シングルス

対戦相手は、変化するもの

今回の浅見選手の動画、試合を振り返る感想戦の場面からスタートしています。

対戦相手から意見をもらう中で議論になったのは、「ギアを上げてくる相手に対して、どうするのか?」という点。

みなさんも試合の中で、対戦相手から感じたことはありませんか?

「まるで別人みたいに、急に変わったな…」というような場面、あったはずです。

そう、特にシングルスの試合ではこういう相手にどう対応出来るか?で勝敗が分かれたりします。

だからこそ、大事なのは対策と準備、そして経験です。

YouTube動画はコチラ

強い選手ほど、変化が早い

例えばこの試合、対戦相手の和田コーチがギアを上げてきたのは3ゲーム目。

1-1で両者キープした段階で、もう次にはギアを上げよう!と3ゲーム目に臨んでいたようです。

確かに横から見ていても、明らかにボールの質が違う。

打たれても打ち返す、そんな気迫をあえて相手に見せるようなプレーが目立ちました。

これって、すごく判断が早い…と思いました。

でも、1セットマッチですからのんびりはしていられない。

そこは和田コーチの勘が鋭く働いたんだんと思います。

対する浅見選手は、ギアを上げられると防戦一方に。

何かしらディフェンスでの対策、準備があったとは思いますが、テニスの試合の現場でそれを実践するのは本当に大変。

みなさんは、どうでしょうか…?

ギアチェンジした相手への対策は?

これは、みなさんや選手のプレースタイルによって大きく変わります。

下がってしっかりつなぐ方もいれば、逆に前に出ることで流れを引き戻す方もいる、声を出したり、間を取ったり…大事なのは、自分なりの想定と準備がそこにあるかどうか。

「相手は必ず、変えてくる」と思って試合に入り、リードしても期待しない。

次の変化に備えることが大事です。

この試合に関しては、佐藤プロからも「ボールの軌道を上げて調整すれば良かったのでは?」という話がありました。

深くて軌道の高いボールをしっかり送ることが出来れば、相手もそう簡単には攻めて来れない。

これはディフェンスの基本ですが、ペースを守る、相手のギア上げに対抗する基本戦術のようにも感じました。

と同時に、それだけではダメ。

しっかり引かないで、自分から打って展開していく姿勢を見せることも大事です。

それによって、「全然怯んでないよ!」というメッセージを相手に送ることにもなるでしょうから。

最大の対策は、先に仕掛けること

私が試合を観ていて感じたこと、そして最大の対策になること。

それは、「先に仕掛けること」です。

先手必勝、だからこそ先に仕掛けていく。

この試合で言えば、格下でもある浅見選手から先に仕掛けたかった。

和田コーチが仕掛けてきたのも、言わば浅見選手のプレッシャーが効いたからこそ、なんですよね。

そこで、更に自分から仕掛けていきたかった。

そうすれば、和田コーチがギアを上げたとしてもそれは後手。

どこかで精度が乱れたり、チャンスが生まれてきたはず。

こういう駆け引きが出来る、その想像力が欲しい。

私は改めて、この試合を観てそう感じました。

きっと、それはみなさん自身でも出来るはず。

YouTube動画はコチラ

ペースチェンジ、ギア上げ、そんなことは上手い選手の出来ること?

そうではありません。

今のみなさんの実力、そして今の技術だけで充分に出来る。

要は、やるかやらないか、です。

やっている人は、感覚を掴んで来るから相手のペースアップにも付いていける。

不安や迷いは、あって当然。

だからこそ、やってみる価値があるんです、シングルスでこそ!

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. シングルス

    シングルスの試合、パッシングショットは〇〇で良い

    シングルスの試合でも、前に出て来る選手はいます。ベテランの方…

  2. テニス リターン

    シングルス

    ダウンザラインへのストロークの展開は、相手に「背中を向ける」準備で!

    ストロークでの、ダウンザラインへの展開。シングルスでは、不可欠…

  3. シングルス

    「シングルスの相手が格上過ぎて、手立てが無い…」ときに粘る為に、必要なセンター返球セオリー

    シングルスで格上シード選手と対戦。粘りたいけど、どんどん打ち込…

  4. テニス メンタル
  5. シングルス

    シングルスのネットプレーに必要な、基本ポジショニングの意識

    シングルスの試合でも、ネットプレーが必要なのは分かった・・・けど・・・…

  6. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合は「攻撃をしかけるタイミングが大事!」攻め急いでも自滅するだけ

    ジョコビッチ選手、またマレー選手に代表されるように、テニスのシングルス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス セオリー

    その他

    テニスの試合の現場で、「セオリーにこだわり過ぎる人」は、セオリーに甘えて負けてい…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    気持ちで負けないって、難しい
  3. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「自分ばかり狙われて辛い」人はどうすれば良い?
  4. テニス ストローク

    ボレー

    ドライブボレーの基本は、「ネットの2メートル上を狙って」思い切りアウトする気持ち…
  5. 戦術

    テニスの試合の中で、「自分のチャンスでは、相手を走らせる」ことに意識を集中させよ…
PAGE TOP