テニス ダブルス

リターン

ターンして戻さない、が速いサーブをリターンするコツ

相手のサーブが速い時、それだけでプレッシャーになりますよね。

でも、コツをしっかり意識すれば大丈夫。

大振りしない、のはもちろんですが、もっと身体を閉じる、コンパクトにするコツ、が必要でしょう。

男子ダブルス、なんかでは必須のテクニックだと思いますよ。

 

ターンして戻さない、が速いサーブをリターンするコツ

 


 

1.速いサーブ、こそ向かっていこう!

まずこれが大原則。

下がって打つ、ことで返球出来るサーブもありますが、それはただ速いだけのサーブ。

上のレベルになれば、速い且つコーナーを突いてくるサーブがほとんどですよね。

そうなると、下がっても触れない。

前に入る、踏み込んでいくことがまず大事。

その上で、今回のコツを意識してみて欲しいんです。

サーブに力があるなら、その向きを変えるだけ。

身体を閉じて、コンパクトに打つことに集中しましょう。

 

2.身体を45度ターンして、そのままで終わる

ストロークなら、ひねって戻す。

この動作が入りますよね。

リターンなら、それを戻さない、くらいの意識で良いと思います。

フォアかバックかで身体を45度ターンさせて、そのまま打ち終わる。

このターンを、戻そうと思うと上手くいかないんですよ。

打点がぶれるし、コントロールが難しい。

ターンした身体で前に踏み込んで、ラケットは縦に少し動かすだけ。

力は、前に入っていく身体全体で伝える、感じで良いでしょう。

 

3.ボールを飛ばさないといけない、というプレッシャーは必要無い

どうしても、これで力が入ってしまいます。

「強くい打たないといけない!」と思うから、強打してしまう、テイクバックが大きくなてしまう。

それだと上手くいかないですから。

追い詰められる必要、全くありません。

ラケットを振らない、ターンしたままの身体でも、大丈夫。

なぜなら、しっかり前に入る力、がアナタ自身の身体で伝わるからです。

ボールは充分に、前に入る力で飛んでくれる。

コントロールに徹するだけ、で充分なんです。

 

4.ターンしたままで終われば、打点に顔が残る

これが、私の中で一番のコツ。

顔を残すリターン、にしたければ、ターンを戻さないこと。

相手コートは、横目で少し見えるくらい。

リターンした瞬間は、相手を見ない。

それくらいの意識、じゃないと身体が前を向いてしまいますからね。

プロ選手のリターンも、非常にシンプルですし顔が残っている。

そうじゃないと、速いサーブをラケットの真ん中に当てること、難しいですからね。

 

つい、力んで振りたくなるリターン。

力は、ラケットではなく前に入る身体全体、で伝えていくイメージでいきましょう。

ダブルスのリターン、としてすごく使えるコツだと思いますよ。

ぜひ、練習から意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  3. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. テニス ロブ

    リターン

    強烈なサーブも無効化に出来る、「ブロックリターン」はしっかり身体を寄せて打とう

    相手サーブが強力で、自分のサーブが入らない。そこで策が無いと、…

  2. リターン

    「レシーブ上手になりたいね」テニスの試合で最初に返球する技術の重要性

    サーブレシーブからテニスはスタートする。最初のこの部分で勝負が…

  3. リターン

    速いけどリターンしやすいサーブ、遅いけどしにくいサーブ

    みなさんも、試合で経験無いですか?速度はあるけど、リターンは…

  4. テニス メンタル

    リターン

    「リターンのコース変更は、どのタイミングまで可能?」は、相手の実力次第なので気を付けよう

    ダブルスの試合で、ストレートに展開してくる相手は本当に厄介。ポ…

  5. テニス ストローク

    リターン

    「ダブルスでリターンのサイドはどうやって決める?」参考にしたいテニスの試合巧者の考え方

    皆さんは、ダブルスで得意なサイドはありますか?組むペアによって…

  6. テニス ロブ

    リターン

    テニスのダブルスの試合で必要な、「リターンをシンプルにストレート方向へ流す」ためのコツ4つ

    ダブルスの試合では、上のレベルになればなるほど、前衛のポーチが激しくな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    相手のサーブは1種類しかない、と思えばリターンは楽
  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュを冷静に決めるには、「相手が予想して動いても、慌てないこと」まで意識し…
  3. テニス 準備

    その他

    簡単なある方法で、テニスのグリップはリラックス出来る!
  4. テニス メンタル

    メンタル

    備えあれば、憂いなし!「雨の日のテニスの試合」で有効な戦い方5つ
  5. テニス 準備

    戦術

    意外と大事な試合で多い、「8ゲームマッチ」の戦い方について意識したいこと4つ
PAGE TOP