テニス 序盤

戦術

格上相手のテニスの試合では、「序盤の相手の様子見」を見逃してはいけない!

序盤の大切さ、はこのサイトでも何度か書いてきました。

それはアナタが格上選手と対戦するときも、同じ。

むしろ実力差があるときの対戦の方が、より序盤は大事なのです。

相手が何となくで入ってくれる、序盤の様子見の時間帯を、見逃してはいけません。

 

格上相手のテニスの試合では、「序盤の相手の様子見」を見逃してはいけない!

 


 

■「パワー全開!」で入って来る選手は、少ない

格上のシード選手は、試合の序盤から全開で入るとは考えにくい。

自分に自信もあるし、何よりアナタを「知りたい」と情報を集めてくる。

だからこそ甘いボールも来るでしょうし、アナタもポイントが獲れるチャンスがあるはず。

プライドもあるでしょうから、必死にボールを追うことを諦めてくれるかも知れません。

そんな隙を、アナタ自身見逃してはいけないのです。

 

■序盤で競っていく、では物足りない!

格上選手相手にテニスの試合で勝つには、序盤が大事。

序盤で競っていくのは最低限で、出来ればハッキリとリードを奪いたいのです。

なぜなら、リードしてこそ相手が「特徴」を出してくる、必死になってくるからです。

格上選手の試合に勝ちたければ、早く相手の余力を無くすこと。

余力のある状態でラリーしていても、相手は必ずどこかでペースを上げてくるので、本当のリードとは言えない。

先にリードして、相手を必死にさせていくことが絶対に必要なのです。

 

■真向勝負の中盤には、アナタが冷静に対応出来るように

私の経験上、最初の4ゲームで3-1リードくらいになると、相手も焦って本気を出し始める。

そうなったときには、まずうろたえないこと。

そして、アナタ自身もしっかり観察することです。

相手は格上選手で、ペースを上げようとしてきている。

テニスでは、必ず攻撃に応じて隙や弱点が生まれます。

そのポイントを観察して、ハッキリした攻撃で突いていくこと。

受け身にならず、粘りながらチャンスを待ちましょう。

 

「様子見」が上手い選手、下手な選手がテニスの試合ではハッキリ分かれます。

上手い選手は、普通にプレーしながら相手を観察できる。

下手な選手は、序盤に油断していて様子見というよりも、どこかスカしているだけ。

格上相手に勝つには、相手のちょっとした精神的な隙に付け込むのが第一。

技術の差を埋めるには、事前の準備と作戦実行の思い切りが大事です。

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  3. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  4. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  5. メルマガ配信、登録を開始します!

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合、自分の中で「抑揚」の作り方について

    「抑揚(よくよう)」って、あまり使わない言葉ですよね。言葉の意…

  2. 戦術

    必ずこの相手に、どこかで上回れる

    試合をしていて、相手を見て何を感じるか。戦ってみて、厳しいな…

  3. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合、「たまたま調子が悪い日」を無くす5つの方法

    試合の調子には波がある。誰でもそうですが、試合に強い人はその波…

  4. テニス メンタル

    戦術

    「今日の対戦相手は、自分より少し上」と考えて試合に入ろう

    テニスの試合、対戦相手とどう向き合うのか。これが上手い選手は、…

  5. 戦術

    基本ポジションは、ラリーの中でどんどん変わる

    基本のポジション、テニスではこれが大事とされています。でも、…

  6. テニス ダブルス

    戦術

    下がれば下がるほど、テニスは技術と体力が要る

    テニスのプレーは、後ろの方が簡単?どちらかと言えば、後衛の方が…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    勝つ為、ではなく自分を磨く為
  2. テニス 練習

    ストローク

    ストロークをしっかり振り抜けば、相手のボレーは怖くない
  3. サーブ

    テニスの試合、「自分のセカンドサーブがいつも打ち込まれる・・・」と悩む人は、バウ…
  4. テニス ラグビー

    その他

    帝京大学ラグビー部に学ぶ、「体育会の負の部分を取り去る勇気」はテニス部にもとても…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    いつも力んでしまう人は、脱力出来る具体的な方法を!
PAGE TOP