戦術

コードボールも、自分リスクを冒した一つの結果

目次

試合の中で、自分が打ったボールがネットに当たる。

そのボールがポトッと、相手のコートに落ちる…ことは、ありますよね。

コードボール、どっちに転ぶか分からないようなボールですが、実際の試合の現場ではこれは相手に謝る場面。

当然のマナーです、はい。

ですが、本気で相手に「申し訳ない」と思うだけ、ではテニスの試合に強くはなれない。

全ては、アナタ自身が打ったショットの結果ですから。

試合の現場で必要なのは、こういう意識です。

 
 

リスクを冒したから、ネットインになる

ネットギリギリ、を狙うからこそ

実際に、コードボールは生まれます。

ネットギリギリ、鋭く狙った結果がネットイン、になる訳ですよね。

であれば、アナタ自身はそこまでが想定の範囲内なはず。

もちろん、ネットインを狙うことは難しい。

でも、起きてしまったことに対して、何も動揺する必要はありません。

最後に威力があるから、相手コート側に落ちる

試合の中で、ネットインで相手側のコートに落ちる。

確かに、運の要素もあるでしょう。

でも、テニスのラリーはルーレットじゃない。

しっかり、アナタ自身のボールに力があったからこそ、相手側にボールがいく。

このことを、もっと前向きに、意欲的に捉える必要があるでしょう。

もっと自分を、褒めて良い

ネットインになる、相手に「すみません」と謝る。

でも、その次の段階としては、どうなのか?

私は、もっと自分を褒めて良いと思いますよ。

リスクを冒したからこそ、ネットインでポイントを拾えた、と。

試合では、自分以外に頼れる人はいません。

自分で自分を鼓舞して、励ましていかないといけない。

ネットイン、コードボール一つを、どう捉えるかが大事なんです。



修正するところは、修正していく

まず、軌道は上げる

とは言え、ネットインはどっちに転ぶか分からない。

冷静に、自分のショットの軌道は上げないといけないですよね。

サーブ、ストローク、ボレー、ネットインになったこと自体は、修正していく。

リスクを冒した自分、のままではダメ。

もっと確実に攻めること、を意識していきましょう。

失点したつもりで、ポイントを続ける

私はいつも、ネットインはこう捉えています。

自分が失点したつもりで、あれは本当に自分にとってラッキーだったと。

リスクを冒したことで得たご褒美、だと考えながらサーブを打つ。

例えばファーストサーブがレットイン、になったらセカンドサーブのつもりで打つ。

フォルトしたもの、と考えて打てると、すごく楽に打てるしプレッシャーも少ない。

ネットインを自分の中でどう活かすのか、をイメージしておけば試合ですごく楽です。

ただし、自分を責めることはしない

ネットインになって、修正するところは修正する。

でも、自分を責めるようなこと、はしない。

これが私のスタンスです。

それは、間違い。

相手に謝っていると、何だか本当に悪いことをしたように感じてしまうこと、ありますよね。

あくまでマナー的な部分ですから、謝りながらも、頭は冷静に。

自分を責めないで、むしろ修正しながら、褒める。

リスクを冒したことで結果は良かった、でも修正しよう、と。

   

たかがコードボール、されどコードボール

試合の流れを、大きく左右します

これが、試合の流れを分ける一つのきっかけになります。

試合に出ているみなさんなら、もうお分かりですよね。

大事な場面ほど、コードボールになるんですよ。

お互いに、ギリギリを狙いますから。

だからこそ、このポイントが試合の中で大きなポイントになる。

でも、それに対する準備、は万全でしょうか?

どっちに転んでも、前向きなメンタルを

自分で、準備しましょう。

ここまでは、コードボールが相手側に落ちる、自分が得点することをイメージして書いて来ました。

でも、実際は逆もあります。

自分のコートに落ちる、ネットを越えないで失点、というケースもあるでしょう。

そしてそれが、続くこともあるでしょう。

そんなときに、アナタは冷静に試合を進めることが出来ますか?

「リスクを冒したんだ、悪くないぞ」と思えるかどうか。

どういう声を自分にかけるのか、がポイントです。

常にコードボールを、覚悟して受け入れる

ネットギリギリ、なら当然、そこに当たる可能性がある。

コードボールになることを、自分の中で受け入れる。

相手のボールも、自分のボールも。

そういう姿勢なら、1歩目を早くスタート切れますし、反応も変わる。

そして、失点でも得点でも、自分の力に出来るはず。

試合の醍醐味でもありますから、こういうポイントは。

ぜひ、アナタ自身の中で「大歓迎」のスタンスでいて下さい。



まぁ、実際の試合では感情的にもなります。

みなさんもガックリ来たこと、経験あるでしょう。

でも、スタンスを準備しておけば、テニスの神様はもしかしたら少しだけ、アナタに微笑んでくれるかもしれません。

たかがコードボール、されどコードボール。

テニスの試合に強い人は、準備してますから。

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. 40歳からポリストリングにする、という選択肢を
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    試合では、意図的に「長い」「短い」を作ってみよう

    試合の中で、自分のペースを作りたい。細かいことは考えずに、何か…

  2. テニス メンタル

    戦術

    後半負け始めてからギアを上げても、遅い件

    序盤の調子と、終盤の調子。皆さんはどの程度、差がありますか?…

  3. テニス メンタル

    戦術

    自分というテニス選手を、「監督と選手」に分けて考えてみよう

    スポーツの試合では、「監督」が采配で力を発揮する競技も多くありますよね…

  4. テニス 主将

    戦術

    男子ダブルスで遅いボール、女子ダブルスで速いボール、が必要

    男子ダブルスと女子ダブルス。この両方の種目での試合、みなさんど…

  5. 戦術

    テニスにおける戦略も、シンプルに考えよう

    戦略を立てて、テニスの試合に挑む。これは非常に大事な考え方です…

  6. 戦術

    自分の「やられ方」が大事

    試合の中で、自分が失点をする。もちろん、これは何も嘆く必要は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    シングルス

    自由度が高いシングルスの試合、実は出来ることってすごく少ないかも知れない
  2. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合でピンチになる」ときを想定して準備しておきたい、具体的な対応策
  3. 日々の雑記

    甲子園決勝を観て感じたこと
  4. ボレー

    ダブルスで勝てない選手は、「サービスラインあたりから強引に」直線的なボレーを打ち…
  5. テニス ダブルス

    その他

    絶対的なエース選手がいないチームが、「団体戦を勝ち抜いていく為」に必要な意識とオ…
PAGE TOP