Q&A

Q&A「ダブルスの試合で、相手のジャッジがそれぞれインとアウトで分かれました。この場合はどうすれば・・・?」

今回は、ダブルスで実際に起きてしまったケースで質問を頂きました。

対戦相手が、あるライン際のボールを一人はイン、一人はアウト、という形で意見が割れてしまったのです。

この場合は・・・実際のセルフジャッジのルールでは、どうなるのでしょうか?

たまにあるケースだと思いますので、ぜひ覚えておいて下さい。

 

Q&A「ダブルスの試合で、相手のジャッジがそれぞれインとアウトで分かれました。この場合はどうすれば・・・?」

 


 

■結論は、「ジャッジが分れた時点」で相手側のポイントになります

今回のケースは、強力なサーブが入ってそのままエースかフォルトか・・・というのが、ジャッジが分れる場面。

こういった場合には、ルール上は「ジャッジが分れたチーム」の失点になります。

そのボールが入っていようが、アウトであろうが、打った側のペアの得点になるのです。

ラリー中のポイントであれば、「アウト」とコールした時点でポイントは終了してしまいますので、アウトのコールが有効になります。

しかし今回のようにプレーが完全に止まった、終わった状態でジャッジが分れてしまった場合は、そちらのペアの失点となるのです。

 

■「今のは良く分からなかったので、レットで!」は無し

練習試合ならまだしも、正式な試合で「ジャッジが出来なかった」という理由でレット、つまりはポイントのやり直しは出来ません。

たまにこれが出来ると勘違いする人がいますが、それは間違い。

ジャッジをしっかり出来ない、という時点でその選手とペアがペナルティを冒していると思って下さい。

それくらい、テニスにはしっかりセルフジャッジ出来る能力が必要なのです。

 

■ダブルスでは、ボールに近い選手が責任を持ってジャッジを

ダブルスの試合で、よく片方の選手しか「声とジェスチャー」でジャッジしないケースも見受けられます。

これでは、揉める元。

ボールに最も近い選手が、しっかり責任を持ってセルフジャッジをしてこそ、試合に出て良いテニス選手です。

ジャッジが割れるようなペアは、お互いに信頼関係が無い。

はっきり言って、試合のコート上に立つ資格は無いと思います。

アナタ自身、注意しておくと良いでしょう。

 

セルフジャッジでは、周りの眼を気にしてはいけません。

自分の眼を信じて、しっかりと瞬間的にジャッジしなければならないのです。

相手だけでなく、味方のペアも気にしてビクビクしながらジャッジをしていると、今回のような意見が割れるというケースも発生してしまうのです。

ボールから遠い選手は、しっかり味方の選手にジャッジを任せてあげること。

細かい部分ですが、試合中に雰囲気が悪くならないように・・・意識してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  2. ご質問頂いた件につきまして
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. テニス ダブルス

    Q&A

    読者のみなさんよりアンケートで頂いたお悩みに、私なりにお答えさせて頂きます Vol.3

    少し時間が空いてしまいましたが、10月にて実施させて頂きましたアンケー…

  2. Q&A

    Q&A「前衛で、なかなかポーチに出ることが出来ません…どうすればたくさん触ることができますか…

    今回は、男性大学生の方から。サークルで活動して草トーナメントの…

  3. テニス メンタル

    Q&A

    Q&A 「試合中に緊張すると、頭の中が真っ白になります・・・。何か対策はありますか?」

    試合に出始めたばかりの人、または過去に初心者だった頃に、似たような経験…

  4. テニス サーブ

    Q&A

    Q&A「サーブに必要なトスアップの練習、何をやれば良いの・・・?」

    「とにかくトスが安定しなくて・・・」と、お悩みの皆さん。トスが…

  5. テニス ストローク

    Q&A

    Q&A「試合でセカンドサーブを入れにいくと叩かれてしまいます。深く打つコツはありますか?」

    今回ご質問頂いたのは、試合でのセカンドサーブについて。テニスの…

  6. テニス Q&A

    Q&A

    Q&A「自分はオールラウンダーだと思っていますが、武器がありません・・・。どうやったら試合…

    今日は高校生男性の方から。県内ではシングルスベスト8の実力があ…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    「手堅いプレー」という餌を撒いて、試合の後半を迎えるのも良い作戦
  2. ストローク

    「ロブで抜かれても諦めない!」テニスの試合で後ろ向きから返球するコツとは?
  3. 練習メニュー

    「レベルの高い人たちの中での練習」だけになると、危険
  4. テニス ボレー

    フットワーク

    アレーにしっかりコントロールしたければ、横向きを徹底してボールに入ろう
  5. テニス ストローク

    ボレー

    沈められたボールを深くボレー、って、いつもアウトばかりじゃない?
PAGE TOP