テニス ボレー

ボレー

ネット近くまで詰めることが出来たら、ラケットの位置をアゴ下まで上げて高く構えよう

ボレーで決定力が無い、ポーチで決まらない・・・。

人は、まずこの基本を思い出してみましょう。

テニスの試合、ネットに詰めたような時ほど、基本が大事。

大丈夫です、ネットに詰めた時点で相手にも大きなプレッシャーがかかっている。

アナタ自身は、シンプルなプレーに徹することが一番です。

 

ネット近くまで詰めることが出来たら、ラケットの位置をアゴ下まで上げて高く構えよう

 

1.ネットを味方にしよう!

この意識、大事です。

ネット近くまで詰めたなら、アナタ自身が「自分の打ったボールが、ネットにかかる」ということは、ほとんど無いはず。

むしろ、ネットは味方です。

相手が打ったボール、自分の足元はネットが守ってくれる、壁になってくれる。

この意識があれば、自分の低い位置は守らなくて良い、ネットが防いでくれる、と思える。

だから思いっきり、ラケットを高い位置にセット出来るんですよ。

ネットはアナタの味方です。

しっかり仲間意識を持って、前に詰めていきましょう。

 

2.高い位置にラケットセット、が必要な理由

ネットに詰めると、それだけ相手との距離は縮まる。

ということは、より威力のあるボールを触る、ということになりますね。

このボールの勢いに負けない為には、打点を前、それから準備の高さが必要。

上からしっかり、押さえつけないとボレーはふかしてしまう・・・のが、ネット近くでのボレーの怖いところです。

ポイントは、自分のアゴの下、くらいにラケットが来るように高く準備すること。

膝を軽く曲げて、上体は伸びきらないように。

ネットに詰めて、この態勢を作ることが出来れば大丈夫です。

きっと変なミス、は無くなるでしょう。

 

3.高い位置に準備すれば、サッと引くことも出来る

準備が早いと、アウトだって誘える。

自分が高く構えたところに速いボールが来る・・・ときは、アウトかも知れませんよね。

この判断、も正確に出来るようになるんです。

元々の構え、でラケットがアゴ下のように高い位置にあれば、大丈夫。

落ち着いてボールを見る、判断することが出来るはずです。

慌ててラケットセット、をするから、その勢いでアウトボールまで触ってしまう。

ネットに近い場所に行くほど、テニスは、ボレーはシンプルになっていくんです。

 

4.打つコースもイメージしながら前に詰めよう!

自分が打つコース、もしっかりイメージが大事。

これは、相手が打つ前に自分が前に詰めて、ステップを踏む直線には結論が出ているのがベスト。

時間は無い、ですからね。

自然と身体が反応し、ラケット面を作る、上から抑える。

これがネット近くでのボレーの基本。

シンプルな動作に仕上げれば、決して難しくないですよ。

 

5.もっともっと、前に詰めて良い!

ロブが怖い、陣形が崩れる・・・よりも、大前提として・・・。

前衛、ですからね。

特権を活かして、どんどん前に詰めましょう。

特に女子ダブルスの方は、なかなかロブを警戒して勇気が持てない、前に出れないはず。

それでも、きっともっと、アナタのポジションは上げられる。

今より強い相手、に勝ちたいと思うなら、やっぱりネットプレーに攻撃力は必要です。

ぜひ、今回のコツを活かして、前に詰めてポイントを狙ってみて下さい。

きっとすごく、盛り上がりますよ!

 

詰めて決めたポイント、は大きい。

相手に与えるショックも、自分たちが得る自信も、試合を動かす流れも生んでくれる。

ラケットの準備の高さ、見過ごされがちなポイントですが大事です。

アナタが思っている以上に、ラケットの準備の位置は低いはず。

詰めたときのボレーは、高めにセットでいきましょう!

ピックアップ記事

  1. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  2. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  3. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  4. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. ボレー

    前に詰めて逆クロスにボレー、打てる?

    ダブルスの試合で、使えるボレー術。あまり良い打ち方としては紹…

  2. テニス 粘り

    ボレー

    クロスボレーを磨けば、試合でのボレーのネットミスは減るはず

    試合で、「ボレーのネットミス」が多い方。ちょっと、思い出してみ…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    ローボレーが苦手な人が身に付けたい、「掴んで放すスライスボレー」のコツ4つ

    低い位置でのローボレー、苦手にしている人多いんじゃないでしょうか。…

  4. ボレー

    ポーチに出るタイミング、勘ではダメ

    ダブルスの試合。ポーチに出る場面。これをどうやって、決めてい…

  5. ボレー

    自分で誘って決める、前衛のポジションは・・・?

    ダブルスの試合で、リターンを前衛が誘う。昨日のミーティングでも…

  6. ボレー

    至近距離でのボレー戦になったら、どんどん上を使おう

    ダブルスの試合で、ボレー同士の打ち合いになる。こういう場面でポ…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ボレー

    フットワーク

    「流れるようなネットプレー」の裏には、テニスで必要な効率的な体重移動が不可欠です…
  2. サーブ

    試合で有効な相手への「ボディサーブ」を極めたいなら、狙うコースは身体の正面じゃな…
  3. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「ポイント間に自分と会話する」ことが出来ると、メンタル面が安…
  4. テニス 並行陣

    サーブ

    安定した回転系のサーブは、こするのではなく「弾く」感覚で
  5. テニス 練習

    戦術

    自分の多い失点パターンを、もう一度考えてみよう
PAGE TOP