テニス ボレー

スマッシュ

打点が低くなってしまうスマッシュは、「思い切ってスライス回転をかける」ことで相手に攻撃されないボールになる!

目次

スマッシュのイメージ、皆さんはどんな光景を思い浮かべますか?

基本、ロブに対して下がりながらという感じが多いと思いますが、実際の試合ではそんなスマッシュばかりでもない。

後ろだけでなく左右、前に動いて打つことも結構ある。

特に前や横に動いて打つスマッシュでは、打点が低くなってしまうこともありますよね。

そんなときには、どう調整すれば良いのか・・・しっかりイメージ出来ていますか?

 

打点が低くなってしまうスマッシュは、「思い切ってスライス回転をかける」ことで相手に攻撃されないボールになる!

 


 

■打点の低いスマッシュでは、スライス回転をかけてみよう

高い打点のスマッシュ、だけがスマッシュではありません。

多少低い打点でも、ハイボレーではなくスマッシュを打つ為には工夫が必要です。

スライス回転を多くかけたようなスマッシュが打てると、顔の横、少し打点が低い場所でも振り切ることが出来ます。

肘を軽く曲げて、リラックス出来るように意識しましょう。

 

■プロネーションを効かせたスライス回転のスマッシュを覚えよう!

手のひらを外側に返していくような動き、プロネーションを使えると良いスライスがかかります。

これはサーブでも活用できる技術ですので、ぜひ覚えて下さい。

薄いグリップで、ボールがラケットに当たる瞬間に手のひらを外に返していきましょう。

少しボールの外側を打つように意識すると、低い打点でも打ちやすいです。

 

■あくまで追い込んでいくスマッシュ、を意識すること

低い打点でのスマッシュは、とにかく無理をしないで相手をさらに追い込むこと。

追い込んでいくのが目的なので、このショットで決めようとはしないこと。

とは言え、ハイボレーのようなつなぎのショットではもったいないので、しっかりラケットは振ること。

そしてスライス回転がかかっていれば、ボールの軌道は少し落ちていく。

高い軌道を意識して、ネットミスだけはしないようにすることが大事です。

 

細かい技術ですが、テニスではあらゆる場面で「攻撃の手を緩めない」ことが大事。

ハイボレーで処理、というのも悪くない選択ですが、スライス回転のスマッシュを覚えておいて損は無い。

前や横方向に動いていたときに、いかに安定したスマッシュが打てるかどうか。

下がってのスマッシュ・・・ばかり練習していると、試合で思わぬ落とし穴にはまってしまうかも知れませんよ。

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. スマッシュ

    自分のスマッシュをワンランクレベルアップさせたければ、「角度を付けて絶対に触らせない」ようなコースを…

    スマッシュをしっかり「決める」ようになれる、レベルアップしていく為には…

  2. テニス 確率

    スマッシュ

    壁打ち練習でスマッシュを上手くなる為の、「ロブ対スマッシュの壁の使い方」について

    壁打ちでテニスを上手くなる。そんな人には共通点があります。…

  3. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュのラケットセットは、スロートに沿えた手のひら主導で!

    テニスラケットって、意外と重い。この重いラケットを上にセットし…

  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュのコントロールを磨きたければ、「人に向かって打たない」意識を強く持とう

    スマッシュは「強く打つ」ことで、何となく誤魔化しが効く。でもそ…

  5. テニス 準備

    スマッシュ

    テニスの試合で、「発想の転換でスマッシュ上手になれる」為に必要な意識とは?

    スマッシュは特に、パワフルなショット、というイメージが皆さんの中にはあ…

  6. テニス ガット

    スマッシュ

    もしアナタが、「スマッシュに苦手意識」があるなら、最初の一球で相手を騙し通そう

    テニスの試合、アナタはどんな「武器」で勝負しますか?こういった…

特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    「この相手、何を考えているか分からない・・・」は、テニスでは褒め言葉になる
  2. テニス ボレー

    ストローク

    鋭いスライスって、どうやって打つ?
  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    練習から、「負けたまま」で終わる癖を付けないようにすることが大事
  4. テニス ロブ

    ストローク

    相手のアングルショットを予測することは、ナイスカウンターへの第一歩
  5. テニス メンタル

    ストローク

    改めて考えてみる、「シングルスでのシコラー対策」についての新しい視点
PAGE TOP