テニス ストローク

戦術

「難しいこと」は、どんどん相手にやらせよう

試合の中で、「難しいこと」って何でしょう?

アナタがやっていて「嫌だな」と思っていること、何でしょうか?

もし思いつくことがあれば、それはきっと、アナタがやると危険なこと。

どんどん、相手にやらせてみませんか?

 

「難しいこと」は、どんどん相手にやらせよう

 


 

1.「難しいこと」は、テニスの試合で求められる

まず・・・例えば「セカンドサーブ」ですね。

入らないと失点、ってなかなか難しい、精神的にもキツイ。

「そんなの、ファーストサーブが入ったら、打たせられないじゃん」と思うのが自然。

ですが、「ファーストサーブをフォルトさせること」が出来れば、相手に難しいことをやらせることが出来る。

ポジションを変えたり、エース級のボールにも予測して反応出来ると、「もっと厳しい場所に打たないと!」と思って、厳しく攻めようという意識になる。

そうやって考えると、たくさん相手に「無理」をさせること、が大事だと思いませんか?

 

2.アナタ自身は、「なるべく難しいことをしない」だけで試合に勝てるはず

当然、アナタ自身は難しいことはしない、に限りますね。

試合の中で、失敗を減らすにはリスク管理が大事。

先ほどのセカンドサーブ以外にも、コートの後ろからの強打、一発勝負のボレー、なんかそうですよね。

後は、ストロークが得意な相手にストロークで勝負を挑む、のも難しいこと。

他には何があるでしょうか?

アナタ自身で考えて、答えを出すことが大事です。

 

3.テニスは戦い方を「選べる」競技です

スポーツの中でも、テニスは自由度が高い。

以前も書きましたが、テニスではノーバウンドで打ってもワンバウンドで打っても有効、なルール設定。

これって、実は「難しいことを避ける」為の、大事な手段が増えるということ。

勝つためのテニス、には、当然勇気が要るような場面、ショットも求められるはず。

でも、きっとそんなポイントは試合で1回か2回。

ほとんどの場面では、自分で勝手に難しくして、冒さなくて良いリスクを冒して自滅、になっていることに気付きましょう。

 

難しいことは、相手にさせる。

この言葉を、試合前に思い出してみましょう。

同時に、テニスを「難しくしているのは、自分」という心構えも。

きっと客観的に試合を進めていける、と思いますよ。

 

今回のまとめ

テニスの試合で難しいこと、を整理しておこう!

 

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  4. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  5. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について

関連記事

  1. テニス 前衛

    戦術

    40-30でのサーブ、ノーアドバンテージ形式は「2本中1本で良い」と思えたら楽になる

    今回も、私が実際の試合で使っている「言葉」について。試合形式が…

  2. テニス ボレー

    戦術

    あえて言います、40-40の1本勝負では、強気でいきましょう!

    これは、最近の私のテーマでもあります。今までは、ダブルスの試合…

  3. テニス メンタル

    戦術

    テニスのルールは、「いつも自分の味方!」という意識

    テニスのルール。皆さんも試合中、ほとんど意識することは無いです…

  4. テニス ストローク

    戦術

    カウンターパンチャーの選手に対しては、「あえて自分からは攻撃していかない」という選択肢が有効

    試合の中で、こういう相手は結構多い。相手の攻撃を、「反撃する」…

  5. テニス メンタル

    戦術

    環境や雰囲気に、自分の感覚が流されてはいけない

    試合には、流れがある、とよく言われます。確かにテニスも、それほ…

  6. テニス フットワーク

    戦術

    ドロップショットの合格点軌道、を決めておけば試合で楽に使える

    浅いボールを打って、相手を動かす。ドロップショットも、本来これ…

特集記事

  1. テニス メンタル

    リターン

    「ブロックリターンが使えると、試合にリズムが作れる」相手に決めらるのはOK、と割…
  2. テニス ストローク

    ボレー

    シングルの試合で、「ダウンザライン方向への展開から、ネットに出る」と、カバー範囲…
  3. テニス 準備

    シングルス

    シングルスでのパッシングショット、クロスが基本
  4. テニス メンタル

    その他

    「テニス部で部活をやってると、受験勉強できない?」実はこの2つ、似ているから両立…
  5. テニス メンタル

    その他

    日常生活の中で「テニス脳」を鍛える5つの方法
PAGE TOP