テニス チャンス

Q&A

Q&A「タイブレークで勝ち切れない・・・有効な作戦はありますか?」

今回は社会人女性の方からのご質問です。

プロの試合でも、残酷なまでにタイブレークにもつれ込み、1つのミスで勝負が決することが多くあります。

絶対的な作戦は無いにせよ、一般の大会で有効な考え方は無いものでしょうか?

一緒に考えてみましょう。

 

Q&A「タイブレークで勝ち切れない・・・有効な作戦はありますか?」

 

■タイブレークは短期決戦のようで、長い戦い

プロの試合では1ポイントのミニブレイクが勝敗を大きく左右することは事実ですが、一般の大会ではまた異なります。

ブレイクしても、それを意識してか堅くなり、ブレイクされてしまい・・・結局ずるずると長い戦いになってしまいがちです。

まずはこの持久戦を、覚悟しましょう。

持久戦に持ち込んでこそ、自分のペースを思えるようになると、競ったタイブレークではメンタル面で上手に立てます。

 

■最初に仕掛けて、後半は手堅いプレーを継続していく

まずタイブレークは、出だしが肝心です。

ここで離されてしまうと、相手を楽にさせてしまいますので注意が必要。

とはいえ、相手もギアを上げてくる可能性がありますので、今までのプレーを振り返ってみて、プラスアルファでアクセントを加えて出鼻をくじくことがベスト。

シングルスでもダブルスでも、ネットに近い位置で攻撃的にいくことをお勧めします。

タイブレークの序盤は、無難に入ろうとする選手が多いので、そこに付け込みましょう。

 

■連続失点を減らす工夫と練習を積みましょう

タイブレークでは、出来るだけ連続で失点しないこと。

男性サーブであれば2ポイント分のサーブは仕方ない部分もありますが、出来るだけ失点した後のプレーに集中して臨むようにしましょう。

失点は、どういうパターンで生じているのか、しっかりタイブレークの中で修正していく力が必要です。

普段の練習の中から、5ポイント先取などをタイブレーク形式で実践してみて下さい。

連続失点するときは、必ずメンタル面のぶれが生じているはず。

しっかり切り替えるには、即時の分析力と決断力が必要です。

磨けば必ず、身に付きます。

 

タイブレークは残酷です。

この短い期間でそのセット、試合を全て決してしまう。

ですがしっかり準備しておけば、「タイブレークに持ち込めば、こちらのもの!」と思えるようになるでしょう。

アナタ自身に合った戦い方があるはずですので、ぜひ見つけてみて下さい!

ピックアップ記事

  1. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について

関連記事

  1. テニス リターン

    Q&A

    Q&A「周りに自分よりテニスが強い選手がいません・・・」

    今日は、大学のテニスサークルの方からのご質問について。同じよう…

  2. テニス 前衛

    Q&A

    Q&A「やる気の無いテニス部員には、どう接していけば良いんですか?」

    新学期、部活やサークルの雰囲気がどうも盛り上がっていかない。何…

  3. テニス Q&A

    Q&A

    Q&A「自分はオールラウンダーだと思っていますが、武器がありません・・・。どうやったら試合…

    今日は高校生男性の方から。県内ではシングルスベスト8の実力があ…

  4. テニス 客観視

    Q&A

    Q&A「自分はオールラウンダーだと思っていますが、武器がありません・・・。どうやったら試合で…

    今日は高校生男性の方から。県内ではシングルスベスト8の実力があ…

  5. Q&A

    Q&A 「テニススクールに通っていますが、上達しません。なぜでしょうか?」

    今回は社会人の女性の方からのご質問です。毎月1万円前後をかけて通う…

  6. Q&A

    Q&A「ファーストサーブがフォルトしたとき、相手が意図的にリターンを強打してくるのは違反で…

    今回は、久々に読者の方から頂いたルールに関する質問について。皆…

特集記事

  1. テニス サーブ
  2. テニス 水分補給
  3. テニス 暑さ対策
  4. テニス 多動力
  5. テニス バナナウェイト
  1. テニス ボレー

    ボレー

    テニスのボレーでは、「ネットより低い打点からのボレー」をしっかり返球できれば、プ…
  2. テニス メンタル

    ボレー

    片手バックハンドボレーでパンチ力が欲しいなら、「背中の肩甲骨を意識」すると自然に…
  3. その他

    「技術の前に体力作り」テニス以外のスポーツでも身に付けることができる体力の重要性…
  4. テニス ダブルス

    練習メニュー

    ダブルスの練習で「2バック対2アップの練習をシングルスコート」で実践すると効果的…
  5. その他

    テニスの大会でのシード権とは、「与えられるものではなく、奪い取る」ものである
PAGE TOP