シングルス

対戦相手は、変化するもの

今回の浅見選手の動画、試合を振り返る感想戦の場面からスタートしています。

対戦相手から意見をもらう中で議論になったのは、「ギアを上げてくる相手に対して、どうするのか?」という点。

みなさんも試合の中で、対戦相手から感じたことはありませんか?

「まるで別人みたいに、急に変わったな…」というような場面、あったはずです。

そう、特にシングルスの試合ではこういう相手にどう対応出来るか?で勝敗が分かれたりします。

だからこそ、大事なのは対策と準備、そして経験です。

YouTube動画はコチラ

強い選手ほど、変化が早い

例えばこの試合、対戦相手の和田コーチがギアを上げてきたのは3ゲーム目。

1-1で両者キープした段階で、もう次にはギアを上げよう!と3ゲーム目に臨んでいたようです。

確かに横から見ていても、明らかにボールの質が違う。

打たれても打ち返す、そんな気迫をあえて相手に見せるようなプレーが目立ちました。

これって、すごく判断が早い…と思いました。

でも、1セットマッチですからのんびりはしていられない。

そこは和田コーチの勘が鋭く働いたんだんと思います。

対する浅見選手は、ギアを上げられると防戦一方に。

何かしらディフェンスでの対策、準備があったとは思いますが、テニスの試合の現場でそれを実践するのは本当に大変。

みなさんは、どうでしょうか…?

ギアチェンジした相手への対策は?

これは、みなさんや選手のプレースタイルによって大きく変わります。

下がってしっかりつなぐ方もいれば、逆に前に出ることで流れを引き戻す方もいる、声を出したり、間を取ったり…大事なのは、自分なりの想定と準備がそこにあるかどうか。

「相手は必ず、変えてくる」と思って試合に入り、リードしても期待しない。

次の変化に備えることが大事です。

この試合に関しては、佐藤プロからも「ボールの軌道を上げて調整すれば良かったのでは?」という話がありました。

深くて軌道の高いボールをしっかり送ることが出来れば、相手もそう簡単には攻めて来れない。

これはディフェンスの基本ですが、ペースを守る、相手のギア上げに対抗する基本戦術のようにも感じました。

と同時に、それだけではダメ。

しっかり引かないで、自分から打って展開していく姿勢を見せることも大事です。

それによって、「全然怯んでないよ!」というメッセージを相手に送ることにもなるでしょうから。

最大の対策は、先に仕掛けること

私が試合を観ていて感じたこと、そして最大の対策になること。

それは、「先に仕掛けること」です。

先手必勝、だからこそ先に仕掛けていく。

この試合で言えば、格下でもある浅見選手から先に仕掛けたかった。

和田コーチが仕掛けてきたのも、言わば浅見選手のプレッシャーが効いたからこそ、なんですよね。

そこで、更に自分から仕掛けていきたかった。

そうすれば、和田コーチがギアを上げたとしてもそれは後手。

どこかで精度が乱れたり、チャンスが生まれてきたはず。

こういう駆け引きが出来る、その想像力が欲しい。

私は改めて、この試合を観てそう感じました。

きっと、それはみなさん自身でも出来るはず。

YouTube動画はコチラ

ペースチェンジ、ギア上げ、そんなことは上手い選手の出来ること?

そうではありません。

今のみなさんの実力、そして今の技術だけで充分に出来る。

要は、やるかやらないか、です。

やっている人は、感覚を掴んで来るから相手のペースアップにも付いていける。

不安や迷いは、あって当然。

だからこそ、やってみる価値があるんです、シングルスでこそ!

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  4. ご質問頂いた件につきまして
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. シングルス

    シングルスの試合ではまず、「70点のショットを3連続」を意識しよう

    シングルスの試合で、最初の入り方。サーブからでもリターンからで…

  2. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合では、「ナイスサーブ!」こそ、浅いリターンをケアしておかないとダメ

    シングルスの試合、最高に良いサーブがコーナーを突いて入る。でも…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    「バウンド後に外に逃げていくストローク」を打っていこう

    シングルスの試合で、求められるストローク。それは、外に逃げてい…

  4. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合では特に、「低いボールからは、無理して攻撃しない」ことが大事です

    シングルスの試合では、ストローク戦が多い。サーブ&ボレーヤーも…

  5. テニス 試合

    シングルス

    「冬場の戦いは、シコラーに不利」という現実

    冬場のテニスの試合。皆さんはどこに、注意して試合を進めています…

  6. シングルス

    「シングルスの試合で、体力が切れても粘り勝ちしたい!」ために必要な考え方4つ

    普段の練習では疲れないのに、試合になると途端に疲れが出て後半は痙攣して…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. メンタル

    捨てて攻める、ことがテニスの本質
  2. テニス メンタル

    その他

    自分にとって「慣れて得意になった」と思っている技術ほど、実は改良の余地があるのが…
  3. テニス リターン

    リターン

    厳しいコースを突いたサーブが得意な相手には、「踏み込んでスライスのブロックリター…
  4. テニス知識

    テニスのガットに、求めるモノについて
  5. テニス ストローク

    ストローク

    硬式テニスで「ストロークをクロス方向にしっかり打つ」なら、ボールの外側を捕らえよ…
PAGE TOP