テニス ボレー

ボレー

バックハンドボレーを逆クロスに打つには、ラケットをグリップから出していくこと

バックハンドボレーを逆クロス方向に打つ。

聞くだけで、難しく感じる方・・・多いかも知れません。

私からすると、実はこのボレーが一番簡単、なんです。

だって、構えたままで打つことが出来るショット、ですから。

意識したいポイント、まとめてみました。

きっと片手打ちの方も両手打ちの方も、バックボレーが大好き、になりますよ。

 

バックハンドボレーを逆クロスに打つには、ラケットをグリップから出していくこと

 

1.基本の構え、を確認してみよう!

まずは、基本の構えから。

ネットプレー、前に出ているときには、出来るだけラケット位置を上げましょう。

自分の胸の前、にグリップが来る。

そして両肘はリラックスした状態で曲げて、ラケット面は「バックボレーを打つ面」を相手側に向けておく。

しっかりとスロートを利き腕と逆の手で支えて、全体的にリラックスして待っておく。

この形が出来ていれば、これってもうバックハンドボレーの形、なんですよね。

そのまま正面にボールが飛んで来たら、そのままの形で当てればOK!

利き腕の手の甲、が相手側にしっかり向いていれば大丈夫。

みなさん、イメージ出来ますか?

 

2.逆クロス方向にバックボレー、すごく楽です

そのまま、バックボレーで逆クロス方向に打ってみましょう。

打つ、というより流す、という感覚ですね。

ボールに対して、しっかりグリップから前に出していく。

利き腕の小指、がまずボールに向かっていくようにラケットを出してみて下さい。

ラケット面は、自然に上向きを作って、ボレー自体が山なりな軌道で良いと思います。

逆クロス方向には、これでしっかりボールを運べます。

ボールの下、少しだけ自分の身体の側を触ってあげると、良いスライス回転がかかるし上手く打てるはず。

逆クロス方向には、あまりラケットを動かし過ぎなくて良いんです。

ゴチャっとしてしまうと、より難しくなりますよ。

 

3.上半身だけでも、肩を入れて横向きを作れば完璧

右利きの方のバックボレー、であれば右肩を少しだけ前に出す。

そうすると、抑えが効いて弾かれない、良いスライスボレーが打てるようになるはず。

両手の方は、しっかり利き腕で無い方の手、でラケットを主導していく。

と言っても、あまり動かさなくて良いんですけどね。

余裕があれば、前に踏み込んでいくようにしてボールに力を伝えていきましょう。

上半身を軽くひねって、前に踏み込んでいく。

打点は、「前過ぎない」のがポイントです。

 

4.振り遅れ気味で逆クロス、はテニスの基本です

何でもかんでも、「打点は前!」だとしんどくなる。

そう思いませんか?

ストロークでもボレーでも、逆クロス方向にボールを打とうと思ったら、自然と打点は後ろになります。

クロス方向に打つ打点より、ボレーなら30cmくらいは違う。

ただし、遅れるのではなくこれは調整、ですから。

しっかり引き付けて、ボールの触る位置を変えるだけ。

打点が前、のときにはボールの外側を触るし、打点が後ろ、のときにはボールの内側を触る。

ラケットをどう出すか、の違いですね。

このあたり、ぜひ素振りでボールのどこを触るのか?をイメージしながら練習してみて下さい。

 

5.先入観を無くせば、テニスの上達は早まる

これは、声を大にして言いたい。

何度も書いてきましたが、テニスにおいて「難しそう」な技術ほど、実は簡単なものもある。

自分の中で、決め付けないこと。

周りやコーチから言われても、全てを鵜呑みにしない。

「本当かな・・・?」と自分で考えること、が大事なんです。

今回のバックハンドボレーを逆クロスに打つ、という技術だって、ほとんどの人が難しいことだと決め付けている。

もったいないことです。

だって、構えたままの形から一番楽に打てる、シンプルなボレーなのに。

 

私は実際の試合では、このボレーでガンガン「ドロップボレー」を打ちます。

だって、楽ですから。

打つ方向も見やすいし、力の調整もしやすい。

構えたままで打てるので、相手にバン!と打たれても、楽にドロップで落とせる。

騙されたと思って、打ってみて下さい。

きっと世界が変わりますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  4. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  5. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    浮いたチャンスボールなのにネットプレーで足が出ない人は「無意識のうちに安心している」

    浮いたチャンスボールほど、テニスではつい力が入るもの。「しっか…

  2. ボレー

    相手に深いボールを打たせない、為にネットプレーがある

    ネットに出ることに、イマイチ踏み切れない人。そういう人は、この…

  3. テニス メンタル

    ボレー

    ただつなぐだけのボレーでも、同じ構えからドロップボレーが打てれば試合で相手の脅威になります

    ネットプレーでは、何としてでもポイントをしっかり獲りたい・・・それも、…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーでは、「自分の肘を胸の前の位置に残す」意識で改革しよう

    どんなに意識しても、ボレーでラケットを振ってしまう人。具体的に…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    角度を付けたアングルボレーを打ちたければ、「ラケットヘッドを立ててボールの横」を触ってみよう

    今回は、シンプルにアングルボレーの基本をおさらい。角度を付ける…

  6. テニス ダブルス

特集記事

  1. ストローク

    「スライスは伸びが命」テニスの試合で使える抑えの効いたスライスを覚えよう
  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「上でコンパクトに打ち終わるスマッシュ」を身に付けて、次への準備を早くするとネッ…
  3. テニス ボレー

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合では、「前衛が触った瞬間にペースアップする」ことを頭に入れ…
  4. テニス ダブルス

    戦術

    テニスの試合では、チャンスボールこそ「いつものレベルのショット」で打てば良い
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ベースラインからのストローク展開で、「ライジングショットがなぜ必要なのか?」を改…
PAGE TOP