テニス ボレー

スマッシュ

テニスのスマッシュは、手打ちで全然良い

「ストロークが手打ちになってるよ!」と、いつも怒られているみなさん。

私は、この感覚はぜひスマッシュで打って欲しいんです。

手打ち=手首だけを使って打つから、ダメ、という発想は捨てましょう。

試合に勝ちたいなら、スマッシュは手打ちでOK。

逆に、そうじゃないと非効率的なんですよ。

 

テニスのスマッシュは、手打ちで全然良い

 


 

1.腕を振ってスマッシュ、打てる?

実際、サーブもそうです。

上手い人の効率的な腕の使い方、を見てみて下さい。

手首を上手く使って、腕はそんなに大きく振っていない、腕は上で打ち終わっている。

振ろう、振ろうと思っても、それだけ打点はぶれるし切れ味は出ないんです、サーブもスマッシュも。

手首を折るような形で、肘から先を少し動かすくらいで良い。

スマッシュもサーブも、コントロール重視でいきたいですからね。

大きく腕を振っても、安定感もコントロール性も上がらないです。

 

2.手打ちが出来るように、打点を確保

手打ちでパン!と打ってスマッシュを決める。

これに必要なのは、どこで打つかの打点です。

自分の頭上、よりも少しネット側に確保出来ると大丈夫。

それから、ボールのどこを打つのか、ですね。

手打ちでボールの真後ろ、を叩けば手首への負担も大きいですよ。

少しだけスライスをかけるようにボールの外側、を触って打つ。

そうすれば、少ない力で打てるしコントロールも良くなる。

ぜひ、この打点を自分で探してみて下さい。

「なんだ、これで良いんだ」という感触、掴めるはずですよ。

 

3.力は下半身から伝える

「でも、スマッシュはしっかり打ちたい!」という方も多いでしょう。

私も、そう思います。

スマッシュが弱弱しいと、試合では勝てない。

だからこそ、下半身から上方向に力を伝える。

止まって打つんじゃなくて、上に少しでもジャンプする。

軽くジャンプした方が、スマッシュは絶対に上手く打てます。

余裕があり過ぎると、つい両足をベターッと着けたままになってしまうじゃないですか。

こうなると、スマッシュはミスが一気に増えます。

 

4.意識はラケットを持っていない手、が中心!

コツとしては、これです。

ラケットを持っていない手、が主役。

これをしっかり上に掲げてバランスを取る。

ラケットを持つ手は、最後に手打ちでパン!と打つだけですから。

大事なのはフットワーク。

力んでしまう人ほど、こういう意識でいきましょう。

私なら、右利きですので左手主導。

左手のバランス次第、でスマッシュの精度は決まる。

この意識で、ぜひ練習してみて下さい。

 

本当に、力は要らないんですよね。

スマッシュって、実際手打ちで良いし、バランス次第。

腕を振り過ぎてバランスを崩す人、がほとんどでしょう。

みなさん、試合向きのスマッシュに変えていきましょう!

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. + POWER CUP について
  4. ご質問頂いた件につきまして
  5. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

関連記事

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュは「打つだけ」で、相手へのプレッシャーになる

    打つだけで、相手のプレッシャーになる。それは、スマッシュの大き…

  2. テニス ボレー

    スマッシュ

    「ロブが来ると分かっている」ような練習をしても、試合でスマッシュは打てない

    試合の中で、スマッシュが決まらない・・・と言うか、そもそも打てない!…

  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュを打ち切る選手になりたければ、ダブルスこそ「縦割り担当」でいこう!

    どうしても、スマッシュが打てない、ビビッてしまう。そんな人は、…

  4. テニス ガット

    スマッシュ

    サーブやスマッシュで効果的な、「反対の腕」の使い方について

    サーブやスマッシュ、上のボールをしっかり振り切って打つ時。この…

  5. テニス リターン

    スマッシュ

    ネットに出たら、いつでもスマッシュコースは先にイメージしておこう

    スマッシュでしっかりと、ポイントを取りきること。これが出来れば、試…

  6. スマッシュ

    相手のスマッシュは、実は自分自身のチャンス

    試合の中で、相手がスマッシュを打つ瞬間。みなさんは、何を考えま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    その他

    ポケモンGOの大流行を観て感じる、テニス選手としての考え方について
  2. テニス メンタル

    その他

    「強い選手だけが特別扱い」される部活やサークルは、その選手も弱くなっていく
  3. テニス ストローク

    サーブ

    フォルトを正しく分析出来れば、試合中でも修正出来る
  4. ストローク

    「両手から片手へ」テニスのストロークを改造するうえで注意したいこととは?
  5. テニス テニスボール

    日々の雑記

    感動するだけ、じゃもったいない
PAGE TOP