テニス ストローク

リターン

速いサーブを、しっかりリターンするコツ5つ

春になり、試合のシーズンに入って来た方も多いと思います。

まず、鍵となるのはリターン。

それも、しっかりと相手のファーストサーブを返球していくこと、が第一ですよね。

甘い返球ではなく、しっかりと深く、コントロールしていくコツについて。

速いサーブ、攻略すれば相手が崩れるのも早いでしょう。

 

速いサーブを、しっかりリターンするコツ5つ

 


 

1.センターへのコースを張る

テニスの試合で、速いサーブは基本センター。

ネットを通過させる高さが低いので、必然的に速いサーブはセンターに集まりやすい。

ビッグサーバーはこのコースを得意にしているケースが多いので、まずはしっかり予測しましょう。

相手のトスアップを見て、センターに少しポジションを寄せるのも有り。

そこでワイドに来たら、捨てる感じで良いと思います。

 

2.前に入って打つ

速いサーブこそ、恐れないで前に入る。

コンパクトにリターンする意識があれば、待っているより前に入る方が絶対に返球出来る確率は高まります。

相手に、サーブを恐れていない、という姿勢を見せることにもつながりますからね。

特にバウンドが弾むハードコートでは、下がっていても苦しくなるだけでしょう。

 

3.目線を低く、ぶらさない

目線の高さを一定にすること、がリターンの大前提です。

少し低い目線にして、相手のラケットをしっかり見る。

そして、前に入るときにも、自分の目線が上下動しないように意識してみましょう。

スプリットステップも、激しく踏んで目線が動くことが無いように。

集中して、ボールを見る準備が大事ですね。

 

4.ボールのバウンド地点を見る

しっかり、速いサーブでもここを見る。

ボールがどこで、バウンドしているのか。

もちろん、フォルトならしっかりコールしないといけないですからね。

バウンド地点をしっかり見ることが出来ると、身体も反応しやすいですから。

サーブは必ず、サービスエリアでワンバウンドする。

だからこそ、ここをしっかり見ることが大事です。

 

5.呼吸は止めない

これは私の感覚ですが、息を止めてしまうと緊張する。

それに、余計な力が入ることがよくあると思います。

ですので、息は吐きながら、呼吸も整えながら、でリターンしていく。

速いサーブでも、軽く息を吐きながらリターンした方が安定すると思いますよ。

実際の練習から、イメージしてみて下さい。

 

慣れてきたと思ったら、ゲームセット・・・とならないように。

ビッグサーバーとの試合でも、勝負は1ゲーム目、です。

2ゲーム目、には出来ればブレイクのチャンスを作りたいですから。

そこまでいけるかどうか、は試合前の準備で決まっていると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. テニス ボレー

    リターン

    ダブルフォルトは、「積極的にもらいに」いかないと!

    「あぁ・・・このポイント、ダブってくれないかな・・・」と、思うときあり…

  2. テニス サーブ

    リターン

    しっかり肩が入ったサーブのフォームからは、センター狙いの可能性大

    これは最近、私が意識しているポイントなんですが・・・リターンのときの、…

  3. リターン

    ノーアドバンテージ形式なら、30-40になった段階でリターンサイドを決めておこう

    ダブルスの試合、リターンのサイド。ノーアドバンテージ形式だと、…

  4. テニス ロブ

    リターン

    テニスの試合で使えるリターンダッシュの一番のコツは、コンパクトな打ち終わりに尽きる

    リターンダッシュで、ネットを取る。サーブを打ち終えて安心してい…

  5. リターン

    「いきなりブレイク出来た!」試合ほど、大変になります

    試合の序盤で、いきなり相手のサーブをブレイク!順調な滑り出しの…

  6. テニス ボレー

    リターン

    ボディへのサーブは、あの技術が無いとリターンで苦労する

    ボディへのサーブ、皆さん試合で苦労したことは無いですか?特に、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. 戦術

    ネットの近くでストローク、ベースライン近くでボレー
  2. ダブルス

    前衛がただの前後運動、になってない?
  3. テニス 戦術

    その他

    「これじゃテニスの試合で使えない・・・」打ち終わった後に態勢が崩れるのであれば、…
  4. テニス メンタル

    戦術

    何かを変えることは、過去の自分を否定することとは違う
  5. ダブルス

    ダブルスの試合で「ポーチをふかしてしまう・・・」人にお勧めのテイクバックと準備の…
PAGE TOP