テニス ボレー

ボレー

ネット近くまで詰めることが出来たら、ラケットの位置をアゴ下まで上げて高く構えよう

ボレーで決定力が無い、ポーチで決まらない・・・。

人は、まずこの基本を思い出してみましょう。

テニスの試合、ネットに詰めたような時ほど、基本が大事。

大丈夫です、ネットに詰めた時点で相手にも大きなプレッシャーがかかっている。

アナタ自身は、シンプルなプレーに徹することが一番です。

 

ネット近くまで詰めることが出来たら、ラケットの位置をアゴ下まで上げて高く構えよう

 

1.ネットを味方にしよう!

この意識、大事です。

ネット近くまで詰めたなら、アナタ自身が「自分の打ったボールが、ネットにかかる」ということは、ほとんど無いはず。

むしろ、ネットは味方です。

相手が打ったボール、自分の足元はネットが守ってくれる、壁になってくれる。

この意識があれば、自分の低い位置は守らなくて良い、ネットが防いでくれる、と思える。

だから思いっきり、ラケットを高い位置にセット出来るんですよ。

ネットはアナタの味方です。

しっかり仲間意識を持って、前に詰めていきましょう。

 

2.高い位置にラケットセット、が必要な理由

ネットに詰めると、それだけ相手との距離は縮まる。

ということは、より威力のあるボールを触る、ということになりますね。

このボールの勢いに負けない為には、打点を前、それから準備の高さが必要。

上からしっかり、押さえつけないとボレーはふかしてしまう・・・のが、ネット近くでのボレーの怖いところです。

ポイントは、自分のアゴの下、くらいにラケットが来るように高く準備すること。

膝を軽く曲げて、上体は伸びきらないように。

ネットに詰めて、この態勢を作ることが出来れば大丈夫です。

きっと変なミス、は無くなるでしょう。

 

3.高い位置に準備すれば、サッと引くことも出来る

準備が早いと、アウトだって誘える。

自分が高く構えたところに速いボールが来る・・・ときは、アウトかも知れませんよね。

この判断、も正確に出来るようになるんです。

元々の構え、でラケットがアゴ下のように高い位置にあれば、大丈夫。

落ち着いてボールを見る、判断することが出来るはずです。

慌ててラケットセット、をするから、その勢いでアウトボールまで触ってしまう。

ネットに近い場所に行くほど、テニスは、ボレーはシンプルになっていくんです。

 

4.打つコースもイメージしながら前に詰めよう!

自分が打つコース、もしっかりイメージが大事。

これは、相手が打つ前に自分が前に詰めて、ステップを踏む直線には結論が出ているのがベスト。

時間は無い、ですからね。

自然と身体が反応し、ラケット面を作る、上から抑える。

これがネット近くでのボレーの基本。

シンプルな動作に仕上げれば、決して難しくないですよ。

 

5.もっともっと、前に詰めて良い!

ロブが怖い、陣形が崩れる・・・よりも、大前提として・・・。

前衛、ですからね。

特権を活かして、どんどん前に詰めましょう。

特に女子ダブルスの方は、なかなかロブを警戒して勇気が持てない、前に出れないはず。

それでも、きっともっと、アナタのポジションは上げられる。

今より強い相手、に勝ちたいと思うなら、やっぱりネットプレーに攻撃力は必要です。

ぜひ、今回のコツを活かして、前に詰めてポイントを狙ってみて下さい。

きっとすごく、盛り上がりますよ!

 

詰めて決めたポイント、は大きい。

相手に与えるショックも、自分たちが得る自信も、試合を動かす流れも生んでくれる。

ラケットの準備の高さ、見過ごされがちなポイントですが大事です。

アナタが思っている以上に、ラケットの準備の位置は低いはず。

詰めたときのボレーは、高めにセットでいきましょう!

ピックアップ記事

  1. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    中級と上級の差、ハイボレーをふかしてアウトしてしまう人は、「横向きの抑え」が足りない人がほとんど

    テニスは上のレベルになるとポイントゲット、ゴールゲットのスポーツ。…

  2. テニス ダブルス
  3. テニス ボレー

    ボレー

    サッカー経験者なら、トラップ感覚でドロップボレーは完成する

    「めっちゃドロップボレー上手い!」と思ったこと、皆さんもあるはず。…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーは外から、ローボレーは内側からラケットを入れていこう

    ボレーのラケットワークの基本、私はコレが大事だと思っています。…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    試合の緊張した場面では、「勝負はあくまでネットプレー」で!

    試合の緊張した場面、ここぞというポイント。そんな場面でこそネッ…

  6. テニス スマッシュ

    ボレー

    「片手バックハンドボレーが難しい」と感じている人は、シンプルな準備の形に変えていこう

    テニスを始めて最初の壁、それは「バックハンドボレー」だと思います。…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのレベルを上げたければ、左右よりも前後の反応速度を上げていこう
  2. テニス メンタル

    サーブ

    試合で使える良いサーブとは、リターンのコースを限定出来るサーブです
  3. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの前衛で、「味方のサーブでポーチに出れない」人にとっておきのコツを
  4. 戦術

    自信とは、自分で作り出していくもの
  5. テニス ダブルス

    スマッシュ

    予測力を磨けば「スマッシュは返球できる!」テニスの試合に必要な予測力とは?
PAGE TOP