ダブルス

相手の前衛をマークする、のも前衛の大事な仕事

相手の前衛がポーチに出られて、決められてしまう。

これを、ただのナイスプレーだと思っていると、アナタ側のペアはずっとやられ続けるでしょう。

相手前衛に、いいようにやらせないのは、前衛であるアナタ自身の仕事。

ナイスポーチ、の前に出来ることがたくさんあるはずです。

相手の前衛をマークする、のも前衛の大事な仕事

 


 

1.相手が動く前に、予兆を感じること

相手が動く前、に気付けるかどうか。

よく考えてみて下さい。

相手の前衛、アナタ側のペアの後衛が打つ前に、必ず動き出しているはず。

強いダブルスペアの前衛は、いつでもアグレッシブです。

その相手の動き、をいち早く感じて、察する。

そうすれば、守備的なコースに入る、低く構えて守備力を上げることだって出来る。

毎回楽に決められている、ようではダブルスは勝てない。

相手の前衛をマークする、ポーチされるにしても、タダじゃ決めさせないという心意気が大事です。

 

2.まずはセンター、をしっかり守ろう

相手の前衛が動いてきたら、まずしっかりセンターを守る。

これは、実戦では鉄則です。

もし私が前衛で、相手の動きに気付いたら2人の間、サービスラインのT字の部分をしっかり守ることを意識します。

安全なところ、には決めさせないようなイメージですね。

そこからアングルボレー、に展開してもらってアウトがもらえればラッキー。

相手にプレッシャーを与えるのは、何も攻撃だけじゃないですから。

いち早く、良い守備のポジションを取るだけでも、ポーチの攻撃力を削ぐことは出来るはずです。

 

3.ラケットで触れる範囲は、絶対に拾うことが大事

まず、しっかり意識を持ちましょう。

自分の触れるところ、に打たれたらしっかり触る。

なんとか返球する、ところまでもっていきたいんですよね。

相手からすると、ポーチ一発で決まらないような姿勢を見せること、が大事なんですよ。

そのポイントが取れなくても、次につながりますから。

絶対に、相手は警戒してもっと厳しいコースに打とう、と思うか、もうポーチ自体に出なくなる。

粘りを見せる、前衛をマークしている姿勢を見せることって、ダブルスでは大事です。

 

4.返球出来ればチャンスになる、のが私たちのレベル

読者のみなさんのレベルにも寄りますが、私はこう考えています。

相手のポーチ、をしっかりマークして返球出来れば、それはそのままチャンスにつながる。

相手も、決まったつもりでいますからね。

結構隙だらけ、なんですよ。

これで反撃出来ると、試合に流れも変わるし癖になる。

ポーチに出られることが怖くなくなるし、カウンターがアナタ自身の武器になるはず。

まずは早く相手の動きに気付くこと、それから良いポジションを取ること、触ること。

そこから、ですね!

 

私はよく、ダブルスのパートナーにこう言います。

「前衛に出られても気にしないで!何とか返すから!」と。

実際、何とかならない場合も有りますが、結構拾えるものですよ。

こうやって声をかけられたら、後衛も楽じゃないですか。

相手前衛に捕まっても良い、と思えますしね。

そんな前衛、一緒に目指しませんか?

ピックアップ記事

  1. メルマガ配信、登録を開始します!
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  4. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  5. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    守備力の高いダブルスペアが実践している「ピンチでロブを上げてしっかり守る」為に必要な意識とは?

    良いダブルスの要素、それは色々とあると思いますが、対戦していて嫌なペア…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ペアで実力差があるときは、逆に活かす道を

    ダブルスペア、自分たちのペアに差がある・・・。自分が上、下、色…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルスパートナーとの話し合い」テニスの試合で必要な、情報共有のポイント5つ

    強いダブルス、というと皆さんはどんなイメージを持ちますか?私は…

  4. テニス 前衛

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「リターンでストレートを抜かれるのは前衛の責任?」という疑問について

    ダブルスで、前衛がストレートを抜かれる。リターンのときに、よく…

  5. ダブルス

    相手がポーチに出て来てからストレートに打っても、それは後手の策

    ちょっとした差ですが、この違いは大きいです。ダブルスの試合で、…

  6. ダブルス

    ダブルス改革、パートナーと一緒にやる?やらない?

    そろそろ、本気でダブルスを改革したい!と、考えているみなさん。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. その他

    アナタの成長をサポートできる、「優秀なテニスコーチ」を見極める方法5つ
  2. テニス ストローク

    戦術

    試合では、意図的に「長い」「短い」を作ってみよう
  3. テニス ダブルス

    フットワーク

    試合の中で、「スプリットステップを忘れてしまう」人が意識したいポイント5つ
  4. リターン

    ダブルスのリターンダッシュ、からの並行陣は必須の戦術です
  5. テニス コート

    ストローク

    自分のコートが後ろにどれくらい下がれるか、はしっかり確認
PAGE TOP