テニス ストローク

ボレー

ドロップボレー成功の秘訣は、逆クロスのコースに有り!

テニスの技術の中でも、トップクラスに難しい技術。

それはドロップボレー、でしょう。

でも、今回はそのドロップボレーを、劇的に楽にさせる、ある発想を紹介します。

きっと、やってみれば「簡単じゃん!」と思うこと、間違い無しです。

 

ドロップボレー成功の秘訣は、逆クロスのコースに有り!

 

1.そもそもボレーは、クロス方向の方が打つのが難しい

ボレーを打つコース、皆さんはどういうコースが打ちやすいですか?

クロス?ストレート?逆クロス?

意外と・・・クロス方向が難しいんですよね。

なぜなら、打っていく方向を身体が向いてしまいがち、身体が開いてしまいがちだからです。

ラケット面で飛ばす方向を決める、のがボレー。

打つ方向が、自分の背中の方向のようなアングルボレー、ドロップボレーは、やはり難しい。

そう考えると・・・逆クロス方向はどうですか?

 

2.打つ方向が、見えやすいのが逆クロス

逆クロス方向へのボレーは、打ちやすい。

なぜなら打つ方向を、そのまま見ていられるから。

打点に顔を残しながらも、そのまま打球方向が見えるからイメージしやすい。

軌道の先が見えるから、ドロップボレーも打ちやすい。

短い距離に打つドロップボレーですが、やっぱり落とす場所が見えた方が打ちやすいですからね。

そして逆クロスは、もう一つドロップボレーが打ちやすい理由があるんです。

 

3.打点が低くなっても、ドロップボレーが打ちやすい!

逆クロス方向へのボレーは、打点が低くても打てる。

クロス方向は、しっかりボールの横に下から入っていかないと打てないので、かなり低い態勢が求められますよね。

でも、逆クロス方向なら、そのままラケットヘッドから下に下げて、ボールの横を触る感じで良い。

低く沈められたときに、「逆クロスのドロップボレーは、楽!」と思えるとすごく試合が進めやすい。

相手から攻撃されても、一気に反撃出来る。

ぜひ、練習でも使ってみて下さい。

 

シンプルに、こう考えましょう。

ネットプレーで沈められたら、逆クロスにドロップボレーで良い!と。

やってみると分かりますが、ボールの横を触ると意外と楽に打てる、そんなショットです。

ぜひ、試してみて下さいね。

 

今回のまとめ

足元に沈められたときに打ちやすいのが、逆クロスのドロップボレー

 

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. ボレー

    「足元ボレー強化法」テニスの試合で求められる即決力をネットプレーで磨くには?

    相手がネットプレーに出てきたらどうする?パッシングで抜いてしまう?…

  2. テニス ダブルス

    ボレー

    ネットプレイヤーを目指すなら、「軌道を見始めてウォッチ」する力は不可欠

    ネットプレイヤーを目指す人、が意識して欲しいこと。あくまで、自…

  3. テニス スライス

    ボレー

    テニスの試合では、「相手にドロップを警戒させて深く打つ」スライスが有効です!

    まず初めに、これはかなり難しい技術です。スライスショットを浅く…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの試合で本当に強い前衛は、ポーチボレーの後にも全く隙が無い

    ダブルスの試合で、前衛がポーチに出る。ここまではよく観る光景で…

  5. テニス スマッシュ

    ボレー

    ネットに近い位置で、「ラケットヘッドを立てて身体の横向き」を作れば、アングルボレーは簡単に打てます

    ダブルスの試合、レベルが高くなってくるとセンターはしっかり2人で守って…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスのファーストボレー、「コツンと当てる」感じでいきましょう

    サーブ&ボレー、並行陣、なんだかんだで難しいですよね。サーブを…

特集記事

  1. テニス
  2. テニス フットワーク
  3. テニス
  4. テニス トレーニング
  5. テニス 防寒
  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合は、「ポイント間の数秒で意志を確認し、決断し、伝える」能力…
  2. テニス メンタル

    テニス知識

    テニスでは、「ラケットとボールが喧嘩しない柔らかさ」を意識していけばタッチが良く…
  3. テニス シングルス

    シングルス

    テニスのシングルスの試合、「簡単なミスをしない為」に必要な意識5つ
  4. テニス リターン

    リターン

    ポイントを50-50でスタートする、ことをリターンの合格点に設定してみよう
  5. サーブ

    「強い対戦相手には、強いサーブが必要?」の質問に、お答えします
PAGE TOP