テニス ボレー

ダブルス

相手をワイドに動かして、センターで仕留めるのがダブルスの基本

ダブルスの試合の、基本的な攻撃方法。

結構、これを勘違いしている人が多いように思います。

リスクを出来るだけ少なく、ポイントを取り切る為には、何が必要なのか。

特に、相手が2人ともネットに出た並行陣のような陣形では、この考え方は必須です。

 

相手をワイドに動かして、センターで仕留めるのがダブルスの基本

 


 

1.コートの端でエースを狙う人は、まず勝てない

試合の中で、コートの端を狙う行為。

これは、かなり危険です。

自分が大きくリードしていて、相手に何かを印象付ける為、のショットならまだ分かります。

でも、相手がリードしている状況で、無謀にもコートの端、ダブルスならアレーの領域を狙って打つようなショット、試合で使えますか?

入ったとしても、冷や冷やモノじゃないですか。

こういうテニスは、良い時は良いけど、安定しない。

安定しないテニスは計算出来ない、だから結局、手堅い戦い方が出来ないままに負けていくんです。

 

2.センター攻撃、は速いショットが使える

まず、相手が2人いるダブルスなら、何を考えるのか。

しっかり相手2人の間のスペース、を突いていくという意識、が大事です。

特に、2人でネット近くに来る並行陣相手なら、センターでの攻撃が有効。

でも、当然相手もそれを知っているので、2人の距離感を近づけてセンターをケアしてくることが多い。

こういう相手には、「崩す、動かす」ようなショットをワイド、に使う必要があります。

ダブルスでも、シングルスコートでも充分でしょう。

相手に外側のボレーで触らせる、だけで、センターは空いて隙が生まれる。

その隙、を突いていくのが効果的な攻撃になるはずです。

センターは、ネットも低いし、速く直線的なショットも使いやすい。

その為にも、一旦はワイドを見せておく、のがダブルスの基本です。

 

3.センターで仕留めるイメージで、逆算していこう

相手を動かして、センターで決める。

この逆算から入っていければ、ダブルスの試合はもっと楽に戦えます。

どこに打って良いか分からない、という人は、まず「どうやったら、相手の2人の間を空けることが出来るか?」を考えてみましょう。

ボールは1つですから、そのボールを使ってどちらかの選手を走らせる。

その動きにつられて、当然相手のパートナーも連動して動いて来ますから、センターの位置も少しずれるんですよね。

でも、2人の間を狙うと考えれば、ターゲットも作りやすいはず。

2人の間、を狙って仕留める意識、強く持って挑みましょう。

 

4.低く速いショット、もセンターなら使って良い

私は何度か、「低くて速いショットは、危険」と書いて来ました。

でも、やっぱり強い相手を倒すには、こういうショットも必要。

使うコツは、必ずセンター攻撃に用いる、ということでしょう。

ワイド、ネットの両端はネットが高いので危険、なるべく遅いショットで相手を動かす。

センターには、低く速いショット、もストロークとボレー両方で打てるように準備しておくこと。

これが出来れば、アナタも立派なダブルスプレイヤーです!

 

普段のボレー対ストロークの練習から、ココを意識して欲しいんです。

1対1のラリーでも、ワイドに動かしてセンターに決める。

この組み合わせを、徹底する。

いきなりコートの端に、速いショットで狙わない。

結構、逆な人多いですからね。

まずはワイドに崩して、センターで決める、のが試合で使えるパターンです。

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合、「ダブルスペアの力で試合に勝つ」為に必要な練習方法と考え方について

    今回アンケートを頂いた皆さんの中で、「ダブルスのペアで勝つ為に、どんな…

  2. ダブルス

    「ダブルス練習」テニスの試合で活かせるように!

    毎日の練習の中で、皆はテニスを練習している。でもテニスってシン…

  3. ダブルス

    前衛にバランス、求めないで良い

    試合で勝ちたければ、激しく、したたかに。無難なプレー、要りま…

  4. テニス ポジショニング

    ダブルス

    魚のいない場所で糸を垂らしても、一匹も釣れない

    少し、極端な例かも知れませんが・・・。ダブルスの試合を観ている…

  5. テニス ボレー

    ダブルス

    ミックスで手加減してくる男性は、とことん利用しよう

    昨日、私はミックスダブルスの試合に出てました。そこで、改めて…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスに頭上のボールはなぜ、「前衛の声出し」が必要なのか?を考える4つのヒント

    ダブルスの試合に強いペア、はあるタイミングですぐに分かる。頭上…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ミス

    メンタル

    テニスの試合で勝てない人は、「ラリー中に歓喜と反省」を繰り返していることが多い件…
  2. テニス メンタル

    サーブ

    サーブのときのトスアップは、「自分の足元にターゲット」を作って練習しよう!
  3. 日々の雑記

    テニスの試合に出ている方から、必要とされる為に
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスをやっていて「対戦相手にコンプレックスを抱く」のは、自分の長所を理解出来て…
  5. テニス 計算

    戦術

    テニスの試合、チャンスボールをミスしてしまう人は「逆算力」が足りないだけ
PAGE TOP