テニス ストローク

ダブルス

「なぜアナタの前衛のプレーが、サービスキープに繋がらないのか」テニスのダブルスで必要な、リターナーにプレッシャーを与える考え方 5つ

どうして、自分のパートナーはなかなかサービスをキープできないんだろう。。

そんなことを考えているアナタ、その責任はアナタ自身にあります。

自分のポジションや動きでリターナーにプレッシャーをかけていれば、もっとサービスゲームはキープできるはず!

今回は、前衛のプレッシャーという点に着目して要点を整理していきます。

 

「なぜアナタの前衛のプレーが、サービスキープに繋がらないのか」テニスのダブルスで必要な、リターナーにプレッシャーを与える考え方 5つ

 


 

1.そもそもリターナーに、「存在感」を示せているか

アナタ自身がリターンの立場だとして、前衛を気にする機会はどれくらいあるでしょうか?

恐らく、はっきりとポーチに出られない限り、それほど気にする機会は無いのではないでしょうか。

またはポーチに出られても、必死に腕を伸ばして触っている感じだと、怖くは無いですよね。

この、「怖い」という感覚をリターナーに与えられるかどうかが、上級者のダブルスの試合では鍵になります。

 

2.パートナーのサーバーがトスアップと同時に、「アナタの動ける時間」になる

パートナーがサーブのモーションに入ったと同時に、前衛のアナタが動き出す時間になります。

リターナーの意識を少しでも前衛に向かわせることで、リターンの精度を下げることこそ、前衛のアナタの役割。

もしポーチに出られなくても、リターンの威力を削いでサーバー側が有利に展開できるようにすることが重要です。

 

3.リターナーと眼を合わせるには、「上から目線の覚悟」が必要

リターナー対前衛、の位置付けでは、リターナー側に優先権があります。

リターナー側が最初にボールを触る訳ですから、前衛側としてはどうしても受け身になります。

だからこそ、レベルが高い試合ではリターナーは相手の前衛と眼を合わせようとしてくるのです。

あえてそれを受けるか、またはそらすか。

アナタ次第ではありますが、大事なのは決して気持ちで引かないこと。

リターナーには、例えストレートを抜かれても、真っ向勝負を挑みましょう。

 

4.「前に出ること」だけが、プレッシャーやポーチでは無い

プレッシャーと一言に言っても、それは前に出るだけではありません。

女子ダブルスでは特に、あえて下がってロブをケアしてスマッシュを打つ、というのも立派な積極的な作戦です。

リターナーの打つコースに先回りすることこそ、最大のプレッシャーなのです。

 

5.理屈は分かった、後は「とにかくポーチに」出よう

ここまで書いて来ても、なかなかポーチに出られない人も多いと思います。

そんな方には、まず何かを「捨てる」という意識から始めてもらいたいです。

ストレートを抜かれても、それは失敗ではありません。

ストレートにボールが飛んでこないことが、プレッシャーが無い、イコール前衛にとっての失敗なのです。

 

「得るは捨つるにあり」という言葉があります。

ダブルスのサービスゲームでは、まずサーブという武器を活かして2人でポイントを獲るという意識が大切。

最初からチェンジするも良し、縦割にしてロブを待ち構えるのも良し、とにかく相手に「考えているな」と思わせることが重要です。

とにかく前衛は、相手にプレッシャーをどれだけ与えるかが勝負。

レベルの高い試合に勝ちぬくためには、このプレッシャー合戦を制さなければならないのです。

まずはとにかく、練習から積極的に動いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  5. メルマガ配信、登録を開始します!

関連記事

  1. テニス フットワーク

    ダブルス

    ミックスダブルス必勝法は、「序盤で女性が相手の男性に向かっていく」ことに尽きる

    テニスの試合、基本は「やられたら嫌なこと」から考えてみる。そう…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合を、「人が多いと考えるのか?少ないと考えるのか?」

    ダブルスの試合を、あまり好きになれない人・・・。もしかしたら、…

  3. ダブルス

    男子ダブルス、今年こそ強くなりたいなら

    男子ダブルスで、結果を出すために。今年こそ!と思っている方は…

  4. ダブルス

    「自分よりかなりテニスが上手い選手とダブルスを組むことに・・・」アナタが意識するべきこととは?

    部活やサークルで、「この人、自分より全然上手いなー」と感じている人と、…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で「並行陣から引き出したチャンスボール」を、どう後衛から攻めるか?を考えてみる

    社会人になると、プレーする機会が増える並行陣。ストロークは「沈…

  6. テニス ダブルス

特集記事

  1. その他

    テニスの草トー大会ほど、残酷なものは無い
  2. ロブ

    後衛にバックボレーでカットさせる、のがダブルスの試合でのナイスロブ
  3. テニス ボレー

    メンタル

    1セットマッチ、「5-5や6-6は望むところ」でありたい
  4. テニス スライス

    ストローク

    ラリーをせずに、すぐに決めに来る相手への対策は?
  5. ストローク

    当たり損ないは、減らせる
PAGE TOP