テニス チャンス

スマッシュ

陽射しが強い日の外での試合は、「早めに太陽に目を慣らしておく」だけで全然違う

屋外での試合、陽射しが強い日に難しいのはスマッシュですよね。

サングラスをかけていても、まぶしいときは本当にまぶしい。

サングラスをかけていない人も、実際にはまぶしいのを我慢しながら打っている方も多いはず。

でも、それってちょっとした工夫で「最初のミス」は減らせる可能性が高い。

本当は、目に良くないのでオススメ出来ないのですが・・・。

試合の前からの準備、出来ることはたくさんあるはずです。

 

陽射しが強い日の外での試合は、「早めに太陽に目を慣らしておく」だけで全然違う

 

1.空を見て、目を慣らしておく

まず、上を見ましょう。

空を見て、まぶしい太陽の近くまで見て、自分の目を慣らしておく。

出来るだけ試合前に、上を向いてスマッシュを打つ素振り、をするだけでもだいぶ違う。

太陽をジーッと見るのだけは、危ないので止めて下さいね。

でも、試合の中でいきなりロブ、が来るかも知れないことを考えると・・・そのときに上を向くのが初めて、に近いと・・・どうでしょう?

きっと、スマッシュどころじゃないと思うんですよね。

まぶしい上に、空を見ることに慣れていない。

これって、試合前にたくさん上を向いて景色に慣れておく、ことが大事なんです。

 

2.本当にまぶしいときのスマッシュは?

それでも、どんなに慣らしておいてもまぶしいときは、かなりまぶしい。

ボールが見えない・・・ことも充分に考えられるでしょう。

難しいですが、こういうときのスマッシュは、自分の近くに落ちて来るまで「ボールは見えない」くらいに思っておいて良い。

太陽と重なったら、本当に見えないですからね。

それに焦ってはいけません。

おおよその予測、を立てて動いて、最後に合わせる感じで良い。

難しいですが、焦るのが一番まずいこと、です。

まぶしい日のスマッシュは、必ず工夫が大事。

いつも通り打てない、のが当たり前なんです。

 

3.スマッシュ自体も、コンパクトにしていこう

まぶしい日、のスマッシュは特にそうですね。

ラケットの振り幅を少し小さくして、コンパクトにする。

出来るだけ、ラケットの中心近くに当てる為に、小さいスウィングを意識しましょう。

それから、大事なのは自分から上方向に打ちにいくこと。

まぶしいと、つい落ちて来るのを「待ち過ぎてしまう」ことが多い。

ここが一番、難しい部分だと思います。

2.で書いたように、予測しながら落ちて来る、ボールが見えて来るタイミングを待つけど・・・最後は自分から高い打点で打ちにいく。

まぶしい日、のスマッシュほどこれが大事になって来ます。

 

4.まぶしい日、は自分優位と考えよう!

大丈夫、テニスの試合はチェンジコートの制度がありますから。

まぶしい想いをするのは、自分だけじゃない。

きっと、こういう天候に左右されそうな時の試合って、自分次第。

私はいつも、「こういう時は、自分に優位」と思うようにしています。

まぶしい日、風が強い日・・・など、天候が影響しそうな日は、チャンスがある。

そう、強い相手に勝つチャンスがあると。

そう考えながら試合していると、結構スマッシュだって打ち切れるはずですよ。

 

まぶしい日は、まず目を慣らす。

これだけで、かなりアナタのスマッシュの1回目の雰囲気、精度は変わるはずです。

相手のロブに対して「よし!」と思って上を向く。

その心意気さえあれば、きっと大丈夫。

実はサーブだって、一緒です。

最初のスマッシュを打てると、その後も乗っていけますしね。

ぜひ、試合前に意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュで角度を付けてエースを狙うには、「打点を斜め前」に確保出来るように動こう!

    スマッシュはコースで勝負。特に余裕がある、しっかりフットワーク…

  2. テニス ダブルス

    スマッシュ

    予測力を磨けば「スマッシュは返球できる!」テニスの試合に必要な予測力とは?

    試合上手は、相手の攻撃をいなすのが上手い。テニスのおいて、この…

  3. テニス ストローク

    スマッシュ

    ダブルスの試合、「スマッシュのコースで迷ったらまずはセンター!」と割り切って打つこと

    スマッシュには決断力が不可欠。特に低くて速いロブに対しては、打…

  4. テニス スライス

    スマッシュ

    スマッシュをロブで粘れる、ようになるには?

    相手の速いボールを、しっかり返球出来る人。特にスマッシュをロブ…

  5. テニス ボレー
  6. テニス ボレー

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス アイシング

    テニス知識

    ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合を勝ち抜くために、ペアで連動すべきポイントはどこか?
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「ゲームカウント4-4からこそ、自分が活躍できる時間!」と思える為に、テニスの試…
  4. テニス スマッシュ

    戦術

    成功体験が少ないテニス選手に、ミスを責めても何も発展しない
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで効果的な攻撃が出来る選手は、「常に2/4で空いているコートスペース」を…
PAGE TOP