが得意なら、雁行陣の後衛でどんどん回り込んで自分のゾーンを作ろう

    テニスの試合、強い選手は自分の武器を有効に使っている。それはス…

  6. テニス サーブ

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合で、「若手ペアに勝てない・・・」と悩むシニアのペアの方へ

    早速、今回頂いたアンケートの中から少しだけ。ベテラン、シニアの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ポジショニング

    ロブ

    「相手をロブで下げて、アングルショットを使う攻撃」、出来ますか?
  2. テニス メンタル

    ボレー

    深いボレーで相手を追い込んだら、頭の8割はドロップボレーで待つこと
  3. テニス 体力

    シングルス

    「テニスの試合、序盤でチェックしよう!」シングルスでの対戦相手の特徴が出るポイン…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で負けることは恥ずかしくない、だけど「負けを受け入れられない人」は恥…
  5. スマッシュ

    「逆クロス方向への構え」を基本に考えると、スマッシュはもっと楽に打てる!
PAGE TOP