テニス ストローク

リターン

速いサーブを、しっかりリターンするコツ5つ

春になり、試合のシーズンに入って来た方も多いと思います。

まず、鍵となるのはリターン。

それも、しっかりと相手のファーストサーブを返球していくこと、が第一ですよね。

甘い返球ではなく、しっかりと深く、コントロールしていくコツについて。

速いサーブ、攻略すれば相手が崩れるのも早いでしょう。

 

速いサーブを、しっかりリターンするコツ5つ

 

1.センターへのコースを張る

テニスの試合で、速いサーブは基本センター。

ネットを通過させる高さが低いので、必然的に速いサーブはセンターに集まりやすい。

ビッグサーバーはこのコースを得意にしているケースが多いので、まずはしっかり予測しましょう。

相手のトスアップを見て、センターに少しポジションを寄せるのも有り。

そこでワイドに来たら、捨てる感じで良いと思います。

 

2.前に入って打つ

速いサーブこそ、恐れないで前に入る。

コンパクトにリターンする意識があれば、待っているより前に入る方が絶対に返球出来る確率は高まります。

相手に、サーブを恐れていない、という姿勢を見せることにもつながりますからね。

特にバウンドが弾むハードコートでは、下がっていても苦しくなるだけでしょう。

 

3.目線を低く、ぶらさない

目線の高さを一定にすること、がリターンの大前提です。

少し低い目線にして、相手のラケットをしっかり見る。

そして、前に入るときにも、自分の目線が上下動しないように意識してみましょう。

スプリットステップも、激しく踏んで目線が動くことが無いように。

集中して、ボールを見る準備が大事ですね。

 

4.ボールのバウンド地点を見る

しっかり、速いサーブでもここを見る。

ボールがどこで、バウンドしているのか。

もちろん、フォルトならしっかりコールしないといけないですからね。

バウンド地点をしっかり見ることが出来ると、身体も反応しやすいですから。

サーブは必ず、サービスエリアでワンバウンドする。

だからこそ、ここをしっかり見ることが大事です。

 

5.呼吸は止めない

これは私の感覚ですが、息を止めてしまうと緊張する。

それに、余計な力が入ることがよくあると思います。

ですので、息は吐きながら、呼吸も整えながら、でリターンしていく。

速いサーブでも、軽く息を吐きながらリターンした方が安定すると思いますよ。

実際の練習から、イメージしてみて下さい。

 

慣れてきたと思ったら、ゲームセット・・・とならないように。

ビッグサーバーとの試合でも、勝負は1ゲーム目、です。

2ゲーム目、には出来ればブレイクのチャンスを作りたいですから。

そこまでいけるかどうか、は試合前の準備で決まっていると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

関連記事

  1. テニス テイクバック

    リターン

    「重たいサーブでバックハンドが振り負ける」ときには、グリップを持つ両手の間を少し空けるのも有り

    重たいファーストサーブ、試合でなかなかリターン出来ないときありますよね…

  2. テニス ストローク
  3. テニス 技術

    リターン

    ダブルスでリターンをポーチボレーされることは、悪いことでも何でもない

    ダブルスの試合、自分のリターンが相手前衛につかまる。これくらい…

  4. テニス ストローク

    リターン

    ミックスダブルスで、スライスのリターンが有効なコース5つ

    ミックスダブルスで、有効なリターン。それは、スライスを上手く使…

  5. テニス 守備

    リターン

    ダブルスで前衛が気になって、「プレッシャーに負けている・・・」と感じたら試したいこと

    ダブルスの試合、リターンで気になるのは前衛の動き。気にならない…

  6. テニス サーブ

    リターン

    テニスの試合、「トスに勝ってリターンゲームから始める」ことで得られるメリット3つ

    試合前のトスアップ、アナタはいつもどんなスタンスで臨んでいますか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス フットワーク

    戦術

    ある程度攻めて来る相手の方が戦いやすい、だから・・・?
  2. テニス 調子

    その他

    全仏オープン男子決勝で改めて感じた、「ムーンボールの活用」はシングルスの試合で絶…
  3. テニス ダブルス

    テニス知識

    テニスの試合でありがちな、「デュース有りとノーアドバンテージ形式を間違えた」とき…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会で、「身内同士の対戦になった…」ときに意識したい5つのこと
  5. テニス スマッシュ

    メンタル

    テニスの試合では、「ピンチを乗り切った後」に乗っていけるかどうかが大事なポイント…
PAGE TOP