テニス ミス

ストローク

グリグリなストロークのボールに圧力を感じるのは、備えが無いから

社会人からテニスを始めた方で、試合に出て壁となってくるのがストロークの回転量の問題。

ジュニアからしっかり打って来た選手は、ストロークの回転量が多くて思い、オムニコートでも活きたボールを打って来る。

「グリグリ」という表現がピッタリのヘビーなスピン、に対抗していくにはどうすれば良いのか?

無策だと圧力だけ感じて、ずるずる下がって押し切られてしまう。

試合に勝ちたいなら、こういうストロークが強力な選手に対する対策は必須です。

 

グリグリなストロークのボールに圧力を感じるのは、備えが無いから

 

1.分厚い当たりのストローク・・・重い!辛い!

試合をしてみると、よく分かる。

ストロークが良い選手は、本当にバウンド後の伸びが凄い。

だから警戒して下がろうとしても、そうすると相手が打てるコースも拡がるし前が弱くなる。

じゃあ、前に出てボレー?それも激しく足元に沈められるから、億劫になってしまう。

何も準備が無いと、ストロークで回転量が多い選手に対して、どうしても受け身のテニスになってしまいますよね。

ここを打破していくのに、必要な要素を洗い出してみましょう。

 

2.ライジングショットを磨く

まずはライジングショット、をしっかり磨くこと。

バウンド後に伸びて来る、ボールは、バウンド後に時間を短くしてタイミングを速く打っていくことが大事。

ちょっと怖いですが、グリグリなボールもしっかり身体の前でさばけるよう、しっかり速く準備する。

準備して、ミスしても良いので実行していく。

相手は、自信のある自分のストロークに「向かって来られる、強気で来られる」ことが大嫌い。

メンタルもきっと、乱れてくれるでしょう。

 

3.並行陣を、ダブル前衛で敷く

グリグリな選手は、ボレーヤーの足元に打つのも大好き。

普通の並行陣であれば、後衛のポジション、サービスライン付近に立っていては危険。

2人で前衛、ダブルポーチ、の形を取るのも私は有りだと思いますよ。

ロブが来たら、それはそれでOK。

だって、「大好きなグリグリストローク」以外のことを相手にさせた訳じゃないですか。

そこからリズムが崩れてくれる可能性も大、でしょう。

 

4.相手を前に出す

グリグリのスピンストローク、が好きな選手にも弱点はある。

一般的に、スライスやボレーのようなショットはグリップを大きく変えないといけないので、苦手にしている選手が多いのが事実です。

昔から、ストローク中心の練習、ですからね。

だったら前、に引っ張り出していきたいのがテニス。

先手を取って、自分はスライスを使いながら、相手を前におびき出してみましょう。

ベースラインに居る時から一転して、きっと不安そうな顔をしてテニスをプレーしてくれるはずですよ。

 

まだまだ、きっと作戦はあると思います。

大事なのは、「ストロークが強い本格派には、勝てない」というアナタ自身の弱い心に勝つこと。

ジュニア時代からしっかりテニスをやって来たからと言って、そんなの関係ありません。

社会人から始めた人、は工夫で大きくリード出来るはず。

私はそんな社会人の皆さん、または高校や大学からテニスを始めた皆さんを、これからも熱烈に応援します。

その為に、自分自身ももっと研究していかないと・・・と、思う今日この頃です。

一緒に頑張りましょう!

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  3. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. ストローク

    打ちたい方向へ振る、のはちょっと違う

    ストロークのコントロールの基本。みなさんは、普段どんなポイン…

  2. ストローク

    雁行陣のストロークで押していくには、バリエーションが欠かせない

    ダブルスの試合、雁行陣の後衛でのストローク。ここでしっかり、押して…

  3. テニス メンタル
  4. テニス リターン

    ストローク

    「ゆるゆるテイクバック」が、テニスの基本です

    ストロークでもボレーでもそうですが、怪我が多い人ってグリップを強く握り…

  5. ストローク

    並行陣を崩すショートクロス、これで良い

    相手が前に出て来て、並行陣。アナタ自身、ここでどういう対抗策…

  6. テニス 並行陣

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ミス

    その他

    テニスの成長の過程では、「立ち止まっているときにしか見つからないもの」が絶対にあ…
  2. 戦術

    強い相手と戦うなら、絶対初戦が良い
  3. メンタル

    「なぜ、試合で勝つ選手になる為に、テニスノートが必要なのか」それは自分の変化を確…
  4. テニス トレーニング

    ストローク

    自分自身でコントロールに厳しくならないと、上達は無い
  5. テニス メンタル

    日々の雑記

    最近のスポーツニュースを観て思うこと
PAGE TOP