テニス 格上相手

戦術

タイブレーク、意外と先行した選手が逆転される

なぜだか、私はこういう傾向が強いと思います。

タイブレークの試合、みなさんも経験多いですよね。

1セットマッチの試合でも、6-6になった後はタイブレークで勝敗を決する。

これに強くなりたい、と誰もが思います。

でも、タイブレークは難しい。

だって、こういうのばっかり、ですから。

 

タイブレーク、意外と先行した選手が逆転される

 


 

1.先にリードすると、どうしても安心してしまう

短期決戦、タイブレーク。

まぁ、強引に決着を着けようという手段ですから、仕方ないんです。

私の経験上、私たちレベルの試合ではタイブレークは先にリードした方がまくられやすい。

逆転されやすい、傾向が強いと思います。

やっぱり、安心してミス待ちになってしまう、ところがあるんでしょう。

プロ選手の試合なら、本当にミニブレイクの1回、がそのままタイブレークの勝敗に直結しますが。

だから、先行されても焦る必要は無い、ということですね。

 

2.タイブレ対策、はハッキリしておこう

もう試合の終盤、には決めておきましょう。

どうやって、どういうスタンスで戦うのか。

私は、基本的には「攻撃的にいって、後半はその貯金で戦う」という、いつもの感じでいきます。

タイブレークの最初のポイント、では必ずネットに出る。

その後は、それを利用してネットに出るフリ、だけ。

こんな感じで試合の序盤、と一緒で準備しておく。

これだけでも、だいぶ違いますよ。

 

3.また試合が一から始まる、と思えば良い

先行してまくられるのって、「逃げ切ろう」と思うから。

試合の終盤、早く終わらせたい・・・と思うから、どこかに隙が生まれるんです。

タイブレークは、もちろん6-6からの短期決戦ですが、また一から試合が始まるくらいの覚悟、意気込みが欲しい。

フレッシュな気持ちで臨めば、良いと思うんです。

当然、その中でも山あり谷あり、で簡単にはいかない。

でも最後に勝てば良い、と考えておく。

そのために、単純ですが魔法の言葉は大事ですよ。

 

4.根拠は要らない、「タイブレに強い自分」に今からなろう!

もう、なりました。

アナタ自身、このT-PRESSの記事を読んでいる時点で、タイブレークには強い。

強いと信じ切る、思いこむこと、が大事です。

そこに、根拠なんて必要ない。

毎日、テニスノートに「自分はタイブレが得意」と書きましょう。

周りの仲間にも、言い続けましょう。

そうすれば、自然と勝率も上がってくるし、先行されても逆転することが出来る。

要は、日ごろから意識出来ているかどうか、なんですよね。

 

みなさんが試合に勝ちたい、結果を出したいと思っているなら、このタイブレ決戦は避けて通れない。

強くなりますよう、というか、もう強くなっています。

何度でも繰り返します。

先行されても逆転されるのが多いタイブレーク、これに強くなった自分。

なんだか、それだけでワクワクしてきませんか?

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    戦術

    「つなぎのボールの精度」を上げないと、そもそも強い相手には粘れない

    強い相手に、粘って試合を進める。何とか接戦に持ち込めば、試合の…

  2. テニス ストローク

    戦術

    相手の一歩先を考える、癖を試合でも付けよう

    試合の中で、流れを読んで先、先に仕掛ける。これが出来るのは、上…

  3. テニス 調子

    戦術

    テニスボールを打つことは出来ても、捕らえることが出来る人はごく少数

    テニスは、ラケットでボールを打つ。でも、上手い人って打つという…

  4. 戦術

    基本をしっかり見せておくことが、後半の奇策に効いてくる

    テニスの試合で、基本を相手にしっかり見せておくこと。これはすごく、…

  5. 戦術

    攻守の集中力、逆にしてみない?

    試合に勝てる人は、守備が上手い。反応も良いし、攻撃するのが嫌に…

  6. テニス ストローク

    戦術

    大事な試合でミスが続くときに、「触らない方がマシ」という風にだけはならないように

    これは、自分との闘いです。ダブルスの試合、調子が最悪で自分が触…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    踏み込んでのミス、はミスじゃない
  2. テニス ストローク

    ストローク

    アナタのストロークに迫力が足りないのは、「テイクバックの高さ」が足りないから
  3. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合で2バックの陣形から、「浅いボールに対しては2人で一気に」前に出て…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「2ポイント差がついたら守備的になる」を意識すると迷いが無くな…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合で勝てない人には共通点がある」アナタ自身でチェックして欲しい項目5…
PAGE TOP