テニス ストローク

練習メニュー

「バックハンド側を攻めて、フォアハンド側で仕留める」為の、基本球出しメニュー

シングルスの試合で、基本的な戦術のパターンを徹底的に磨いていく。

その為に、恐らく色々なテニスクラブやスクール、部活で実践している方も多い基本メニューです。

3球のラリーでしっかり仕留めていく、相手の逆を突いて最後仕留めるイメージで練習していきましょう。

 

「バックハンド側を攻めて、フォアハンド側で仕留める」為の、基本球出しメニュー

 


 
■人数:4~12人

■レベル:初中級~上級

■目的:シングルスの試合、バックハンド側に相手の意識を向かせて、フォアハンド側でポイントを獲る

 

【練習内容】

シングルスの試合で、攻撃的にストロークを展開していくイメージ。

対戦している相手は、右利きの選手を想定しています。

球出し役が1人、後はボール拾いと後ろに並んでいる人はシャドウスウィング。

まず1球目をフォアハンド側に出してストレート方向へダウンザライン、2球目をバックハンド側に球出しして、これを回り込んで逆クロス方向へフォアハンド。

2球、相手のバックハンド側をえぐったら、次に浅いボールを出してそれを相手のフォアハンド側、向かって左側に打ってポイントを獲る。

ここまでの3球、しっかり相手を追い込むイメージで球出しされたボールを打っていく。

回転量の多いボールでミス無く、相手コートの深く狙って打っていきましょう。

 

【発展練習】

球出し側の選手が、ランダムに球出し。

2球、どちらに来ても必ずフォアハンドを使って打つ、そして3球目はしっかり打ち込んでフィニッシュする。

慣れてくれば、3球目も少しだけ深め、に出してそれを「ドライブボレー」でフィニッシュする練習もやっていきましょう。

女子のシングルスの試合でも、ドライブボレーで仕留めていく練習は必須です。

またそれにも慣れてきたら、球出しした後に実際にラリーでやってみる。

相手選手役、の選手はバックハンドを2球攻められてもしっかり凌ぐこと。

3球目に浅目のボールを打つと決めても良いし、「厳しく追い込まれるまでバックハンドを粘る」と決めても良い。

主役の攻撃側の選手は、徹底的に浅いボールを引き出せるまでバックハンド側を攻撃していくイメージでいきましょう。

 

【ポイント】

こういった練習、球出しをする選手も本当に良い練習になります。

ダラダラやっては絶対ダメ。

しっかりコントロールして、自分が試合で相手を動かしているような感覚を養いましょう。

また、球拾い役もテキパキと交代しながら行うこと。

常に誰かが、テンポ良く球出しして打ち続けているようにして、練習効率を上げていきましょう。

 

球出し練習、まだまだ工夫次第で試合に使える。

大事なのは、反復練習して試合で使うこと。

そしてミスを少なく、確実に打って入るストロークのスピードを、自分自身で見つけること、です。

人数が少ないチームも多いチームも、効率よく回して練習していきましょう。

ピックアップ記事

  1. + POWER CUP について
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します

関連記事

  1. テニス サークル

    練習メニュー

    大学生からサークルでテニスを初めても、どんどん上達していく人の特徴4つ

    今年の4月から大学生、テニスをサークルで始めた・・・という方も、読者の…

  2. テニス 練習
  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    「雨の日に教室でも出来る」テニス選手に必要なトレーニング4つ

    雨の日は部活もサークルも休み。とは言え、体育館も使えないし、使…

  4. テニス メンタル

    練習メニュー

    すぐには結果につながらないもの、に実は「勝利へのヒント」は埋まっている

    試合で勝ちたい、と考えているみなさん。つい、焦ってしまいがちで…

  5. 練習メニュー

    「心技体で練習効率を上げなさい」テニスの練習をいかに試合に近づけられるか工夫しよう

    当たり前だが、テニスの練習は上達に不可欠である。でもだからと言…

  6. テニス 練習

    練習メニュー

    練習での球出しが上手い選手は、間違いなくテニス自体も上手い4つの理由

    テニスの練習には、「球出し」が付き物。テニスコーチでなくとも、…

特集記事

  1. テニス 打点

    戦術

    基本やセオリーを言い訳にする人は、テニスの試合というものを分かっていない
  2. テニス ストローク

    ストローク

    相手が打つボール、「スライスとスピンの見極め」は、ラケット面が内外のどちらを向い…
  3. テニス メンタル

    戦術

    どんなレベルだろうが、試合に出ている人は強くなる
  4. テニス メンタル

    その他

    「テニス部で部活をやってると、受験勉強できない?」実はこの2つ、似ているから両立…
  5. その他

    【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 12/5(木)にて実施します…
PAGE TOP