ダブルス

「打つところが無い」なら、作れば良い

テニスの試合、ダブルスでみなさんも感じる機会があると思います。

「打つコースが無い…」と。

特に、相手が良いタイミングで並行陣を取って前2人になると、ストローク側としてはプレッシャーを感じますよね。

どこに打ってもボレー、スマッシュを打たれそうに感じてしまう。

試合で焦らないように、事前に「発想の準備」をしておきましょう。

空いているスペースが無いなら…そう、作れば良いんです!

動画はコチラ

焦らずに相手を動かす

今回の動画では、センターセオリーを中心に練習。

このセンターセオリーは、「まず相手をセンターに動かしてオープンスペースを作る」という所からスタートしています。

この練習、そのまま試合でも使える非常に実戦的な考え方です。

ダブルスでは、2人の間は狭い…打てない…ように感じるかも知れませんが、実はここが最初の「オープンスペース」でもあるんです。

打てないように見えますが、実際に打つとすごく有効。

なぜなら、相手はまずどちらが取るか迷いますし、センターからは角度が付け辛いので攻撃が難しい。

返すのがやっとになるようなボールが引き出せれば、大成功。

試合で焦らずに、センターに打って相手を動かせるかどうか。

ココがまず、ポイントになります。

その次でも、まだ焦らない!

相手のセンターを突いて、2人を寄せる。

そうすれば、次にサイドにチャンスが広がったように見えます。

でも、ここでもまだ焦りは禁物。

チャンスとまでは言えないような状況ですから、次もオープンスペースを使う意識で配球する。

これくらいの意識で、試合では丁度良いでしょう。

もちろん、決められるチャンスがあれば逃すのはもったいないですが、決めようと焦ってミスになるのが一番やりがちなパターン。

焦らず、オープンスペースを作る→突く、ことでチャンスを拡げていきましょう。

パートナーの動きがポイント

その中でポイントになるのが、ボールを打っていない人の動き。

チャンスを拡げているのは、ボールを打っている人…だけでしょうか?

違いますよね。

そのパートナーの選手が少し動く、より相手が打ちにくいようなポジショニングを入れることがポイント。

そうすることで、獲物を逃がさないような網を張ることが出来る。

今回の動画では、2アップのボレー側の選手が少しだけ前後差を付ける点を説明してあります。

これは、相手のセンターセオリーを封じるための動き。

追い込んだ後に安全なコースに簡単に打たせない、ボールに近い選手がプレッシャーをかけていく動き、になります。

「じゃあロブを打たれたらどうするの?」という質問もありましたが、それはそれでカバー出来る範囲の前後差、に留めておくことが大事。

ロブは打たれる、のではなく「打たせるもの」です。

安全に打てるセンターのコースを潰す、という動きが出来ているかどうかが大事。

焦らずに相手を動かし、自分たちのペアは良いポジションを取る。

ぜひ、普段の練習から意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. テニス シングルス
  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスを強くなりたければ、必ず「上」に強くなる必要がある

    今回は、かなり厳しいお話を少し。どうも皆さん、ちょっと勘違いし…

  3. ダブルス

    発想力が乏しい人はダブルスの前衛で、「ナイスサーブが入る」のを待っている

    ダブルスの前衛、こんな考えの選手・・・の人、いませんか?「ドキ…

  4. テニス メンタル

    ダブルス

    サインプレー、はリズムを作る為に必要

    サインプレーって、ハードルが高い。ダブルスの試合で試してみたい…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    コントロールが良いサーバーは、前衛の動きを見れば分かる

    ダブルスの試合のときに、試合の序盤で感じること。「あ、このペア…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの守備こそ、激しさが求められる
  2. テニス メンタル

    ボレー

    テニスのダブルスのポーチは「相手の特徴をふまえたコース」で勝負して、確実にポイン…
  3. テニス 大学

    日々の雑記

    根拠のある自己流は、セオリーに勝る
  4. 戦術

    その練習を、疑おう
  5. テニス メロブ

    ロブ

    苦し紛れのロブは、大抵入らない
PAGE TOP