テニス 練習

メンタル

「大事な試合に一度勝っただけで、すぐ満足してしまう人」と「勝ち続けられる人」の違いとは何なのか?

高い目標を持つことは、テニス選手にとって大事なこと。

ですが眼の前の試合の一つ一つに勝っていくことでしか、その目標には到達できない、厳しい世界です。

アナタは、今どんな目標がありますが?

テニスを通じて成し遂げたいこと。

インターハイ出場?県でベスト8?市民大会でAクラス入り・・・。

こういった目標に向かって歩みを止めない姿勢を持ち続けるうえで、大事なことは何でしょうか?

「大事な試合に一度勝っただけで、すぐ満足してしまう人」と「勝ち続けられる人」の違いとは何なのか?

 


 

■大事な試合は、テニスのトーナメントではたくさんある

「この試合は大事」と、アナタ自身が感じることはものすごく大事なこと。

目標に向かって試合を勝っていくうえでは、必ず乗り越えなければならない壁が何試合かあります。

まず問われるのが、準備力。

ドローが出ていて、対戦相手が想定できていれば、出来る限りの情報を集めて試合をシミュレーションしてみましょう。

「こうなるだろう」ではなく、「こうなるかも知れない」と、ここはネガティブな要素にもしっかり目を向ける。

準備こそ、勝利の母です。

 

■勝利は満足ではなく自信に変えて、次へ

試合に勝って、その余韻に浸っている選手は多い。

目標という言葉、その目指す場所のことは頭から離れて、もう満足したかのようになってしまう。

こういう選手は、「大事な試合に勝つ」ということへの準備と想定も足りない。

だから一つのステップだけで浮かれて、自分を見失いがち。

次の試合がどうなるか・・・は、もうお分かりですね。

 

■でもこれは、誰もが経験することかも知れない

偉そうに書いていますが、私もこういった経験を何度もしてきました。

山を越えたと勝手に勘違いして、その次の試合の相手をナメてかかる。

結果的に負けてしまって、目標としていたところには届かずに不完全燃焼。

あの勝利、何だったんだ・・・と悩んで悩んで、やっぱり準備の大切さに気付く。

これは私がここで書くよりも、皆さんで一度経験してみるしかないのかも知れません。

 

テニスノートに、今年成し遂げたいことを書いてみる。

そしてそこに、必要な要素、乗り越える壁、想定されるすべてを洗い出して書いてみましょう。

「初心者だし、目標なんて、無いんだけど・・・」という方の目標は、「半年以内に、試合に出れるようになる!」とかでも大丈夫。

書いてみて、準備する。

テニスではこれが一番大事です。

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. テニス 指導

    メンタル

    なぜ、アナタには執着心が身に付かないのか?について、そろそろ考える時です

    2年前、ある高校生の試合を観ていました。それは団体戦で、とある…

  2. テニス 陸上

    メンタル

    「テニスは上手いのに試合で勝てない人」の共通点5つ

    部活の練習だといつも良いボールを打っているのに、試合になると急にフォー…

  3. メンタル

    試合でミスを続けない人は、何を考えているのか?

    試合で強い人は、ミスを続けない。切り替えが上手い、ように見えま…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    過去最悪に恥ずかしかった試合、思い出してテニスノートに書き出してみよう

    テニスノート、普段は書いているけどなかなか見返す機会が無い。そ…

  5. メンタル

    「頑張れ!100球ラリー!」テニスの試合で勝つには、ただ繋げるだけでは意味が無い

    先日、とある高校の部活の練習の中で「100球ラリーを続けよう」という練…

  6. テニス ボレー

    メンタル

    緊迫した試合終盤に、参加できるかどうか?が肝になる

    試合の終盤、私は選手は2つに分かれると思います。1つは、積極果…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ルール

    練習メニュー

    1日5分間で良いから、「テニスについて真っさらな頭で考える」時間を作ろう
  2. テニス シングルス

    戦術

    大事なテニスの試合の中で、「やって良いミス、悪いミス」を分けて考えよう
  3. テニス メンタル

    ストローク

    ダブルスで後衛としての展開力を鍛えたいなら、相手の後衛をどんどん走らせよう
  4. ストローク

    初中級の壁を越えるなら、ストロークを振り切ること
  5. テニス 練習

    メンタル

    テニスの試合で、「ミスが少ない人は何が違うのか?」を失点の種類で考えてみる
PAGE TOP