テニス 錦織圭

Q&A

Q&A「バックハンドストロークが、片手か両手か定まりません・・・」

今回は男子高校生から、バックハンドストロークに関する質問です。

試行錯誤していきながら、両手か片手かを探っていく・・・という経験。

実は、テニスの技術向上においてすごく良い効果があります。

Q&A「バックハンドストロークが、片手か両手か定まりません・・・」

 


 

■両方のメリット、デメリットを洗い出してみましょう

両方の特徴を把握して、まずはメリットとデメリットを簡単に洗い出してみましょう。

両手の魅力はまずパワフルにフラット~ドライブ系を打ちやすい、テイクバックから打ち終わりまでがコンパクトに収めやすい。

片手は慣れると疲れにくく、スピン系はより厚い当たりで打てる、スライスへの応用もしやすい。

アナタ自身の体格や体力も影響ありますね。

片手を使いこなすのには、やはりリーチが欲しいので慎重があると有利。

両手はリーチが短い分、俊敏なフットワークが求められるので小柄な選手に向いていると言われます。

 

■両方経験するのは、とっても良いこと!

もちろんいずれは決めていかないといけませんが、両方を経験することはとても良いことです。

なぜなら、自分が打って経験することで、その特徴を把握して弱点を試合で攻撃していけるから。

両手バックハンドを経験すれば、例えば「浅いボールは取り辛い・・・」というのを体感して、試合で相手を攻撃していくのに活かせるでしょう。

自分が経験したことの無いショットを相手にしたときに、テニスでは弱さが出てしまう選手も多いのです。

 

■長くテニスを続けていくうえで。必要なのはオールラウンドであるということ

選手時代は両手か、片手かどちらかに決めてトレーニングしていく必要がありますが、長いテニス人生、色々と求められるものが変わります。

例えばテニスコーチになれば片手でボールを持ちながらのレッスンになりますので、両手バックハンドは打てなくなることも。

生徒にデモンストレーションするには、両方できたほうが良いですよね。

また思わぬ怪我をしてしまって、フォームを変える必要性を求められるかも知れません。

柔軟な意識で、テニスというスポーツを受け入れて模索していくことが、大切です。

 

質問者の方には、「焦らずいきましょう」とお伝えしたいです。

両方できて、何も損することもありませんし、試合の途中で打ち方を変えちゃっても良いんです。

それくらい柔軟に、ただし強い探究心は持ち続けて研究してみて下さい。

アナタ自身のバックハンドは、アナタにしか創れません。

長い旅路ですが、気長にいきましょう。

ピックアップ記事

  1. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  2. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  3. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  4. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  5. メルマガ配信、登録を開始します!

関連記事

  1. Q&A

    Q&A「グリップの握りがしっくりしない気がします」

    今回は、久々に頂いたご質問の中から。自分の握るグリップが、なか…

  2. テニス リターン

    Q&A

    Q&A「周りに自分よりテニスが強い選手がいません・・・」

    今日は、大学のテニスサークルの方からのご質問について。同じよう…

  3. テニス テニスノート

    Q&A

    読者のみなさんよりアンケートで頂いたお悩みに、私なりにお答えさせて頂きます Vol.1

    今回は、先日のアンケートでご質問頂いた内容や、みなさんのお悩み、に私な…

  4. テニス メンタル

    Q&A

    Q&A「ソフトテニス経験者の強打の癖は、どうやって直していけば良い?」

    ソフトテニスから、硬式テニスに移行する。中学生から高校生、に進…

  5. テニス スマッシュ

    Q&A

    Q&A「とにかく試合でミスが多いんですけど、どうすれば良いですか?」

    改めて、今回もこの問題に挑んでみたいと思います。たくさんご質問…

  6. テニス ダブルス

    Q&A

    Q&A「ダブルスでの陣形、並行陣とダブルス前衛って、何が違うの?」

    今回は、年末に頂いたご質問について、お答えしたいと思います。学…

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「普通に素振り練習しても、テニスの試合で勝つのは難しい・・・?」だからこそ工夫が…
  2. テニス ミス

    その他

    「テニスの試合は過酷である」真夏の暑さ対策として大切な「汗」について
  3. テニス ポジショニング

    サーブ

    サーブを打つ前に、「冷静に相手のポジションを確認する」ことで、精神的に楽になれる…
  4. リターン

    サーブのプレッシャーが無い、レベルは3回戦まで
  5. メンタル

    テニス選手として成長したいなら、「自分の敗因の深いところを、しっかり見れているの…
PAGE TOP