テニス 戦術

シングルス

テニスのシングルスの試合で有効な「ドロップショットとロブボレー」の黄金の組み合わせ

テニスのシングルスの試合は、どうしてもストロークラリー主体で一定のリズムになってしまいがち。

攻撃のパターンも、初中級者の方だと限られてしまうかも知れません。

そこで効果的なアクションとしては「ドロップショット」がお勧めですが、その返球からの黄金パターンを一つ。

既に実践している方も多いと思いますが、この作戦、使えます!

 

テニスのシングルスの試合で有効な「ドロップショットとロブボレー」の黄金の組み合わせ

 


 

■プロ選手も皆実践する、シングルスでの基本パターン

ドロップショットは、なかなか単発では決まりにくい。

特に足が速く粘る選手は、そこからカウンターも得意にしていますよね。

せっかく相手を前に出させても、慌ててパッシングを打ってネットはもったいない。

でも普通のロブで後ろに戻しても、またラリーが再開されて振り出しに戻る・・・というのも、切ない話。

そこで有効なショットが、「ロブボレー」という選択。

あまり学生の方は使わないショットかも知れませんが、この機会にぜひ覚えて実践して欲しいショットです。

 

■ドロップショットを打った後のアナタの動きがポイント

ドロップショットを拾う相手に対し、アナタ自身も前に行ってボレーできるポジションに移動しましょう。

相手の返球を、絶対にボレーで返球したいのです。

そうすれば、相手の態勢が整う前にボールを送ることができ、どんどん追い込んでいくことができます。

時間の余裕を与えてはいけません。

ラケット面を上に作って、フォロースルーをしっかり打ちたい方向へ出していく。

大事なポイントは、「低めのロブ」にすること。

高いロブは追いつかれますし、バウンドした後も高い弾道になり、相手に反撃のチャンスを与えることになります。

 

■スライスはかけない、追いつかれて反撃される

ロブボレー、と聞くとボレーなのでスライス回転?と考えがちですが、違います。

当たりはフラットがベスト。

なぜならスライスはスピードが遅いので、これまたドロップを拾った後に追い付かれてしまう可能性が出てくるのです。

フラットのボレーの当たりができるよう、しっかり練習が必要です。

このラケットの当たりは、手のひらでボールを捕えて運ぶのがコツ。

普段の練習から、スライス+フラットのボレー練習をしておくようにしましょう。

 

相手を前におびき出した後の、フラットのロブボレーは必須の技術です。

初中級の方はすぐに実践は難しいかも知れませんが、相手のボレーをロブボレーで返球するイメージは持っておいて損は無いです。

相手のコースを予測することも必要ですし、素早い反応も求められます。

それでもこの作戦、はまるとすごく快感です。

シングルスの攻撃パターンとして、一つアナタも加えてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします

関連記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスのストロークには、リズムの変化が求められる

    シングルスの試合で、そんなにパッと見強くないのに、負けない選手っていま…

  2. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合でも、実際は「クロスコート半面」での勝負が多い

    シングルスの試合、にチャレンジしているみなさん。きっと、ダブル…

  3. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスにおけるサーブ&ボレーヤーは、パッシングが苦手なはず

    滅多に見ないタイプ、かも知れませんが、シングルスでもサーブ&ボレーが得…

  4. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合は「攻撃をしかけるタイミングが大事!」攻め急いでも自滅するだけ

    ジョコビッチ選手、またマレー選手に代表されるように、テニスのシングルス…

  5. テニス 戦術

    シングルス

    シングルスの試合でミスが早い人は、オープンコートを意識し過ぎかも

    シングルスの試合は1対1で戦う分、オープンスペースが広く感じてしまう。…

  6. テニス ストローク

    シングルス

    意図的に浅いボールを打ってネットダッシュ、はシングルスで超絶使える基本パターン

    オムニコートでの試合、先日のインターハイをネットで観戦していたときに、…

特集記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合では特に、「低いボールからは、無理して攻撃しない」ことが…
  2. テニス リターン

    ストローク

    「打つコースがバレないように隠す」ことが、本気で求められている
  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニスの試合で「浅いボールをスマッシュで打ちにいく」のは簡単ではないので注意が必…
  4. その他

    今の状況になって、気付いたこと
  5. ストローク

    ネットより高い位置でボールを触る、その回数を増やそう
PAGE TOP