ピラティスポール

テニス知識

テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメです

テニスを長く続けていると、肩が上がらなくなる・・・。

これは最近、私の悩みでもあります。

40歳手前にして、ついに来たか・・・という感じなのですが、周りの皆さんを見ていても、かなり苦労されているご様子。

ストレッチをする、くらいはやってるけど他には対策も無く、「まぁ、これが40肩、50肩か・・・」と諦めている方へ。

こういう器具、試してみませんか?

 

テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメです

 


 

1.テニス選手に必要な、柔軟性が欲しい

これは、男女年齢問わず・・・です。

とはいえ、どうしても年齢を重ねるに従って、肩より上に腕は上がり辛くなってくる。

サーブやスマッシュ、には致命傷ですよね・・・。

柔軟性を高めるヨガやピラティス、に近いようなストレッチ、が出来る器具が今ではたくさんあります。

その名もピラティス・ポール

細い抱き枕みたいですが、これ、色々な肩周りのストレッチが出来る優れモノです。

ピラティスポール

出典:amazon

 

2.使い方は自由自在

使い方は、本当に自由自在。

背中に敷いて、ゴロゴロゆっくり、転がってみたり。

肩を柔らかくするのに、上手く自分の腕と重力を使って無理なく可動域を拡げていける。

肩甲骨周りをすごく柔らかく出来るし、怪我も減るはずです。

 

ピラティスポール

 

3.生活の一部にしてしまいましょう

トレーニング、と考えないで、身近に置いて触れるようにしておくだけでも違うはず。

構えないで、テレビを観ながらだってOK。

普段のクッション・枕代わりにするだけでも、自然に腕が上がって背中の方に周りやすくなる。

習慣的に、肘を背中の近い位置に置くことが出来ると、サーブやスマッシュ、オーバーヘッド系のボールの処理が楽になると思いますよ。

ピラティスポール

コンパクトで、置き場にこ困らないはず。

休日のリビングで、一緒に過ごすだけでテニスはもとより「健康維持」に効果的ですね。

ピラティスポール

ピラティスポール、で肩の可動域を拡げていきましょう!

きっとテニス選手として、その効果は結果に現れてくると思いますよ。

 

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ

関連記事

  1. 食事

    テニス知識

    テニスの試合前に、「飲まない・食べない方が良いモノ」5つ

    暑い時期の試合、食欲も無くてどうしよう・・・と思いながら、試合会場へ。…

  2. テニス 前衛

    テニス知識

    将来テニスの指導者になりたい人は、「言葉」にして発信していこう

    読者の皆さんの中にも、今は現役選手だけど将来は指導者になりたい、と思っ…

  3. テニス知識

    痙攣は、慌てなければおさまることも多い

    みなさんも試合の中で、経験あるんじゃないでしょうか?足が痙攣し…

  4. テニス 居場所
  5. テニス知識

    雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

    テニスの練習にとって、天敵の一つが雨。これからの季節、悩ましい…

  6. テニス 食事

    テニス知識

    「つい、テニスの試合前に食べてない?」テニスの試合前に食べるのをお勧め出来ない5つの食べ物

    今回のウィンブルドン、ダニエル太郎選手は腹痛を訴えて敗退・・・になって…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 気付き

    メンタル

    勝つために自分のテニスが制約される、その葛藤と生きていくしかない
  2. テニス フットワーク

    ストローク

    「ストロークのスピードコントロールは、回転量で」出来るようになるとミスが減って安…
  3. テニス メンタル

    テニス知識

    初心者でもテニスの試合に出て恥をかかない、「カウントの数え方とコールの仕方」につ…
  4. テニス ウェア

    その他

    「テニスウェアは着れれば何でも良い!」と思っていると、社会人になって「痛い人」に…
  5. フットワーク

    「粘れる足」を持っているとテニスの試合では強い
PAGE TOP