テニス 練習

Q&A

Q&A 「部活で人数が多過ぎてテニスコートが足りない。ランニング以外に、何ができますか?」

今回は、東京都内の高校のテニス部の方からのご相談です。

私自身も、学校にテニスコートが1面しかない学校でしたので、同じような悩みを抱えていました・・・。

人数が多い、テニスコートが少ない、だからこそできる工夫があるかも知れません。

 

Q&A 「部活で人数が多過ぎてテニスコートが足りない。ランニング以外に、何ができますか?」

 


 

■ラリー練習も、球出し役を作ることで緊張感が生まれる

数少ないコートに入っている部員は、1球ずつ大切に練習しなければなりません。

特にラリー練習は、練習という名の下に「つなげる」ことに注力してしまう傾向にあります。

その改善策としては、自分たちで球出しするのではなく、横から球出しする役を作ってしまうこと。

途切れたらすぐにボールを出すので時間短縮にもなり、また自分たちで球出しする形では無いので「大事につなげる」という意識を必要とせず、しっかり「勝負」できる練習ができるのです。

 

■球出し役を回していくとスライスの技術や薄いグリップが身につく

ラリーの球出しはもちろん、ラケットを使って出すのでコントロールする技術が身に付きます。

テニスの球出しを経験した方は分かるかと思いますが、薄いグリップを身に付けなければ安定したボールを打ち続けることは難しいのです。

球出しは、実は最高の練習になるのです。

球出しが上手くなれば、さらにその練習の精度も上がり、相乗効果で全体が上達していくという素晴らしいサイクルになります。

 

■撮影係りを作ることで客観視する習慣が身に付く

「バックハンドが上手くなりたい!」と思っている人は多いのに、自分のフォームを観たことが無いという人が多いのも事実。

特に部活では自分が打つことに一生懸命になり、動画で撮影したりという機会が無いようです。

また少し恥ずかしいという気持ちも、分からなくてもありません。

ですが今は手元にスマートフォンもあり、手軽に撮影できる手段を活用しない手はありません。

ぜひ、部員同士で撮影し合う習慣を付けるようにしてみて下さい。

 

確かにコート面数が少ないと、ボールを打てる数は少なくなります。

しかし、逆に考えれば打てる数が少ないのは、試合に近いシチュエーションで練習できるということ。

そして人数が余っている、ということも視点を変えれば「色々と外から協力できる人が多い」ということでもあります。

今いる環境を、アナタ自身がどう捉えるのか・・・が全てです。

自分たちで考えて主体的な部活運営ができれば、きっと素晴らしい仲間と結果がついてくるでしょう。

 

ピックアップ記事

  1. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. Q&A

    Q&A「ダブルスの試合で、相手のジャッジがそれぞれインとアウトで分かれました。この場合はどう…

    今回は、ダブルスで実際に起きてしまったケースで質問を頂きました。…

  2. テニス チャンス

    Q&A

    Q&A「タイブレークで勝ち切れない・・・有効な作戦はありますか?」

    今回は社会人女性の方からのご質問です。プロの試合でも、残酷なま…

  3. テニス チャンス

    Q&A

    Q&A「試合に出る頻度は、どれくらいが良いの?」

    アンケートにて頂いたご質問の中で、数名に頂きましたので考えてみたいと思…

  4. テニス 試合

    Q&A

    Q&A 「テニススクールに通っていますが、上達しません。なぜでしょうか?」

    今回は社会人の女性の方からのご質問です。毎月1万円前後をかけて…

  5. Q&A

    Q&A「前衛で、なかなかポーチに出ることが出来ません…どうすればたくさん触ることができますか…

    今回は、男性大学生の方から。サークルで活動して草トーナメントの…

  6. テニス ダブルス

    Q&A

    Q&A「ダブルスでの陣形、並行陣とダブルス前衛って、何が違うの?」

    今回は、年末に頂いたご質問について、お答えしたいと思います。学…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合において、強いリターナー側にこそ、「前衛がネット近くまでポ…
  2. サーブ

    ボディに食い込むスライスサーブ、を覚えよう
  3. サーブ

    シングルスの試合では、自分のサーブが攻略されるスピードも早い
  4. フットワーク

    相手からクロスに打たれて、下がってストロークは厳しい
  5. テニス ストローク

    ストローク

    試合でミスを減らす為に、「シンプルに両手バックハンドストロークを安定させる」為の…
PAGE TOP