Q&A

Q&A「前衛で、なかなかポーチに出ることが出来ません…どうすればたくさん触ることができますか?」

今回は、男性大学生の方から。

サークルで活動して草トーナメントの試合に出ているとのことですが、ダブルスでのお悩みです。

前衛でのポーチで必要なのは、思い切って何かを「捨てる」という意識です。

 

Q&A「前衛で、なかなかポーチに出ることが出来ません…どうすればたくさん触ることができますか?」

 


 

■理由は明確です、「ストレートを捨てきれていない」からです

ポーチに対して、ほとんどの方が勘違いしていることがあります。

それは、「触れそうなボールが来たら、触る」と考えていること。

相手が打ってから動いていては、ほとんどのボールに触ることはできません。

ましてや上のレベルになるとスピードも上がり、結局ストレートケアをして1試合終える・・・ということになります。

大切なのは、「触る」意識ではなく、「今いる位置、ポジションを捨てる」という意識です。

 

■ストレートに打たれてこそ、一人前の前衛

ストレートを抜かれても、何も恥じる必要はありません。

アナタを意識して、相手の後衛は打ってきている訳ですから、それがまず第一歩なのです。

ストレートを捨ててポーチに出たけど抜かれた、というのであればそれは仕方ありません。

但し、アナタはこの「捨てる」という作戦を、ペアの後衛と事前に相談できていますか?

アレーに来るようなボールは仕方ありませんが、シングルスコートに入るようなボールは後衛がカバーできるはず。

クロスへのボールは前衛、ストレートへのボールは出来るだけ後衛が取る。

この形が、ポーチには欠かせません。

 

■ダブルスでのポーチは、「前衛だけで行う作戦」ではありません

ポーチは前衛の仕事、確かにそうですがそれを引き出すのは後衛の仕事です。

まずはクロスラリーでしっかりと押していくこと。

これが大前提として、重要となります。

相手は押されてくると、早い構えから「貯める」ストロークが打ち辛くなり、コースの変更が難しくなります。

そうなれば、前衛としてはこれを逃さない手はありません。

しっかり仕留めにいけるよう、思い切ったスタートを切りましょう。

 

ダブルスは前衛が面白い!

ポーチが思い切って出来るようになると、自分の中で相手をコントロールできる感覚ができ、ダブルスが楽しくなります。

ストレートを捨てて、思い切ったスタートを切りましょう。

「おいおい、いくら何でも早過ぎるよ・・・」と思われるくらい、一度部活や練習の中で試してみて下さい。

きっと世界が変わります!

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. テニス 試合

    Q&A

    Q&A 「テニススクールに通っていますが、上達しません。なぜでしょうか?」

    今回は社会人の女性の方からのご質問です。毎月1万円前後をかけて…

  2. テニス Q&A

    Q&A

    Q&A「自分はオールラウンダーだと思っていますが、武器がありません・・・。どうやったら試合…

    今日は高校生男性の方から。県内ではシングルスベスト8の実力があ…

  3. テニス 練習

    Q&A

    Q&A「テニス弱小校の僕たちに、練習メニューを考えて欲しい」

    今日は、Twitterで頂いたご質問より。中学、高校での部活は…

  4. テニス リターン

    Q&A

    Q&A「メンタルが強いって、要は開き直るってこと?」

    アンケートにて頂いたご質問ですが、これは私もよく考えさせられるテーマ。…

  5. テニス メンタル

    Q&A

    Q&A 「試合中にダブルスのペアと、どんな会話をすれば良いか分かりません」

    今回頂いた質問は、 「試合中にダブルスのペアと、どんな会話をすれば良い…

  6. テニス メンタル

    Q&A

    Q&A「ファーストサーブがフォルトしたとき、相手が意図的にリターンを強打してくるのは違反で…

    今回は、久々に読者の方から頂いたルールに関する質問について。皆…

特集記事

  1. メンタル

    他人に共感出来ない、それで良い
  2. テニス 客観視

    メンタル

    試合に負けた後のことなど、試合中に考えてはいけない
  3. テニス 練習

    スマッシュ

    打点が後ろになったスマッシュでも攻撃する、為に必要な4つのコツ
  4. テニス ボレー

    ロブ

    強そうな相手ほど、実はロブが効く
  5. テニス 客観視

    その他

    試合があるコートの周囲を確認しておくと、「横からのボールイン」にも冷静に対応出来…
PAGE TOP