テニス 戦術

リターン

大事なポイントこそ、「ファーストサーブ、入ってこい!」のスタンスでリターンを

テニスはメンタルより技術、ということを何度も書いて来ました。

気持ち、気持ちと言っても、結局何をするの?という部分が大事、なのは確かです。

でも、言葉の力は上手く使いたい。

特にプレッシャーのかかる場面でのリターン、のようなときには、言葉を上手く自分にかけてあげたい。

私はいつも、この言葉を自分に言い聞かせています。

 

大事なポイントこそ、「ファーストサーブ、入ってこい!」のスタンスでリターンを

 

1.「ファーストサーブ、来い!」

30-40や、40-30、のような場面。

つい、相手のファーストサーブは「フォルトして欲しい・・・」と、思いますよね。

これが自然です。

でも、そういう想いが少しでもあると、それは隙にしかならない。

オンラインのようなサーブで、「フォルト!」と言いたくなって反応が鈍る。

そうじゃなくて、「ファーストサーブ、入って来い!」と自分に言い聞かせる。

そしてしっかり、前に踏み込んでリターンしていく。

入らなかったらラッキー、ではく、「自分のプレッシャーが良い感じで効いたな」と、自画自賛。

そして、「セカンドサーブ、絶対入って来い!」とまた考える。

ダブルフォルト、という願望は一切持たない。

この意識だけで、結構リターンゲームは変わりますよ。

 

2.気迫は絶対に、相手に伝わる

私はプロ選手の試合も、何度か審判台から見て決ました。

気付いたのは、リターン側の気迫って、絶対にサーブ側に伝わるということ。

嫌がっているのか、自分から迎えにいこうとしているのか。

そういう違いって、本当に雰囲気や空気で分かりますよ。

フォルトを期待している選手、もすぐに分かります。

微妙なライン際のサーブ、で良いプレーが出来ないのは、フォルトかも・・・と一瞬、頭をよぎるから。

人間ですから仕方ないのですが、この発想では格上選手なんて絶対に倒せない。

相手の良いプレー、を覆して凌駕していかないとテニスの試合は勝てないですからね。

 

3.心は熱く、頭は冷静に

でも、しっかり頭は冷静にならないとリターンはダメ。

相手のサーブの傾向、をしっかり読んである程度山を張ることは必要です。

「ここのコースに、入って来い!」くらいの気持ちで待つ。

本当に良いサーブ、を逆サイドに打たれたらそれはもう相手のナイスプレー。

だからこそ、自分にしっかり声掛けして気持ちが引かないようにする。

皆さんも、いつか大勢の観客の前でプレーする機会も出て来るでしょう。

そんなとき、本当に自分を鼓舞する、応援できるのは自分だけ、ですよ。

どんなに心は熱くなっても、頭は冷やしておく。

「入って来い!」という言葉は少し荒々しいけど、それは自分の冷静さを保つ為。

普段から、しっかり自分とコミュニケーションを取ることは大事です。

それも、「厳しいことに立ち向かう言葉」で、接してみて下さい。

 

本当に良いサーブは、どこかでしっかり叩かないと勝てない。

相手の調子を崩すも乗せるも、アナタ次第です。

リターンのときに、自分の雰囲気はどうなのか。

対戦相手が崩れることを期待しているだけ・・・だと、まだまだ試合に出る選手としては甘い。

もっとしたたかに、もっと自分に厳しく。

「ファーストサーブ、入って来い!」

小さい声で今、発してみませんか?

きっと勇気が湧いてくると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. テニス ダブルス

    リターン

    パッと見遅いサーブ、に試合では気を付けろ

    強い相手のサーブは、必ず速い?いや、そんな感じでもないと思いま…

  2. テニス ストローク
  3. テニス ストローク

    リターン

    ミックスダブルスのリターン、男性は女性サーブこそコンパクトに振っていかないと

    ミックスダブルスで、もったいないポイント。それは、男性が女性サ…

  4. テニス ストローク
  5. テニス メンタル

    リターン

    ダブルスのリターンをストレートに打つ、身体の開きを抑えよう

    リターンのとき、どんなときにミスが増えるのか・・・といえば、やはり身体…

  6. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で勝てる、「リターンでの反応を誰よりも速くする!」ための練習方法、教えます

    リターンの反応の速さ、アナタは自分で速い方だと思いますか?個人…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    ロブ

    トップスピンロブに切り替えた人から、テニス上級者になれる
  2. テニス ダブルス

    その他

    「たくさんのテニスを観て、触れること」が、アナタのテニス人生にとって大きな財産に…
  3. テニス 構え

    ストローク

    「思いつき」でショットが打てますか?テニスの試合でのショット選択について確認しよ…
  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    試合でしっかり「ポイントが奪える」スマッシュに必要なのは、2種類スマッシュを打ち…
  5. ストローク

    テニスの試合では、「どこでラケットダウンさせてる?」を意識するとストロークの安定…
PAGE TOP