リターン

フォルトも打ち返す、そんな気概でリターンを

相手のサーブが、微妙なところに入る。

インと言えばイン・・・のような、フォルトのような。

こういう時に、微妙な雰囲気になりますよね。

でも、厳しいことを言うようですが、それはリターン側の甘えでしかないでしょう。

入っている、という前提で打ち返すのが基本。

それは、失礼なことでも何でも無いんですから。

 
 

期待するのは、もう止めよう

フォルトを期待するのは、もう止めましょう。

リターンの選手は、微妙なボールは全部しっかり、打ち返す。

その後に、フォルトならフォルト、というコールがあって良い。

フォルトを期待してボールに入っていくと、集中力が乱れます。

そして、打った後に一瞬迷いが生じるじゃないですか。

この一瞬の迷いが、アナタのプレーの精度を著しく下げていくのは言うまでもありません。



打ち返した方が、練習になる

リターンも、合って来ます。

相手のフォルトも、しっかりリターンすることで自分のタイミングを取る良い機会になる。

もちろん、明らかなフォルトはネットにかけたり、次のセカンドサーブへスムーズに移行するように意識します。

t-press.jp/p3226/

これも、実は試合で使える大事なテクニックです。



相手にとっては、最高のプレッシャー

フォルトなのに、しっかり返して来る。

これは、相手にとって最高のプレッシャーになります。

だったらイン、つまりはもっと甘いサーブだったら、もっと叩かれていたかも・・・と不安になる。

フォルトのサーブをしっかりリターンして返す、ことは試合で大事。

相手へのプレッシャーになるし、自信を削いでくれる。

もちろん、マナーを守りながらが大前提です。



これをやって良いのは、微妙なフォルトだけ

繰り返しますが、これをやって良いのはボール1個くらいのフォルト、だけです。

そうじゃないフォルトを打ち返すのは、基本的にはマナー違反。

相手のセカンドサーブへの妨害になりますからね。

大事なのは、アナタ自身のスタンスです。

「よし!サーブ入って来い!」と思って待てているかどうか。

そうじゃない人は、フォルトを期待してプレーが雑になる。

この差って、大きいですよ。



お勧めの練習法

練習法、ではないのですが、前に入ってリターンする癖があると、これがやりやすい。

ボールとコートの着地点も近くで見えますからね。

正確な判断が出来るし、ライジングでのリターンを練習しておけば基本は「全て返す」ような癖が自然と身に付きます。

前に踏み込んで、積極的に打ちにいく形、ですからね。

ぜひ、リターンの姿勢から見直してみて下さい。



ちょっとしたこと、なんですけどね。

小さいところに、人って弱さが出ます。

フォルトを期待していると、オンラインのリターンが返せない。

これだけは、意識して試合に入りましょう。

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします

関連記事

  1. リターン

    ノーアドバンテージ形式なら、30-40になった段階でリターンサイドを決めておこう

    ダブルスの試合、リターンのサイド。ノーアドバンテージ形式だと、…

  2. リターン

    2ブレイクで、普通の人は気が緩む

    試合でリードしていたのに、逆転されてしまう。こういう試合の時に…

  3. テニス リターン

    リターン

    どこかで本気で狙っていくリターンゲームが必要です

    本気で狙って、ゲームを獲りにいく。これは、上のレベルの試合にな…

  4. リターン

    セカンドサーブにプレッシャーをかける方法5つ

    試合の中で、相手にプレッシャーをかける。これは勝ちたいなら、…

  5. テニス メンタル

    リターン

    相手のサーブの本質を、を見抜こう

    試合の中で、リターンゲーム。テニスの試合は、必ずサーブかリター…

  6. リターン

    ファーストサーブのフォルトに、ヒントが!

    試合でリターンに立っている時、相手がサーブをフォルトする。これ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. その他

    「スペインの古城でストレス発散」できるのも、テニス選手の実力のうち
  2. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「スマッシュできるボールも、ハイボレーで処理」テニスの試合でやってませんか?
  3. テニス ストローク

    ロブ

    ダブルスの試合、相手をロブで走らせたら待ちかまえよう
  4. ストローク

    相手の足元に沈めるストロークを打つには、「縦方向にラケットを使う」ことを意識しま…
  5. テニス ボレー

    サーブ

    サーブ&ボレー習得に、必要な根気について
PAGE TOP